釣りと戯言とそして・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 超攻撃的公魚釣り?馬鹿もやすみやすみという方法。真似しないと思うけど釣れなくても責任持ちません3

<<   作成日時 : 2013/02/09 08:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

こんにちは。

いやー、一昨日から今朝にかけてかなり降ったね、雪。
今シーズンは本当に多い。

札幌の降雪量というのは毎年だいたい同じくらいということになっていたんだけど、今シーズンに限ってはそうはいかない感じだ。もともと「暖冬」とか言っていたけど、そんなことないしな。

あと1ヵ月・・・と思いたいところだが、どうなることやら、だね。


さて、この題名で書いて三回目。


オレがワカサギ釣りの撒餌として用意したのは、まず粉エサ。
ごくごく普通に「臭いと濁りで寄せる」という考え方のものだ。

濁り・・・についてはかつてから使っている常套手段、煎りヌカを用意してみた。
ヌカを買ってきて、中華なべなんかで煎る。そうして香ばしい臭いが出てきたら火を止める。
ヌカはきめが細やかで拡散するため、濁りを出すにはすごくいいと思っている。

これにブレンドしたのは「サナギ粉」。
これまたごくごく一般的な撒餌だ。
蚕の糸を取った後のサナギを干して粉末にしたもの。釣具屋で安価で手に入る。

普通はこれにさらに市販の粉末エサなんかを加えてみるのだが、この時は入れなかった。
入れても大丈夫だろうな・・・とは思ってはいたが、集魚剤のほとんどには「魚粉系」が入っている。
小魚を養殖するにも魚粉を用いることが多いから大丈夫なんだろうが、フィッシュイーターでもないワカサギにこれを混ぜて果たして良いものか・・・と思ったのである。

そもそも・・・この粉エサをあまり撒いていいものか、とも思ったのである。

行こうとしているリベンジの地、宮沢湖にはヘラブナが放流されている。

冬の釣りモノがワカサギならば、他のシーズンの釣りモノはヘラブナである。
結氷するような湖ではないため、寒ベラを狙う人も少なくない。

もし・・・粉エサを大量投下したら・・・このヘラブナが寄るという危惧があった。

ヘラブナは草食に近いため、ワカサギを捕食するということは考えにくい。
しかし、ワカサギから較べると「大型魚」にあたるヘラブナが寄っては、ワカサギが逃げてしまうのではないかと考えたのである。

やはり・・・基本はボートを動かして・・・寄り場を探すという作業が必要になるだろう。



さて、問題は前回書いた・・・食物連鎖上・・・ワカサギより下位にあたるものをどうするのか、である。

食物連鎖上、もっと上位にいるものであれば、その下位にいるものを「寄せる」という手はある。

しかし、ワカサギの下位のものを寄せる・・・ということはちょっと考えにくい。

下位のものを直接打ち込むしかないのである。


では、それには何がいいのか・・・。

当然、エサとすることもある「赤虫」でも良かったのであるが、これは費用対効果上、やや厳しい。

もう少し安価でできるものはないか・・・と思って、一つ思いついたのは「イトメ」であった。

そう、熱帯魚屋などでエサとして売っている「イトミミズ」である。

間違いなくワカサギの下位にいるし、観賞魚にやると狂ったように食べる。


あとはこれをワカサギのいるタナまでいかに運ぶかということである。

ワカサギは活性が高まるとすごく浅いタナまで上がってくることがあるらしいが、そんなときには恐らく撒餌なんてものはいらないんだろうね。

通常は3mとか5m・・・深ければ7〜8mなんてタナになることもあるかもしれない。

これを上からイトミミズを撒いていたのでは・・・あまりにゆーっくり沈下して、ワカサギの足が速ければ、いなくなった頃にイトミミズがタナに到達する可能性が高い。これじゃ・・・撒餌にはならない。

タナを直撃することは望まないが、理想はタナの1mくらい上からゆーっくりと沈めてやることをしてやりたい。


そこで使ったのがコマセ・ネットである。サビキをやるときにアミコマセを入れる・・・あのネットだ。

しかし、イトミミズを入れるには何とも目が粗い。

イトミミズは塊になる習性があるから、タナまで下ろして、そこで振ってやれば大丈夫なような気がしないでもなかったが、ちょっと不安であったため、コマセネットの上下3分の1にストッキングを切ったものを貼ってみた。そして上は輪ゴムで縛るようにした。

これをタナ上で振れば・・・おそらくイトミミズはやや拡散して落ちてくれるのではないか・・・と思った。


ただ、オレの中でこれだけではちょっと物足りなかったのである。

イトミミズのあのトロトロとした動きだけでなく・・・もっと激しく動く下位のものはないのか・・・そう、ハネ(フッコ)釣りにおける淡水エビのような・・・。

思いつくものはあったが・・・入手困難・・・。


しかし、イトミミズを買いに熱帯魚屋に行った時・・・見つけてしまったのである。

オレの考える「理想のそれ」を・・・。


「まだ、何かしようってぇのか・・・」と思われた方、「ブログ村」ボタン↓クリックお願いいたします。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ ヘチ釣りへ
にほんブログ村
1日1回ボタンをクリック頂けると私のランキングがアップします。宜しくお願いいたします。











ASPアクセス解析

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク集

超攻撃的公魚釣り?馬鹿もやすみやすみという方法。真似しないと思うけど釣れなくても責任持ちません3 釣りと戯言とそして・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる