釣りと戯言とそして・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 【R18】身近に潜む下半身タレント。ちょっと怖い女の話。ただ、男もまた。本能で生きてる人って。2。

<<   作成日時 : 2010/11/28 21:15   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

こんにちは。

前回イントロで書いたものの続き。
http://94432163.at.webry.info/201011/article_25.html

オレが会社のタバコ部屋で話をする女の話・・・周囲からは「いい女」と見られているようだし「ファン」も多い。社内は勿論なんだが、オレが担当している取引先の中で「夜の街に強い」人は彼女を見かけると「ん?」と関心を示すのである。

まぁ、そうした持って生まれたものって言うのはあるんだろうな。女も男も。そうした異性に対する一種の「選択権」のようなもの・・・所謂「モテる」というヤツは・・・「自分に寄ってくる相手に不足」なのか、より発展的にそれらのことを昇華させていく傾向が強いような気がする。

彼女自身もなかなか発展的な「恋愛」をしてきたようなのである。そして当然、人を選んで話しているのであろうが、そのあたりのことを酒も飲まずにあけすけに話する。いや、もともと酒は飲めないようなことを言っていたし、時々「付き合い」で飲むと酔いも早いらしい。

「それと、飲むと“甘えん坊”になるのか隣の人の肩を借りてこてんと寝ちゃうんですよね。」と。
「そりゃ・・・あなたが寄りかかってきたら男なら悪い気はしないし・・・それに勘違いするよな。」
まぁ・・・その辺も自然とできてしまうところも一種の才能なんだろうな。

彼女とそんな話になるのはだいたい彼女が帰途に就く前に「一服」というとき・・・。オレが一人でタバコ部屋にいたりするとオレの隣に座ってくる・・・普通他の席が空いていればそっちに行きそうなものなのだが、何故か近くに座ってくる。

この行為とて・・・恐らく彼女からすればなーんにも思っていない自然な行為なのだろうが・・・男によっては勘違いするヤツもいるんじゃないか、と思う。ましてやそこから「男女の話」なんぞ始めた日には「おいおい、まさかコレって?」みたいなことに考えても不思議じゃないと思う。先にも言ったが彼女からしてもそんな話をする人間は選んでいるのだろうし、オレは「安全牌」として話をしているんだろう・・・と理解しているが、そう考えない男もいるんだと思うけどな・・・。

彼女が独身の時には妻子ある男性とのお付き合いが多かったようだ。

だから・・・不倫に対する彼女の意見はかなり厳しいし面白い。

「私、思うんですけど・・・あの略奪愛って普通はあり得ないと思うんですよね。ただ、何百分の一か成立しちゃうことがあって・・・そうなっちゃった女からすると“私だけはそんな風になるんだ”と思っちゃうんですよね。たぶん。女は現実主義者と思われがちだけど『惚れた男』に対しては違うんですよ。で、そうなると視野が狭くなっちゃう。気持ちはわからないでもないけど・・・そこは冷静になるべき、と思うんですよ。何百分の一を追求してもダメでしょ。ましてやそれが自分なんて思うのは愚の骨頂。自分がそうなるとは決して思わなかった。ただ、それを利用する男も沢山いるってことですね。都合いい女になりうる人が多いことをわかっている男もまた多いですよね。」

「私・・・あんまりプレゼントとかされるの好きじゃないんです。でも・・・気持ちが入っていればいいんです。でも、男も勘違い系っていますよね。私の誕生日に『離婚届』持ってきた男がいた。ソッコー別れましたね。一般的には喜ぶべきかもしれないけど、私はチョット考えられなかったな。そんなに深く付き合ったつもりなかったし・・・お互い好きでいられればいいんじゃないかって・・・形式じゃないって。そういう人って私から冷めるのも早いと思いますよ。冷静さに欠けている。」

「私・・・ラブホとかよくわからない。“部屋借りちゃう派”なんです。お互い仕事忙しいし、『待てる場所』を持った方がいい。そして・・・お互い大人なんだから・・・下手になんかするより・・・例えば「裸エプロン」とかしないでも・・・さっさとお互いを確かめた方がいいですよね。いや・・・女の方がより・・・そんな雰囲気を求める。それって本当に好きなのかな?恋に恋してる感じでしょ?でもそんな環境で朝までピロートークされたこともありますよ。出勤して凄く眠かった(笑)。ま、それはそれで幸せ。」

彼女・・・オレが生きている世界とは全然違う感性を持って話をしてくるから面白いんだよな。経験とか以前。こんな感性をもった人間がいるんだ・・・って。ともすれば・・・発言だけをとってみれば・・・「最も都合の良い女になりうる」素養を持ち合わせてはいるが、「決してそうにはならない」と思えるからな。

ただ、話の内容は「妖艶」なのかな・・・同じ席に座ったオジさんたちが「つばを呑み込む」場面って多いんだよな。

怖い女だよ。
オレはそういう対象に見られていないから・・・幸か不幸か・・・いいけどな。お互い「どーでもいい」関係にあるからこそ「成り立つ会話」なのかもしれない。

そんな彼女が先週・・・他人のことを言い始めた。久しぶりに「前職」の仲間と飲んだらしい。

彼女の前職は「医療事務」。そして飲んだ仲間は「ナース」たち。

その話を始める前に彼女とオレが合意した内容は「ナースってダメンズ(だめな男)を掴むこと多いよね。」だった。

そんな話もしたが・・・もっと盛り上がったのは・・・「あるドクターの恋愛話」だった。それを「恋愛」というか知れないが・・・ドクターの「自然体」の話。

それってどーなのかな・・・って話さ。

次回に続く。

「お互い帰宅の前の楽しみかな?」と思われた方、「ブログ村」ボタン↓クリックお願いいたします。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ ヘチ釣りへ
にほんブログ村
1日1回ボタンをクリック頂けると私のランキングがアップします。宜しくお願いいたします。



ASPアクセス解析

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【R18】身近に潜む下半身タレント。ちょっと怖い女の話。ただ、男もまた。本能で生きてる人って。3。
こんにちは。 ...続きを見る
釣りと戯言とそして・・・
2010/12/01 07:33

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク集

【R18】身近に潜む下半身タレント。ちょっと怖い女の話。ただ、男もまた。本能で生きてる人って。2。  釣りと戯言とそして・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる