釣りと戯言とそして・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 超攻撃的公魚釣り?バカもやすみやすみという方法。真似はしないと思うけど釣れなくても責任持ちません1。

<<   作成日時 : 2013/02/05 00:30   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

こんにちは。

先日再開したブログで、オレの師匠が夢枕に立ったことを書いた。

「ワカサギたくさん釣りたい」っていうんだよな、師匠が。


オレはこのワカサギって魚・・・公魚なんて、何となく品のある名前がついているからかもしれないが、品の無いオレはいい思いをしたことがほとんどない。


まず、ガキの頃・・・練馬に住んでいたこともあって・・・ワカサギを釣るには埼玉の飯能の奥の宮沢湖というところであった。

無論、放流モノのワカサギだった。


オヤジに連れて行ってもらい、ワカサギをボートから狙うのであるが・・・当時、釣り番組とか釣り新聞で見るワカサギの釣果は「三桁」なのに対して、二人で頑張って頑張って・・・1日「三匹」なんてのが関の山であった。

1日ボートを借りて、入漁券払って・・・二人で三匹。


「食べる」ために「釣る」わけではないが、「割算」をするとたいそう高い魚となるわけである。


オヤジはそうした「割算」をする人ではなかった・・・魚でそうなんだからきっと「女」も・・・のだが、当時そうした費用は全額出してもらっている身・・・当然オレは気が引けた。

同じ時期に同じ料金を払うならば、「豊島園プールを利用したニジマス釣堀」に行った方が“ワリに合う”と・・・当時オヤジから『守銭奴』のあだ名を頂いていた?オレからするとかなり精神上宜しかったのである。

だからオヤジから「ワカサギ行こうぜ」なんてサジェスチョンがあっても・・・「うーん、午後勉強したいから豊島園のニジマス半日釣りがいいなぁ、雑魚釣りでもいいけど。」(by小学校高学年)てなわけである。



しかし、その一方でこのワカサギ・・・かどうかは最終的にはわかってはいないのだが、あらぬところで爆釣する。

この宮沢湖は入間川(名栗川)から取水している。

小瀬戸の堰というところが取水口である。


春先・・・と言っても釣れたウグイが婚姻色だったから、ゴールデンウィークくらいかな・・・この小瀬戸の堰の下を川虫をエサに流すとワカサギそっくりの魚が釣れた。しかも基本入れ食いなのである。

これが果たしてワカサギだったのか鮎の稚魚(ヒウオ)だったのかは、今となっては定かではない。

どちらも同じ「キュウリウオ科」だからな。

ただ、それを持ち帰って天ぷらや唐揚げ、釜揚げなんかにすると「ワカサギっぽい」感じがした。

この「ワカサギっぽい」との感想は無論、オフクロが魚屋から買って来たものを食べた食感・味に酷似していたというものに他ならない。なぜなら、釣りでは料理ができるほどの釣果を挙げたことがないからである。

もし、ワカサギだとしたら・・・この取水口までのかなりの距離を遡上したってことなのか?

そんな力があるのか?・・・もしそうなら・・・途中の水路はワカサギだらけか?なんてことは今北海道にいる以上、いや、もし当時と同じ環境に置かれ様とも「迷宮入り」なわけである。



だいぶ話が逸れた。



オレも大人になって・・・成人して・・・10年以上経ったあるとき、オヤジと酒を飲んでいて「ジュクチたる思い」を語った。

「結局、ワカサギってのはオレらにとって幻の魚なのか?」

オレからする、と下手すれば「アカメ」とか「イトウ」とかそんなレベルなわけである。

あんなちっぽけな・・・しかも「ドシロウト」がポッと行って「300釣れましたー」みたいな魚がだぞ。

オレにとっては「釣った記憶が数回しかない」・・・小瀬戸のヤツは未確認生物、UMAだからな・・・そんな思いをオヤジにぶちまけた。


オヤジはと言うとその後、誰といったかは知らないが、諏訪湖でワカサギをしこたま釣ってきて、「溜飲さがった」くらいのことを言っているのを覚えている。きっと下がったのは他のものもあったのだろう、と幼少の砌のオレがわかるくらい「マイロッド」も使用したことが推察される。当時でもそんな認識を明らかにできていた。

それはそれとして「ま、いいでしょ」ということに当時もなっていたはずなので、世間ではどうか知らないが、我が家では良いハズなのであり、現在も笑い話にはできないものの「オッケー」なはずなのである。そんな話にボケ老人が言い始めるとオフクロを見ることはできないけどな・・・。

そう、それから20年近く経ってクダをまいたオレに優しい言葉をかけたのがオヤジだった。

「そーんなに未練あるなら、行ってみるか?」

「やはり、納得がいかねぇな。」

と、ノリで行く事になったのである。


ただ、オヤジは「あの宮沢湖に行くぞ」と。そして「釣れる方法考えろよ」とも。

確か正月の会話だったと思う。


で・・・オレは・・・熟考する。


「考えても・・・また、バカなことしか出てこないんだろ?」
と思われた方、「ブログ村」ボタン↓クリックお願いいたします。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ ヘチ釣りへ
にほんブログ村
1日1回ボタンをクリック頂けると私のランキングがアップします。宜しくお願いいたします。







ASPアクセス解析

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
オークリー サングラス
超攻撃的公魚釣り?バカもやすみやすみという方法。真似はしないと思うけど釣れなくても責任持ちません1。 釣りと戯言とそして・・・/ウェブリブログ ...続きを見る
オークリー サングラス
2013/07/03 20:59

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク集

超攻撃的公魚釣り?バカもやすみやすみという方法。真似はしないと思うけど釣れなくても責任持ちません1。 釣りと戯言とそして・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる