釣りと戯言とそして・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 昨日海辺でのんびりしていて思った「ホッケ」の釣り方。たぶんイケる。恐らく「弓角サクラ」よりいい感じ?

<<   作成日時 : 2010/04/12 07:14   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

こんにちは。

また1週間が始まってしまった。
ちょっと「重い」感じ。

昨日、小樽で釣りをしていて・・・いや、海を見ていて思ったことがあった。
この季節・・・だんだんとホッケが接岸してくる。すでに厩町岸壁などでは釣れ始めているようだ。

まだ、群れが小さいらしく・・・そう大した釣果ではないようだが、これからハイシーズンを迎えてくれると思う。

オレはこのホッケという魚をまともに狙って釣ったことがなく・・・投げで「なんか釣れないかな」程度にやっていると元気良く竿先を叩くのがこの魚だったりするわけである。だからこれまでで一番釣れた時でも10匹程度だったと記憶している。

あまり沢山釣れてくれても困るのであるが、このホッケという魚は根魚に較べて「下処理」がしやすいし、干物に代表されるが「焼き」「フライ」「唐揚げ」・・・何にしても美味しい。そして北海道の釣り人しか味わえないのだろうがなんと言っても「刺身」が旨いのである。

今年の初めころ「妄想」の世界でこのホッケを「カゴ釣り」で狙ってみたらいいんじゃないかな、と思った。

投げ釣りでも釣れるし、サビキでも釣れる。積丹のあたりの磯ではウキ釣りも盛んのようだ。
オレは小樽あたりで遊んでいることが多いから・・・小樽での一般的な狙い方は「サビキ」。
小樽に限らないんだが、この時期のホッケは「アミエビ」を追って接岸したりするからやはり効率的な釣り方、マッチ・ザ・ベイトは「サビキ」なんだろう。

ただ、サビキ釣りは仕掛を直下に下ろす。竿の長さに等しいくらいの範囲しか狙うことができない。
そこで潮の流れの中・・・きっと「ホッケ」も沢山いるだろう・・・を自由に狙える「カゴ釣り」がいいんじゃないかな、と思ったわけなのである。ハイシーズンに一度試してみたい、とは思っている。

しかし、オレはもともと怠惰だ。
だから・・・ササッと行ってササッと支度してササッと仕舞える釣りが主になる。
「投げ釣り」「落とし込み」・・・ともにそれほど支度や仕舞いに時間がかからない。

一方で「コマセ」を使う釣りというのは“それなりの覚悟”?をもって臨まないといけないと思っている。
あまり怠惰な釣り人には向かない・・・だから、「カゴ釣り」もそう何度も行なえないかな、と考えている。

そんな中、昨日のんびりと海を眺めているときに・・・「今日はどうやらホッケが回っているようだ」と言う雰囲気を釣り場で掴んだときに「投げ釣り」のついでにできるものはないものか・・・と思ったのである。

本州以南のシロギスもそうであるように回遊性の魚を投げで釣るのには「ジッと」しているのではなく、群れを求めていろいろな方向・距離に投げては引く・・・ということをした方がいいのであることはわかっている。
一度試してみたら「冬の使者」コマイもそうだった。ただ、マイナス気温の夜に二度とやりたくはないが・・・。

しかし、このホッケという魚、シロギスと明らかに違うのが海中の「各層」を泳ぐということだ。シロギスならば海底から30pくらいまでを泳いでいることが多いから「投げ釣り」でオモリを底につけ、フロロなどの軽めのハリスを使って釣れば良い。

一方でホッケは下手すると水面近くにまで浮いてきたりもする。
どこにいるかわからない・・・は「横」「縦」だけでなく「深さ」もそうなのだ。だから、投げで釣るのは「なかなか難しい魚」と思っている。(少なくとも「小樽」では・・・)

これを「ある層に止める」のはやはりコマセなんだろうが・・・それを使わずして釣るのは・・・
『投げサビキ』
じゃないかと思った。

投げサビキとは・・・基本的にはコマセを使わない・・・「スキンサビキ」や「皮サビキ」をそのまま沖に投げて「リフト&フォール」しながら「沖から手前」までの距離・各層を狙うものだ。本州ではアジを始めとした「青物」を狙うのに使われる。

オレの釣りの師匠、森っ子師匠はこの釣りがお好きで、横浜で中アジを大釣りされたりしている・・・アミエビを追い、時にはフィッシュイーターともなる「ホッケ」ならば『投げサビキ』がきっと効率的な釣り方となりうると思ったのである。

ホッケという魚の「姿・形」を見ると、どうも「アイナメ」なんぞと同類のように思えてしまうのだが、「ソコモノ」のイメージではなく・・・実は「青物」なんじゃないかな、と思っているのである。

これからの季節・・・バッグの中に「スキンサビキ」「皮サビキ」を忍ばせておこうと思う。

2月にやった「弓角サクラマス」よりも“効果あり・・・”と思っているのだが・・・・・・。

「まず、実践してから言え」と思われた方、「ブログ村」ボタン↓クリックお願いいたします。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ ヘチ釣りへ
にほんブログ村


ASPアクセス解析

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
今日は足を痛めて仕事休んでいます・・・気をつけなくっちゃ!!

で、以前釣り番組でホッケが海中で群れているのを見たとき、私も “投げサビキ”のリフト&フォールで釣れそうだなと感じました。・・・三次元で魚を探すのに適しているかなと・・・

関東で普通に見られるアジ用のサビキではなく、“幹糸4〜5号+ハリス4号の3〜4本バリ” でソフトルアーなんぞも試すと宜しいかと♪

活性高いときなら2〜3本掛けることもできると思うので、ライトッタックルでかなり楽しそうですね♪是非トライしてみてください。

ではでは
森っ子
2010/04/12 13:45
確かに夜は浮いていますので、ルアーで釣っていますよ。それに何本か森っ子さんの言われるように付けて積極的に釣る方が数釣れると思います。
ボナ
2010/04/12 20:54

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク集

昨日海辺でのんびりしていて思った「ホッケ」の釣り方。たぶんイケる。恐らく「弓角サクラ」よりいい感じ? 釣りと戯言とそして・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる