釣りと戯言とそして・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS エッチな話をしよう、エッチな想像をしよう。エッチになれば元気になれる。1、2、3、ダァーっ。三大欲求

<<   作成日時 : 2011/02/06 10:56   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

こんにちは。


いや、こーいう話をするのは「こんばんは」って時間なのかな。


ある友人が言うには「成人男性は一日平均15回はエッチな想像をするという話だ」ということなのである。

おいおい・・・平均15回って・・・多すぎやしないか・・・そんなにスケベなヤツが多いのか?オレも相当スケベなのだが、世の男性というものはオレ以上なのか?なんて思ったよね。

そして、この一ヶ月あまり・・・オレはエッチな想像をしたときに「正の字」を書いてみた。最初は意識しているから統計上は×なんだと思う。しかし、慣れた今となってはまさしく「習慣」となっているために自然体で「正」を作れる。その結果オレは「日に23回エッチなことを考えている」ということになった。いやはや、世の男性より「スケベ」ということが立証された瞬間なのであった。

最近ブログにも書いたが、若いやつの3人に1人が「セックスに興味がない」という。そういう世代の一部も分母に入っての「平均15回」だから、現代社会に於いてオレは「かなりスケベ」ということになる。

ただ・・・それはなぁ、人間の本源とも言うべきか・・・毎日欠かさず、何らかの形でオレの前に現れたりするのである。それに現代社会においてはそう思わざるをえない現象が多々あったりするわけである。

ネット一つとってみてもいとも簡単にエッチなことを想起させるようなことが書いてある。新聞を見ても、雑誌を見ても・・・車内の中吊り広告を見ても・・・そういうことを想像できる環境にあるということなのだ。

エッチなことを想像したり話したりするのは悪いことなのか・・・奥ゆかしい、とされる日本人の中ではきっと「悪」と考えられがちであるが、そうでもない部分もあるようだ。

その友人がもう一つ言っていたのは「エッチなことを考えると明るくなれる。」というのだ。当たり前のことであるが、改めて言われると納得する。確かにその通りなのである。



マスローの欲求階層説のうち生理的欲求を「人間の三大欲求」と言うらしい。食欲・睡眠欲・性欲がそれであるらしい。

他の二つについてはそれがある程度満たされないと「死んでしまう」が性欲については満たされなかったとしても死ぬことはない。

だから、他の二つよりも少し種類を別にするような気がする。変な言い方ではあるが、「生理的欲求」の中でもちょっと上位にあるような気がするのである。

人間ではないのだが・・・エスキモー犬の話がテレビでやっといた時のこと。エスキモー犬は夜寝て、人とともに狩りに出て、帰って来てから獲って来たアザラシの一部をもらい腹が満たされるとセックスをして・・・また寝る。

「腹が満たされて」から「セックスする」ところを見ると順序としてはやはり食欲の方が勝るのではないかな、なんて思うのである。

しかし、犬でも「する」ってところはまさに生理的欲求なのだろう。



「生死に関わらない」と言ったのはその個体自体だけで性欲が満たされない、いや果たされないと次世代というものができあがらないから「生理的欲求」として「性欲」がないといけないんだろうな。



それはオレ自身、身を持ってそのあたりを経験している。
かつて“鬱”という病に侵されていたときには「性欲」なんてことは覚えもしなかった。

実際にその「診断」をされる3ヵ月くらい前からそんな感じだった。「女の子」のいるような店にさえ飲みに行きたいなんて要求はなくなったのである。そりゃそうかもしれないな、人と接したくもないのであるから。当然「性欲」なんて沸かない。

その後「診断」→「休職」ということになるんだが・・・とにかく“鬱”っていうのは「寝なさい」と言われる。眠剤を飲んで強制的に寝かしちまうこともあるのだが、とにかく長い睡眠時間を取る。そしてぼーっとしていることを要するのである。

当然?メシは食らう。食欲はあるのだ。ほとんど寝ていて、ボーっとして・・・メシを食らえば当然太る。もともとデブだったが、98kgまで行ったのは・・・この頃だった。

しかし・・・エッチなことなんか考えやしなかった。しばらくの間・・・。
いつのことかなぁ、「エッチなサイトでも覗いてみるか」なんて思ったのは・・・たぶんそこからの社会復帰は早かったんだと思う。



そう考えると若い男の3分の1が「エッチなことを考えない」なんて言うのはやはり“問題”なんだと思う。

先に書いた「マスローの欲求階層説」というのを正しいものと仮定するならば「生理的欲求」→「安全に対する欲求」→「社会的欲求」→「自我欲求」→「自己実現欲求」と上位の欲求に繋がるらしい。

「性欲自体がない」というのはもうすでに「欲求が満たされている」という考え方もあるかもしれない。だから上位の欲求には行ける・・・のかもしれない。

しかし、自らの若い時のことを思えば・・・「性欲」を基点として、その上位階層の欲求に向かっていたことがあまりにも多いのである。

「勉強をして大学に入りたいのはおネェちゃんにモテたいから。」
「高い服を買うのはおネェちゃんにモテたいから。」
「サークルに入ってみようとしたのはおネェちゃんにモテたいから。」
「バンドをやろうと思ったのはおネェちゃんにモテたいから。」
「東証一部上場企業に就職しようとしたのはおネェちゃんにモテたいから。」

あえて「モテたい」と書いてみたが、要は「やりたい」と思っていたのである。
もし・・・オレが黙っていてもモテるような男であれば今よりももっともっと堕落した人間となっていたに違いないのである。

オレが異常なのか?
みんなカッコつけて言わないだけで、健全たる「男子」ならば当たり前なんじゃないかと思うが違うかな?


「性欲」を持たない男子が多いからこそ・・・引きこもったり、ニートになっちゃったり・・・そんな風なことになってしまうんじゃ・・・なんて思うのさ。

ただなぁ・・・「もともと無い」ってものを呼び起こすにはどうしたら良いんだろうな。

いかに社会問題となろうとも「性欲奨励金」なんて言う助成金出して「風俗店に行かせる」わけにもいかないしな。
そんなもの作ったら「悪用」するヤツが多発するに決まっている。オレなんか真っ先に考えそうだ・・・いや助成金をもらう方じゃないぜ・・・それに基づいたビジネス考えそうでたまらない。


この性欲は持っていてもなかなかそれ自体が「自己実現」できないってところがいいんじゃないかな、なんて思うのさ(笑)。ほぼ妄想だけで終わるってところがね。だから飽きもせず、また「エッチなこと」考えるんだと思う。


今朝もまた「エッチなこと」を考えた。
だから・・・今日のオレも極めて「元気」なんだと思う。

「午前中からなんて話しているんだ!」と思われた方、「ブログ村」ボタン↓クリックお願いいたします。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ ヘチ釣りへ
にほんブログ村
1日1回ボタンをクリック頂けると私のランキングがアップします。宜しくお願いいたします。







ASPアクセス解析

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク集

エッチな話をしよう、エッチな想像をしよう。エッチになれば元気になれる。1、2、3、ダァーっ。三大欲求 釣りと戯言とそして・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる