釣りと戯言とそして・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 初心者に対して残すメッセージとはある程度押し付けでいいのかもしれない。コラム「釣り初心者の皆様へ」。

<<   作成日時 : 2009/10/28 07:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

こんにちは。

昨日はとても沢山の方がブログ村のボタンを押してくださった。もしかしてオレの「新記録」かもしれない。

これはとっても嬉しくて・・・何かの衝動がなければ人は行動をしないことくらいはわかっているつもりなので「認めてもらっている」にせよ「バーカと思われている」にせよ、それはそれは喜ぶべきことと思っているのである。
ブログ村ボタン押してくれた方々・・・ありがとうございます。

毎日、バカな話題で・・・書いていて・・・コメント欄に「楽しみにしてる」なんてお世辞もらうと本当に感激するんだよね。オレって誉められるの苦手なんだけど、やっぱり嬉しいものは嬉しい。誉められてイヤな気にはならないよね。逆に批判も大歓迎。「こういう風に思っている人がいる」ってことは特にマイナス面では同じようなことを思っている人って何倍もいると思っている。
オレの書き方からして恐らくはファンと言う人はほんの一握りでしかなくって、「コイツ鼻につく」とか「バカなんじゃねぇの」と思っている人はその何倍もいるんじゃないか・・・ただね、そうした「批判」を持ってくれる人はありがたくて、「アクセス数」とか言っても「批判してくれる」人の何十倍も「たまたま来ちゃった」という人が多いんだろうな。

社会で生きている以上、リアルも一緒・・・取引先が「印象に残っている」なんて担当者はあんまりいないみたいだものな。

読み手としての自分としては、「更新を心待ちにしている」ってブログは実は片手とちょっとぐらいでしかなくて、そういう意味ではオレのブログを「楽しみに」なんて人は一人もいないのかもしれない、なんて思うのである。
そして・・・「心待ちにしてる」くせになかなかアクセスにまでいかないというのもあって・・・それを考えればアクセス数を稼ぐには「いかに初めて来る人」を増やすかということに焦点を絞ればいいような気がする。では、それはそれで「どーすればいいか」ってことはまだよくわかんないんだけどね。

ま、これが商売じゃないから・・・究極どうでも良いことなのかもしれないね。

オレ・・・やめときゃいいのに「ブタもあだてりゃ木に登る」で、草食系の広場http://www.marineinsurance.jp/all-info/ってところで「コラム」を書いている。

それじゃなくてもこのブログで「キュウキュウ」してるのに・・・他に手を出しているってワケさ。

そのコラムでのオレのコンセプトとしては、「初心者への押し付けがましいメッセージ」なんだよね。

人ってほとんどの場合、親に「影響される」じゃない?日本国憲法より民法より商法より・・・「●●家のレギュレーション」みたいなのってあると思うんだよな。くだらない話・・・特に「食い物」であれば、「トマトサラダは皮がむいてあるもの」とか「モヤシは髭がとってあるもの」とか「目玉焼きはしょうゆをかけるもの」とか・・・オレからすると「えっ?」と思うようなことがある人の「当然」であったりする。

こういう書き方をすると「親のいなかった方」には失礼な話なんだが、「親はなくとも子は育つ」って言うのは間違いではないが、決して「正解」ではないと思うわけで・・・やはり「よきにつけ、悪しきにつけ」親の作ったレギュレーションをもって生きてきたヤツっていう方が親の作ったレギュレーションがとんちんかんなものであっても、「育成が早いんじゃないか」と見ている。
一本筋と言えば聞こえは良いが・・・まぁ、意識も希薄なガキには「世間との比較の対象として」親の作ったレギュレーションはとても重要なのかもしれないなんて思ってる。

さて、オレのコラムの話に戻すと草食系の広場で書いている「釣り初心者の皆さまへ」http://www.marineinsurance.jp/all-info/hobby/は基本「釣りをやったことがない」「釣りをほとんどやったことがない」人向けのメッセージ?なので言わば「何もわからない子」にモノゴト教えるっていうのと大して変わらないのかな・・・と。

だから・・・思いっきりオレの考え方を押し付けようと思っている。
それはここでもそうなんだが、オレが釣りを始めてから38年間で「こうして楽しんできたよ」という“経験”を順不同で書いていけたら・・・と思うのである。

現在は「淡水のウキ釣りこそ釣りの基本」みたいなこと書いているけど、果たしてそうなんだろうか?世間一般では決してそうではないんじゃないのかな。
例えば「投げ釣りって楽しそうだな」と思って釣りを始め、道具一式を揃えてサーフに行き、見よう見まねで竿を振り、あさっての方向に投げながらも魚が釣れてハマった・・・なんて人もいるんだと思う。

「釣り初心者の皆さまへ」はあくまでオレがどうだったか・・・ってことしか書けない。しかも別に釣りが上手いわけでもなく、ただズルズルと長くやっているだけ。。。でも「これこそオレの趣味」と言える人が世間であまり多くない現実を見ると自ら誇れるのは「釣りって楽しいよ」と常に思っている人間が自論を書いていくって言うことなんだよな。それでいいんじゃないかな、と思っている。

もし万一、オレのコラムを機に釣りを始める人がいたら可哀想な話かもしれないよね。
「三つ子の魂、百まで」とはある意味では良いこととして使われる・・・それは導くものが正しい場合なんだろうね。逆にオレが導いてしまったら・・・それが悪い意味になるのは確実だ。

ただな、釣りの教本見たりしたって決して釣りは上手くならないし、楽しむこともできない・・・やはりフィールドワークして初めて「楽しい」と思うし、魚を釣って初めて「こうしてやろう」って思うんじゃないか・・・要はオレはその背中を押す役目ができれば・・・と思うよ。

あ、冒頭書いたオレのこのブログと同じで・・・「釣り初心者の皆さまへ」を真面目に読んでくれる人がいるかどうかなんて・・・そしてそれが信用されるかなんて・・・わからないものな。「ケッ、バーカ言ってら」と思われるのが関の山、いやそう思ってもらえるくらいなら、何らかの感想を抱いてもらえたら有難い話なんだろうな。ネットに書いてある情報なんぞその程度のものであろう・・・という自らが持つ「諦め」がまた「書き手」という立場となれば“気を楽に”してくれる。

一応先週末も管理者に原稿を送ったら・・・今週初めにアップされていた。
「ウキ釣りをやってみようよ。その@」
http://www.marineinsurance.jp/all-info/hobby/001/005/

ま、良かったら見てくれ。

「ブログもコラムもアンタのマスターベーションってことだろ?」と思われた方、「ブログ村」ボタン↓クリックお願いいたします。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ ヘチ釣りへ
にほんブログ村





ASPアクセス解析

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。ぽちっ。

自分の庭の本ブログと、他人の庭の「コラム」では自ずと取り組み方も違ってきますね。
ネットの情報って、誰かが必ずみていると思います。たとえば、オークションにどんな特殊なものを出品しても必ずアクセスがある。そこが面白いところで、人によって有用な情報は異なるわけです。私が落とし込みの情報を得たのは当ブログですが、まさにその典型でしょう。「コラム」を見て釣りを始める人が必ず出てくると思いますよ。神戸流を貫かれることを期待しています。
では。
つりきち
2009/10/28 09:26
まぁ、本音としては、やはり、アクセスは気になりますね、
まぁ、これは仕方ないかなー
神戸さんはやはり、良い奴なんだよね、いくら、ブログでヒル役を演じてもね。
地の人の良さが出てしまうと言うか・・・
まぁ、リアルは良い奴だから、仕方ないよね。
でもね、やはり、悪い奴は良い奴は演じれるけど、良い奴は悪い奴を演じられんのよ。
だから、神戸さんのブログが面白いのよね。
だからアクセス伸びる訳ね。
それに引き換え、良い奴を演じるオレは、
どうしても、伸び悩むのよね。
文章の下手だしね。
まぁ、理系の悪い所ね。
だから、ね。
どうも、コラムは本当のKさんなんだよね。
正直、解る?
と言うことでPね。
ハゴトコ
2009/10/28 21:35
貴殿のブログを楽しみに拝見している者の一人です。非常に軽妙なタッチで文才溢れる文章に日々感心しております。正直なところたいしたことが書いていないブログが多い中、秀逸です
先日のブログで自信がないようなことを言ってらっしゃいましたが、私も代理店業をして二十年、貴殿のように商品知識豊富かつかゆいところに手が届くかつ心の伝わる社員は貴殿の会社以外でも出会ったことがありません。
なぜ隣接業界に行ってしまったのかが全く理解できません。貴殿には偉くなって欲しいと思います。
同じブログで喧嘩が弱いとも言っていましたが果たしてそうですか?貴殿は喧嘩の仕方をよく知っている。勝ち方は勿論負け方も。そして死んだふりも。死んだふりして一年後に葬り去るなんて。そうなんですよね、あれは。
いい意味で要注意人物だと思ってますよ、貴殿のことは。
影ながらでも良いから業界を支えて下さい。ちょっと酔っ払いで書きました。失礼。
さて私は誰でしょ?
取引先の人
2009/10/29 21:44

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク集

初心者に対して残すメッセージとはある程度押し付けでいいのかもしれない。コラム「釣り初心者の皆様へ」。 釣りと戯言とそして・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる