釣りと戯言とそして・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 超攻撃的公魚釣り?馬鹿もやすみやすみという方法。真似しないと思うけど釣れなくても責任持ちません2

<<   作成日時 : 2013/02/06 06:56   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

こんにちは。

勢いでワカサギ釣りにいくことになったのだが・・・どうしても失敗はしたくない。

オレの考えた末は「撒餌」であった。

ワカサギの足を止めるということかな。



ワカサギ釣り自体のオレのイメージが氷上に穴を空けて・・・ワカサギがやってくるのを待って・・・群れがやってきたらバタバタっと釣れる・・・みたいなものなのだが、今回はボート釣り。

無闇やたらに動いてはいけないのであろうが、一定の山立てをしたうえでワカサギのいる場所、そう一匹釣れる場所を探す・・・あまり単独でいる魚ではない・・・つまり群れているのであろうからそこで集魚を行い、足を止めるというのが作戦なのである。



問題は足を止めるということなのである。

無論、それには「撒餌」が必要なのである。その「撒餌」を何にしたら良いか・・・なのである。



これはこのブログに何度も書いていることであるが、「撒餌」の効果というのはいくつかある。

一般的には魚を集めるってことだ。「集魚剤」というだろ?



オレも釣りを始めて30年余り、「撒餌」というのは「集魚」と同義と思っていた。

いや、それでいいんだぜ・・・世間一般それは間違いないんだから。


アミコマセを撒いて、カタクチイワシを寄せる。間違いではない。

オレも煎り糠と生サナギをブレンドした撒餌でヤマベ(オイカワ)を寄せていた時期が長かったから、撒餌とは集魚ということになっていた。もう一度言うがそれは世間一般間違いではない。


ただ、オレはその間に関西で「生きたエビを撒く」という『エビ撒き釣り』を経験した。

オレからするとスズキって魚は「集魚」できるなんて微塵も思わなかった。

しかし、関西人は普通にスズキを集魚して釣ってきたのである。いにしえから。


これは衝撃的であった。オレの印象からすると「撒餌」ってのは「臭い」があって初めて成り立つもの、つまりはその臭いで魚を寄せるという固定概念に縛り付けられていたのである。


でも、よくよく考えて見れば・・・だぞ、人間も「ウナギの蒲焼の臭いに誘われて」・・・そりゃ、あるさ。

でもな、それは土用のうしの日近辺だからそんな雰囲気になるんであって、実は食欲をそそられるのは、視覚なんじゃないかと。

そう思い始めたんだよね。


そしてカレイに撒餌を使うに到っては・・・エサを撒いたところでカレイが寄ってくるなんてことは、正直言えば当初は抱いていたけど・・・まず、そんなことはない。効果はきっと別な部分にある。

意外にも「撒餌」を使うことで、「結果」が現れていたからな。


ただ、カレイに対するそれは・・・今までの「撒餌」とまさしく違っていた。

カレイは撒餌に集まってはこないんじゃないか。

カレイの腹から「撒餌」は出て来なかったからな・・・でも「釣れる」という「結果」だけはついてきた。



そこでのオレなりの仮定は「周囲の活性」。

これが究極の「撒餌」の意味合い。そう思い始めたんだよね。


撒餌を打つと環虫類や甲殻類が動く。

そして、そいつらは大きな魚のエサさ・・・。



ごくごく自然な生態系の活性を演出すれば・・・魚は釣れる。


そう思っちまったんだんだよね。



そんなことを考えていた時期だったものだから・・・。

「視覚」そして「活性」・・・もうひとつ言えば「食物連鎖の下位」・・・。

オレの中に「ワカサギ釣りの撒餌」としてある二つのものが浮かぶ。


無論、それら以外に粉末エサも持っていったのだが・・・。


「妄想膨らませ過ぎ!」と思われた方、「ブログ村」ボタン↓クリックお願いいたします。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ ヘチ釣りへ
にほんブログ村
1日1回ボタンをクリック頂けると私のランキングがアップします。宜しくお願いいたします。




ASPアクセス解析

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク集

超攻撃的公魚釣り?馬鹿もやすみやすみという方法。真似しないと思うけど釣れなくても責任持ちません2 釣りと戯言とそして・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる