釣りと戯言とそして・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS オレが出会った釣りの中でとても衝撃的な釣り・・・その名も・・・やってみると大したことないんだけどね。

<<   作成日時 : 2009/11/10 07:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

こんにちは。

昨日は久々に会社に行ってきた。
やっぱり忙しかったな。なーんか振り回されて過ごしたよ。

忌引休暇に入った11月2日・・・朝から実家近くの「ネットカフェ」に詰めて・・・同僚たちに仕事の「依頼」という名の「指示」を出した。その中には「これをこのまま貼り付けて」と言ってオレが忌引休暇を取ることを知らせる「オレではない他人が書いたかのようなメール文章」を入れて・・・「主要得意先に送ってくれ」としておいた。ただ一部の取引先にはオレが会社を休む前に「日程が決まらないのであるが・・・」などと書きながら「忌引休暇を取得する」メールは入れておいたのだけれどね。

本当はそのメールを取引先に送る担当者を決めてメールを流しておけばよかったのであるが、あえてそうしなかった。
オレが「主要」と思う取引先には日程こそきちんと入れてはいないが、メールは送っていたし・・・もし、同僚全員がオレのメールの「依頼」にシカトしても「大きな問題にはなりえない」と判断していたからだ。

オレとしてはそれぞれがどうするのかを見てみたかったわけなのである。

筆頭社員は「それぞれの判断で送るように」としたらしい。その結果取引先に「送っている者」と「送っていない者」に別れた。当然後者の仕事で今日忙殺されたわけなのである。それはそれで検証が行えたのでヨシとしたい。

ここで、自らも「大きな問題意識」と改めてしたのはメールを送るような「気の利いたヤツ」ほどオレに手間をかけることはないし、ソイツらのフォローも普段からしなくても済む。逆に「気の利かないヤツ」の仕事ほどオレが請け負うことが多いのである。そうなるとオレとしては「気の利くヤツら」に申し訳ないな・・・と思うのである。

仕事に於いて必ずしもGive&Takeがきれいに成立するとは思っていない・・・だから別に「他人の領域」に踏み込むのは踏み込まれる本人たちさえ「ヨシ」とするならば、オレは主に物理的な面で仕事をすることは「喜ばしい」くらいに思う性格なのである。

ただな・・・今回「やはり予想通りであったか・・・」と思うと結局「損するのは気の利くヤツ」ってことになって・・・中にはそのメールを送るどころか「不在」の間起こりうるオレの予想していた「出来事」の何歩をも先のことをやってくれているヤツを見ると「すまないな」と思うのである。

そういう意味では「筆頭社員」が担当者それぞれの「自主性」を重んじて「担当者それぞれの判断」としたことはオレの「結果検証」には役立った。オレの予想通り、なのであった。

しかし、その一方で筆頭社員が「それぞれの自主性」に任せた場合、何か起きたときに筆頭社員本人が「責任が取れる」範囲で行うのが正しく、それを逸脱する世界でやってしまうと単なる「放置プレイと同様」ということになるのである。そういう意味では筆頭社員の取った行動はオレにとって大いに「不満」なのである。また、荒れるかな。

ま、愚痴はこれくらいにしようか。

さて、今日はオレが「見た」釣りの中で一番衝撃的な釣りについて書こうと思う。
それは何を隠そう?「吸い込み釣り」なのである。『草食系の広場』http://www.marineinsurance.jp/all-info/で、初心者にあてたコラムを連載するに至り、思い出した釣り方だ。

それは小学校3年生くらいのとき、夏に家族で埼玉・秩父の民宿に宿泊した時のことだった。

その頃は家で犬を飼っていた。前にも書いたことがあるかと思うが、その当時「後楽園球場」の近くで秋口に「動物愛護週間」という期間があって(今でもあるのか?)、小学校1年生の時、学校をサボってまでして子犬をもらいに行ったのであった。「いい犬」はくじ引きであったが・・・「雑種」はじゃんけんで決めるくらい“入札者”が少なく、まるでツキノワグマの子のような色合いの子犬の入札のときにオレがじゃんけんをし・・・その犬をもらってきたのであった。名前はそのころ流行っていた漫画「はじめ人間ギャートルズ」の主人公「ゴン」の名を取った。

オレからすると念願の「犬」だったこともあり・・・両親も含め家族が「犬中心」の生活になっていくのであった。

夏場には2泊3日で伊豆に行くのが習慣?となっていたが「ゴン」をもらってきた翌夏にそれをしてしまったらその期間おそらくゴンは「何も食べずじまい」のようであったらしく・・・家族で「今後は旅行に行っても一晩だな。」ということになったのである。

そしてその夏は秩父に行った。当時西武池袋線沿線に住んでいたこともあり、今思えばそう遠い場所ではなかったのであるが家に車がなく、いつも家族で電車で釣りなどに行っていたこともあってオレの感覚からすると「相当遠い」ところ・・・なのであった。

こういう家族旅行の時には特別に「少年ジャンプ」みたいな「ちょっとお兄さんが見る雑誌」なんぞも買って良いことになっており、なんとなく「非日常」がやってきて・・・オレにとっては本当に「特別な日」だったのである。

確か1日目は釣りとは無縁な「観光」を行なったような気がする。
秩父湖や三峰神社といったところに行ったような気がする。なぜこんなことを覚えているかと言えばその夏の「自由研究」に秩父の周辺の二万五千分の一の地図をもとにした「ミニ・ジオラマ」みたいなものを紙粘土などで作った覚えがあるからだ。もうひとつ覚えているのは秩父湖の上から湖面をのぞいたら大きなニゴイと思しき魚が見えたこと・・・だな。

その晩は秩父駅近くの民宿に宿泊した。そして翌朝はいよいよ「釣り」となったのである。
その頃、秩父付近に年何回か釣りに行ってはいたが荒川という河川とその支流赤平川の合流点のポイントに行くために秩父鉄道の「皆野」という駅から入川することが多くて、秩父駅近くの荒川に行ったことはなかった。

北海道の人が聞いたら信じられないだろうが、1時間半もかけて「ウグイ」を求めて釣りに行っていたのである。

初めて行く釣り場にオレは心馳せた。しかし、その周辺は河川が広く、流れこそゆったりしているものの所謂「深場」というのがなくて12尺とか15尺といった渓流竿ではとても太刀打ちできない感じがしたのであった。現実ヤマベ(オイカワ)が数匹釣れただけだったように記憶している。

そんな中、広い流れの流心の深いところを狙っている釣り人が何人もいた。彼らはリール竿を使い、川釣りとしては重い5号くらいのオモリをつけ・・・ハリが何本もついた仕掛に野球のボールくらいの「練りえさ」をつけて“どっぽーん”と流心に仕掛を運んでいるのであった。

「あんな大きな音を立てたら魚が散ってしまうだろうに」・・・当時釣りの教本に書かれていたことによると「鮎は釣っている竿の下を通過するがウグイは竿の下を通過しない」・・・くらいに警戒心の強い魚がウグイと信じて違わなかった。だからオレがウグイ釣りをするときにはとにかく「静かに、静かに」していたのである。それを「どっぽーん」とやっていたら「釣れるわけがない」と思っていたのだ。しかし、、、

何分間か放置された仕掛を釣り人が巻き上げてくると尺近いウグイが何匹かハリについてきていた。オレにとっては不思議な光景であった。その後も彼らの仕掛けには何匹ものウグイが釣れた。

これ以前にもこの釣り方を見たことはあった。当時“日参”していた近所の石神井公園で大人たちがコイを狙うために釣り禁止区域で何本かリール竿を立てて釣っているのを見ていた。しかし、めったなことではコイは釣れず、「あんまり釣れなそうなやり方だ」なんて思っていたのである。

それが荒川では・・・ものすごく釣れる釣り方・・・に変貌?していた。しかも当時オレにとっては憧れの尺バヤ(ウグイ)がいっぺんに何匹も釣れてくるのである。

当時・・・そして今もなお「釣果至上主義」であるオレが「こりゃやらない手はないな」と思うにはまったく時間がかからなかったのであった。
その旅行から帰ると早速池袋のキャスティングに行ってこの仕掛を入手した。

そしてその何週間かあと、オヤジに懇願して日帰りで荒川の同じ場所に行ってみた。上手くリールで仕掛を運ぶことはなかなか難しかったが、それでも流心近くに仕掛が入るとウグイやニゴイが釣れてくれた。

しかし・・・2時間もやっていると・・・「これはウグイの釣り方じゃない」と思ってしまったのである。釣れることが楽しいはずなのに・・・どうもオレには向かなかった・・・のである。それ以降しばらくその釣りはしなかった。

その後大学生の頃、しばらくこの吸い込みでコイを狙って荒川や江戸川、遠くは霞ヶ浦なんぞに行った。しかしそう長続きはしなかった・・・オレにとってはやはり「不向き」な釣りだったのである。たぶん今後もやることはないんじゃないか・・・と思う。。。

あ、今日は健康診断の日・・・危うくコーヒーを飲むところだった。

「今は投げ釣りやるのに?同じようなもんじゃん」と思われた方、「ブログ村」ボタン↓クリックお願いいたします。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ ヘチ釣りへ
にほんブログ村

PS.神戸MPV参加者各位:本日ポイント自己検証の最終日です。リアクションの無い場合は私が管理していたポイントを容認頂いたものとして最終結果とさせて頂きます。


ASPアクセス解析

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。

私も一時、鯉釣りには通いました。新川下流がメインフィールドで、最初の鯉を掛けた時はうれしかった。。。でも、数は釣れませんでした。現在、ヨーロッパ起源のボイリーによる釣りが盛んなようです。

ところが、御存知かもしれませんが、多摩川でフライで鯉釣りをしている方がいます。久しぶりにHPを覗いたら、今までの合計匹数が15年間で12,394尾になっていましたf(^_^;)
では。
つりきち
2009/11/10 13:58
鯉の吸い込みはやったことないですが、小学生時分は憧れた事ありましたね。
コマセネット仕掛けのネット付近に針を数本持ってけば似た姿になりますね。ホッケ狙いなら有効かも…
神戸MPV杯のポイント検証ですが携帯では確認できませんでしたが自分のポイントは大丈夫でした。
ドラム缶
2009/11/10 21:18
こんにちは。

リンク有難う御座います。

これからも宜しくお願いします。

自分の合わない釣りは、残念ですが、

ロックフイッシュです、投げるとアクションを
付けるのが普通ですが・・・
竿を三脚に置きたがる・・・
たばこに火を点けたがる・・
釣師失格ですよね・・・(笑)

昔昔は生餌に触れない、ルアー小僧だったのですが・・・(笑)
さっぱり@タマ
2009/11/10 22:40

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク集

オレが出会った釣りの中でとても衝撃的な釣り・・・その名も・・・やってみると大したことないんだけどね。 釣りと戯言とそして・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる