釣りと戯言とそして・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 奉仕心。ボランティア精神。オレには「無い」のかもしれない。どこかで対価を求めているのかもしれないんだ

<<   作成日時 : 2011/03/28 07:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

こんにちは。

よく企業がボランティア活動というのをする。オレが入社した頃はそうでもなかったが、最近は顕著だ。
一つの企業イメージのアップのための策とも言える。世間様に対しての宣伝効果、かな。

あまり公言してはならないことかもしれないけれど、オレはこの企業のボランティア活動というものにやや疑問を持っている。無論、中には意味のあるものもないわけではない。それはメディアなどで知って「確かに素晴らしい活動」っていうのもある。しかし、そのほとんどがボランティアは「後づけ」的なものでやはりイメージアップの“戦術”でしかないように思える、のである。

オレが参加したボランティアの例を言えば「●●山の植林」「●●川のゴミ拾い」「●●湖のアワダチソウ駆除」なんかであるが、植林はもう一度業者さんが植えなおすらしいし、ゴミ拾いだって“ケガのないように〜”と一部しか拾わない。アワダチソウ駆除だって湖の事務所の周りを1時間ほど取っただけだ。焼け石に水。そう、すべてが“中途半端”なわけである。

正直なところそんなことをすることくらいなら、どんどん稼いできちんと多くの法人税を納付した方がよほど企業の活動としては世間様の役に立つような気がするのである。



企業がこうした「ボランティア活動」をする一つとして社員各位に「ボランティア精神」を植え付けようとしているのかもしれないけれど、それもどうやら上手くいっているとは言えない。オレから言わせるとそうした「茶番」に参加した時は、横で「上司」が陣頭指揮を取っているから「目に見えて」頑張っている姿を見せるために一生懸命やっているのであるが、それが日常生活にまで反映しているかと言えば、決してそうではない・・・という残念な結果に終わっていることがほとんどなんだと思う。

それは一般的な企業活動の中でも言えると思う。サラリーマンが日ごろ働いていて・・・会社はセクションのために何かをするように社員に働きかけて、役割を与えるけれども、それ以上のことをやろうとするヤツなんてあんまり見たことがない。

自らがロクを食んでいる世界であってもそうなんだから、「日常生活」でそれをしようなんてことはまず難しいんだろうな。

オレはリアルな世界では「真性ドM」を公言して憚らない。そして「面倒くさいだろうな」と思うような仕事を進んでやろうと思っている。それが誰がやってもいいことと判断すれば、それを率先してやろうとしている。

しかし、そんなオレも、どこかで「対価」を求めているんだなぁ、と思う。



今は年度末。営業というセクションにいて「予算達成」するものもあればしないものもある。そして達成したものに関しては「やったぞ」メールなんぞが飛ぶ。

オレが担当しているセクションである予算項目が達成した。オレの仕事とは全然関係ないものであるが、なかなか達成しえない項目であるために・・・他人事ながらうれしく感じた。そしてそれは「他人事」じゃないから、更にうれしく感じたのである。

ちょうど一年前、オレはその予算項目を達成させるために約三日間をかけて「トレースリスト」と「フロー」を作っていた。オレの仕事ではないが、オレの経験上「こんなことをしておけばいいんだよな。だけど面倒くさいから誰もやらない。だからオレがやるか。」と思ったことで、無論誰から頼まれたわけでもなく、粛々とモノごとを進め、資料を提供した。

そしてそのリストを元に「予算達成」をした。無論、リストなんかあってもフローなんかあっても日頃の活動がなければ達成はしない。だから真っ先に「おめでとう」って返信メールをした。しかし、そこには自分たちが「やったぞ」のメールではあっても、何らオレへの“感謝”なんてものはなかった。

これは一例であって日頃からそんなことは多いからすでに「慣れっこ」になっている部分があり、「あきらめ」も持っている。しかし、ダメなんだよなぁ、その度に「ありがとう」って“対価”を求めてしまう。それがない・・・と「もう余計なことはしまい」なんて思ってしまうんだよな。ダメだよな。真性ドMなんだから、「言われない」ことに快感を覚えるくらいじゃないといけないよな。



オレに関わる予算達成項目については今日、2年連続で全項目が「超過達成」しようとしている。出向して2年、経験も知識もないオレを支えてくれたのは担当セクションの「仲間」だと思っている。

オレが嫌な思いをしているからこそ・・・そこは「ありがとう」と言おうと思う。「言葉で言うだけじゃ・・・」なんて思う人は多いかもしれない。でも「やる側」からしたらそれは一番の「対価」なんだと思う。だから、オレは言おうと思う。



今、世間は自粛ムードの中・・・宣伝も少なく・・・ACのコマーシャルが数多く流されている。「ポポポポーン」っていうのはテレビをほとんど見ないオレの耳にもついている。あの歌、矢野顕子かと思ったら野々歩って人らしいね。

あんなほのぼのとしている声でも「耳障り」ってくらい流れているけど・・・コマーシャルの内容は本当はすごく大切なことなんだと思う。

「あいさつ」「感謝」・・・それが基本だと思う。当たり前のことなんだが、それさえもできていない部分ってある。


ボランティア精神の醸成は・・・まず自分がなぜこうしていられるかを考え、いかに恵まれているかを感謝することから始まるんじゃないかな・・・と、うっすら思っている。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ ヘチ釣りへ
にほんブログ村
1日1回ボタンをクリック頂けると私のランキングがアップします。宜しくお願いいたします。


ASPアクセス解析

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク集

奉仕心。ボランティア精神。オレには「無い」のかもしれない。どこかで対価を求めているのかもしれないんだ 釣りと戯言とそして・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる