釣りと戯言とそして・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 落込み釣りの誘いについて。どんな釣りにも通ずるところがあるんだろう。魚の習性と実はエサの習性と。前編

<<   作成日時 : 2010/11/19 01:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

こんにちは。

昨日変なブログを書いたせいもあるかもしれないが、まずは御礼を言いたい。
恐らくではあるがアクセスカウンターが420を超えたのは初めてであると思うし、ブログ村のランキングボタンが一日で26人に押された・・・260pt・・・というのも初めてだと思う。

今後とも「ご愛顧よろしく!」って思うよ。

さて、最近オレのやる「主たる釣り」のひとつに「落とし込み釣り」って言うのがある。

短い竿にベアリング入りの「タイコ型リール」をとりつけて・・・軽いガンダマをつけてごくごく自然にヘチ(岸壁際)に仕掛を落としていく釣り・・・。

この釣りを始めたのは実は本格的?に投げ釣りを始めるよりも古くて今から14年位前だと思う。
非常にシンプルな仕掛けでヘチを落としていくのが学生時代までやっていた渓流釣りに相通ずるところがあると思ったし、その頃からメインフィールドとし始めた「東京湾」で魚を釣るには“理に適った”釣りだと思ったからだ。

東京湾と言うのはご存知の通り、「自然海岸」というのが少ない。
それは古くから湾全体が外航・内航問わず「港」であり、かつ企業の私有地が多くまた「埋め立て」も進んでおり・・・コンクリートで護岸をされた湾なのである。

そうした場所ではその護岸に貝類・・・特にカラス貝(ムラサキイガイ)・・・がつき、そこを寝床?とするイソメ類や甲殻類がつき・・・自然と魚がつくのであろう。

それ以前の問題として当時「海釣り初心者」であったオレは「東京湾と言えばクロダイ」くらいに思っており、これをシンプルに釣る落とし込みにひかれたのであった。

しかし・・・そう簡単にはいかなかった。毎週落とし込んでもクロダイは釣れなかった。。。当時使っていたエサはカニやカラス貝だったが・・・クロダイが釣れる気配すらなかった。ただ・・・時々イソメやエビをエサにするとメバルなんぞが釣れて・・・そのアタリの出方を見ると「釣りとしては面白い」と思った。

ただ、「釣果至上主義」なのは当時から同じであり、八景島近くでファミリーが投げ釣りで大きなハゼを次々と釣る姿を見て・・・すぐに釣具屋に行って投げ竿と道具を買って、やってみるとたまたま釣れてしまった・・・それが投げ釣りの本格的なスタートだった。

その後はほぼ「投げ釣り」で落とし込みは全くやらなかったが、森っ子師匠たちに出会い、たまにやるようになり、そして札幌に来る直前くらいに以前から交友のある方がこの釣りを始めたこともあり、同じ話題で話ができることからちょいちょいやるようになってはいた。本格的に道具を集め始めたのもこの頃かと思う。

オレが札幌に来る直前に森っ子師匠をはじめとしたオレが当時釣りに随行させてもらっていた方々が送別会を開いてくださり・・・そのときに森っ子師匠の師匠とも言えるSさんから「お手製」の落とし込みロッドを頂いた。

そのときSさんご自身も仰っていたが「北海道には落としこみ文化はないんだよな」・・・その地に赴くオレに落とし込みロッドをプレゼントしてくださったSさん・・・それを見てオレにお手製の落とし込みリールをくださったBさん・・・彼らのメッセージとしては「そんな北海道で落とし込んで来い」ってことなんだろうな、と思ったものだ。

そして・・・札幌にやってきて・・・そう「投げ天国北海道」にやってきて・・・最初の年からこの落とし込みをやるようになるのである。だって・・・誰一人としてやっていないんだから。。。Sさんの言う通りであった。

最初にやったときが良くなかった・・・小樽の港でたまたまではあるが52cmのアイナメを取ってしまう。
「すごいのいるじゃん。」
アイナメって魚は・・・そこそこ大きなものを釣ったことはあった。社会人一年目に東京湾奥の若洲で渓流竿で生みタナゴを釣っている時に48cm、そして確か札幌に転勤する年の正月に城ヶ島大橋の下でウェーディングしてブラクリを投げていて50p・・・しかし、それらの記録をあっさりと塗り替えるのは北海道の魚のストックの多さが起因するもの・・・なんだろうと思ってしまった。

その後落とし込みでのアイナメ50pオーバーは3年間で8本取っている。そしてソイやガヤ(メバル)の尺クラスは勿論、40pクラスのクロガシラは数枚、50pオーバーのヒラメも3枚落とし込みで釣れている。これを多いか少ないか、たまたまかどうかは別として北海道と言う土地はオレを落とし込み釣りに嵌めるだけの「魚のストック」を持っていると思った。

無論魚種にもよるのだが、「大物が釣れる可能性は投げよりも落とし込みの方が高い」なーんて思っちまったのがよくなかった・・・今やどちらかと言うと「落とし込み」ばかりやっているのである。

三年やそこらで「落とし込みに精通した」なんておこがましくて言えやしない。

でも・・・関東で「もののついでに」やっていたよりは「少しはわかった」ような気がするのである。

それは・・・冒頭に書いたような『軽いガンダマをつけてごくごく自然にヘチ(岸壁際)に仕掛を落としていく釣り・・・。』とは全く別な概念がオレに出来つつあるんだよな。

勿論・・・それこそ魚種によると思うけどな。

長くなったから・・・また・・・後日「後編」で・・・。

「釣れりゃいいってもんでもないっしょ」と思われた方、「ブログ村」ボタン↓クリックお願いいたします。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ ヘチ釣りへ
にほんブログ村
1日1回ボタンをクリック頂けると私のランキングがアップします。宜しくお願いいたします。
















ASPアクセス解析

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク集

落込み釣りの誘いについて。どんな釣りにも通ずるところがあるんだろう。魚の習性と実はエサの習性と。前編 釣りと戯言とそして・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる