釣りと戯言とそして・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS しばらく釣りに行ってなかったので、また行ってしまいました。室内釣堀。息子と二人。ここでもコツがある。

<<   作成日時 : 2011/01/16 23:45   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

こんにちは。

ここんとこ・・・札幌でも凄く雪が降って・・・真冬日が続いて・・・「キ印」入っているオレでも海に出ることができていない。

こういう地域に住んでしまったが・・・もともと自然に反するかのごとくのことができないために・・・雪で埋もれている海岸に出ることすらできないでいる。

実は仕事中に石狩の港に行ってみたんだが・・・「こりゃ・・・ちょっと無理っしょ」ってくらい雪があって・・・小樽も同じような感じかな・・・と思うとどーしても海に出ることができない。軟弱者だからな。

ただ「キ印」は抑えることができやしない。だから釣りには行きたい。

この時期にストレスを感じない釣りをするとすればワカサギ釣りなのかもしれない。現に石狩新港に行った時「佐藤水産」とか「放水路」とかの周りには路上駐車の車がかなりあった。

ドームテントの中で温かく穴釣りをする・・・しかし・・・それには火を起こさなきゃならない・・・換気はどーするんだ、そーいうことを気にして「釣り」をすることができない。そしてドームテントも持ち合わせないし、七輪も持ち合わせない。そればかりかワカサギの釣具セットも持ち合わせない。それらを買うにしても・・・オレがドリルで穴を開けているシーンが想像できやしない。それほどまでに軟弱者なのさ。

それでも「キ印」は抑えられない。

何か良い手はないか・・・無論、ここで沖縄に飛べるだけの財力と時間があれば「パヤオ」の周りでメジマグロでも引っ掛けているんだろうが・・・そのいずれも持ち合わせない。

だから・・・行ってしまった。
「苗穂」っていうところに・・・。

12月にガキどもと行った「室内釣堀」に行ってしまった・・・のである。

それは「釣り太郎 苗穂イオン前店」http://www.turibori-taro.jp/sapporo/index_sapporo.htmlなのである。

この日は小動物(長男)と二人で行ってみた。
午前10時開店らしいが、10時半に行っても1人も釣り人はいなかった。

実は親方(長女)が小学校からここの「入場券」を持って帰ってきたので・・・「もう一度行こう」と思ったのである。

この釣堀・・・釣りをしなくても「入場料」がかかる。1人300円だ。これは大きい・・・小学生以下の子供と「親子ペア」を買うと最初の1時間1300円なのであり、まぁ首都圏の平均的釣堀の値段なんだが、これに@300円の入場料が乗っかるとそこそこいい値段となる。

この日は入場料がタダだから・・・1時間小動物を遊ばせようと思った。
そしてそのタダ券を出して・・・親子ペア券を買って入場しようとした。

ところが・・・。
『先週から入場無料になったのでこのチケットは必要ないですよ。』と言われた。
うん・・・納得・・・。そこそこの池の広さはあるし・・・こうして値段を下げて「回転」を良くした方がいいよな。首都圏の室内釣堀で生き残っているのはやはり一定「安価」なところだ。

入場料を取らなくなったから・・・今まで無料だったソフトドリンクを70円取るようになったらしい。それでいいんじゃないかな・・・70円でも安いしな。

ここでの釣りは「ゲームフィッシング」。魚を持ち帰ることはできない。
「黒いコイ」を釣ることが基本で、キャッチ&リリース。ナマズ、色鯉、ウグイ、金魚、チョウザメなどの他魚が釣れると近くのベルを鳴らし・・・店員の人が確認すると「ガラガラ(年末商店街でやってる福引)」を多くさせてもらえる。その玉の色によってポイントが付く・・・ポイントに合わせておかしなんかがもらえる仕組みになっている。

入場して釣り池に入る。オレは前回来て・・・目星をつけていた場所がある。

この池は全体がエアレーションしてあって・・・池に流れができている。それは活性を持つにはいいことと思うが、釣るには仕掛の安定性が低く・・・なるべく流れがないところを選んだ方がいい・・・と見た。
だから池の中ほどのエアレーションがなるべく利いていないところを釣り座として選んでみた。
画像


ゆっくりとウキが馴染む。そして引き込まれるがなかなか釣れない・・・これが楽しいところでもある。

そんな中、小動物にも全部自分でやらせてみよう・・・と思った。思いっきり仕掛が絡んでしまったときにはしょうがないが、それ以外は自分でやらせてみた。

画像


最初からかなり真剣であったが・・・自分でエサを小さくつけることによって・・・
画像

画像

画像

コイが釣れるようになり、楽しくてしょうがなくなったみたいだ。

ウキ下を変えたりとかいろいろとイジっていたよね。
画像


オレが釣りに嵌ったのもこの「室内釣堀」だから小動物が嵌るきっかけになってくれればいいと思う。酒飲んで書いているんで上手い表現は見つからないが、こういった狭い世界から「釣りの真似事」なんぞを知って少しずつ喜びを知って欲しいと思う。ここまで5匹釣れて・・・それなりに「面白い」と思ってくれたと思う。

1時間の釣りの中で、オレは45分間、「パパ」「お父さん」をしていた。しかし・・・最後の15分、こーんな釣堀ででも「先生」をしたくなっちまった。

オレはもらった練りえさを思いっきり池の水につけた。完全魚粉系のエサだから無理はできなかったが極力柔らかく練ってみた。

そして、オレの竿をたたむと小動物のハリにその「柔らかいエサ」を乗せて水中に放った。
その結果・・・ウキが馴染んだ瞬間にウキが消し込まれていた。そしてその度に小動物の竿が曲がったのであった。

その前45分と最後の15分と同じ数のコイが釣れた・・・これには小動物もさすがに気づいたらしく・・・「エサは柔らかくすると釣れるようになるね。」って気づいてくれたみたいだ。

よくわかんないけど、この「気づき」は何につけ重要かと思う。

今日は小動物が一つ気づいてくれたことで十分だね。ちょっとだけ・・・いや、かなり釣りが上手くなったと思う。。。cそして、「釣り」以外でも。。。

「やっぱり“経験”だね。」と思われた方、「ブログ村」ボタン↓クリックお願いいたします。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ ヘチ釣りへ
にほんブログ村
1日1回ボタンをクリック頂けると私のランキングがアップします。宜しくお願いいたします。









ASPアクセス解析

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク集

しばらく釣りに行ってなかったので、また行ってしまいました。室内釣堀。息子と二人。ここでもコツがある。 釣りと戯言とそして・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる