釣りと戯言とそして・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 今週ついに。かつてはワクワクしたもんだが。もっともその頃は3月1日だったけど。渓流本格解禁。近所の川

<<   作成日時 : 2010/05/31 07:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

こんにちは。

道央の渓流の本格解禁は6月1日になる。
毎年何回も行かないが、なんとなく気にはなる。
正確に言うと「禁漁期」というものはない。しかし、ヤマメ、当地で言うヤマベの2年もの(スモルト)が川を下るとされている4月〜5月(または6月)は「ヤマメ禁漁」となる。

ヤマメの海降型・・・サクラマスは北海道での重要な漁業資源であり、2年ものという「食べ盛り」の魚が川を下る期間乱獲されないようにしているのである。

そのヤマメを釣らなければ問題はないのであるが、オレの腕でヤマメとそれ以外の魚種を釣り分けるなんて技はとてもできやしない。無論、釣れてしまっても「リリース」すりゃいいのであるが、渓流をあまりやらなくなって20年弱、すでにオレの腕は「空振り」か「飲み込まれる」かというくらいに“なまりきっている”のである。つまりそこそこの型が釣れてしまうと飲み込まれている可能性が強い。川に投げるのが「リリース」の意味でない以上、オレのようなド下手は4月〜5月は川に入らないほうがいいのである。

加えて、この時期は雪代が凄い。その雪代に乗ってスモルトは川を下るのであろうが、大河川は、もうとんでもなく流れているのである。関東で言えばそこそこの台風が来た直後なんていう流れが2ヵ月近く続くことになる。ダムの放水なんてことになればまっ茶色の水が押し寄せとても釣りどころではない。小河川ならまだしも本流筋は釣りにならないし、もし川に足を奪われたりしたら命はない。そういう意味でもこの時期に釣りをしてはならないと思うのである。

まぁ、この時期と鮭の遡上期は「李下に冠を正さず」という言葉の通り、北海道の河川での釣りはなるべく控えるようにしている。

思えば中学生〜大学生までの間、渓流の解禁日というのはまさに「お祭り」であった。関東の一般的な渓流釣りが許される期間は3月〜9月という約半年の期間であり、シーズンオフが長いだけにこの3月1日というのはまさに「待ちに待った」という感じだったわけである。

関東の禁漁期の「大義名分」は冬場が渓流魚の産卵期であるということである。オレが渓流釣りをしていたころからすでに大半の河川で天然物がほとんどおらず、渓流魚のストックは前年に放流された幼魚が大きくなったものと解禁前に放される成魚である以上、果たしてその時期を禁漁とする意味はどれだけあるのかという疑問が沸いた時期もあったが、漁業権の存在しない伊豆半島の一部の河川・・・そこは禁漁期も何もない・・・に真冬に入って釣ったところ「これがアマゴ?」というほどの真っ黒くサビて痩せた個体が釣れ、「こりゃ、やっぱやるもんじゃないな」との感想を持ったものである。

そういう意味において3月1日が果たして「解禁」として適しているのかというとこれまた甚だ疑問ではあるが、決まりであるから致し方ない。
その日を前にして、川を仕切った釣堀に入ってみたり、待てずに2月16日に川が開く千曲川や岐阜の河川まで遠征してみたり、解禁日当日どこに入るかと解禁日前に川を見て回ったり、勿論仕掛はシーズン中使い切るのかと思うくらい大量に作ってみたり・・・2月は「遠足の前日」状態だったのである。

北海道はついに今週、本格的に川が開く。禁漁期がない・・・とは言いながら山の上は11月中旬から3月まで雪に閉ざされているのでやはりほとんどの「渓流好き」にとっての解禁日は6月1日なんじゃないかと思う。外気も十分暖かく、雪代もほぼ落ち着いたような状況であるから非常にリーズナブルな解禁日設定と思う。

今年やってみたい釣り・・・をシーズン初めにこのブログに書いたが、その一つとして「渓流釣り」を挙げた。しかもそれを近所でやってみたいと思った。琴似発寒川、豊平川・・・家から車で10分〜30分で行けるこれらの釣り場をもう少し知りたいと思うのである。

琴似発寒川は本当に家から近い。ウォーキングの範囲内なのである。こんな近くに釣りができるところがあるのに、そこで釣りをせずに「釣り好き」と言えるのであろうか。そんな感じなのである。

もともと海に出ても小樽とか苫小牧とか・・・ブログ村に書かれているほとんどの方と違い、「お気楽釣行」を基本としているから、渓流釣りとは言ってもやはり札幌近郊の釣り場を探りたいと思うのである。熊と出会いたくない・・・って言うのもあるし、そもそも「半分ロッククライミング」みたいなものはかつては行なったが性分に合わないばかりか身体がついていかない。

だからこそ・・・釣れなくとも手軽に楽しめる釣り場に行って楽しむことをしたいな・・・と思う。

琴似発寒川では何度か釣りをしたことがある。ウグイが中心ではあるが、それでもヤマメ、ニジマス・・・時にはイワナも釣れたことがある。河川敷も整備されているところが多く、堰堤なども多い。こちらの釣り場の本には「都市型河川で魅力に乏しい」と書かれてはいるが、ずっと関東で釣っていたオレからしたら「普通の」河川なのである。

ガキの頃のような「ワクワクぶり」はないが・・・それでも先週末はウォーキングコースとして琴似発寒川を選んでしまった。

画像

このような堰堤が随所にあり、その前後は当然ポイントとなる。
画像

人工的ではあるが、このような淵も作られており、結構竿は入っていてストレスは高いものの、そこそこ魚のストックはあると思う。

これらは公園内であるが・・・公園以外のところは竿が入りにくいところも多いのではないかと思う。そこをいかに攻めるか・・・を今後考えていきたい。

そして・・・何より川で釣りをしたいと思うのは今がおそらく札幌で一番いいシーズンだから・・・。
画像

画像
画像
画像
画像
画像
画像

画像

河川敷や周囲の山々の新緑や花が出迎えてくれる。

画像
画像

良く目を凝らすとシマリスや鴨なんかもいる。思わず20,000歩以上ウォーキングしてしまった・・・。

「明らかにワクワクしてるでしょ。」と思われた方、「ブログ村」ボタン↓クリックお願いいたします。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ ヘチ釣りへ
にほんブログ村
1日1回ボタンをクリック頂けると私のランキングがアップします。宜しくお願いいたします。



ASPアクセス解析

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク集

今週ついに。かつてはワクワクしたもんだが。もっともその頃は3月1日だったけど。渓流本格解禁。近所の川 釣りと戯言とそして・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる