【R18】あなたは“ヒモ”という商売?を知っていますか?以前聞いた話。やはりプロは違うね1。大桃麻木

こんにちは。

いや・・・マイッタ・・・この年末に風邪っぴきだよ。
昨朝は一昨日に較べたら、だいぶ良くはなっていた。
どこがよくなっていたかと言うと「咳」が止まっていたのであった。

ただ・・・身体は、ややダルく・・・容易に微熱があることくらい予想できたが、「年末の忙しい時に風邪引くなんて、ぶったるんでいるからだ」などという精神論をかざす人間はまだまだオレの宮仕えする会社には多いことから、「咳が出なければあまり他人に迷惑をかけることもあるまい」と思って出社してしまった。

少々ダルくても、外に出ると開放的な気分になる。それはたとえ「出社」であっても、だ。駅まで歩くうちに寒気が体温を奪ってくれたこともあるのか・・・「なんだか行けそうな気がする~」と思ってしまったのだ。

午前中は内務に終始していたのでなんとも思わなかった。いや、思わないようにしていた。少々寒気がしたところで「これはきっと土日に会社が冷え切ったからなのであろう」と自分に暗示をかけたのである。そして何とか乗り切ったのであった。

昼頃から同僚と外出する予定にしていた。そして厚別というところまで営業に行った。約1時間・・・ほとんどの時間を同僚が説明する中で・・・先週二人で打ち合わせた通りの「合いの手」をオレが入れて・・・シナリオ通りの方向に持っていくことはできた。しかし、その間何度か意識がふっ飛びそうになったのと「異常な寒さ」がオレを襲った。

同僚は「神戸さんの描いたシナリオ通りでしたね。」なんて誉めてくれてはいたが、その時のオレにはそんなことはどーでも良く、「おい・・・あの部屋寒くなかったか?」と聞き、その寒さはオレの体温が上昇していることに起因しているのかどうかが知りたかった。

同僚は「明確に寒かったです。」とオレが健常者であることを強調するかのごとくにはっきりと答えた。そしてその言葉に勇気付けられ・・・「いや、寒く無かったですよ」なんて答えが返ってきたら即座に早退を決め込んでいたオレの気持ちを次の営業の場へと引っ張り出すのであった。

夕方、会社に戻ってくるとそれこそ「明確に熱がある」と体温計なぞ用いなくとも、自ら答えられるような状態になっていた。何となく顔の輪郭がはっきりしないのであった。それは目がボーっとして他人の顔の輪郭が・・・というのではなく、自らの顔の輪郭がはっきりしないような感覚に陥ったのであった。

それでも午後7時くらいまで会社にいて・・・本当に珍しくシラフで帰り・・・真っ先に体温を測定してみた。
38.6度。
一昨日の晩と変わらない・・・元の木阿弥ってヤツなのである。

今日も行くかどうか迷っているのだが・・・「昨日出られた者がなぜ今日出られない」などという風邪は徐々に治るもんだ的な「誤った理解」を精神論を元に説くヤツっていうのはオレの宮仕えする会社にはまだまだ多いことから、やっぱり出社してしまうんだと思う。



さて、このページのタイトルをご覧になったとき・・・最初のところで「あーコイツ、あのことを書こうとしているんだな。」とすぐにわかった方もいらっしゃると思う。オレもちょっとひよってタイトルの最後に「大桃麻木」なんて入れてしまった。

しかし・・・実はそーではないのである。本当は純粋に?過去「その職の人」から聞いたヒモというものについて書こうとしていたのである。聞こえは悪いがオレら男は学ばなければならないことが多々あると思った・・・ことを書こうとしたのである。だから、タイトルだけは約1ヵ月ほど前から決めていたのであるが、その頃「【R18】身近に潜む下半身タレント」というシリーズモノ(?)を書いていたので、「連続してイロモノ書くのもなぁ」と思って取っておいたのである。「年末にでも書くか・・・」と。オレの話は7:3で嘘の方が多いと言われているが、これは本当なのである。

時々、こうして「タイトルだけを保存」して後生大事に取っておくことがあるのだが、そのほとんどは「タイトルを書いたときのインスピレーション」を忘れ去ってしまうため・・・後から書いても「いやぁ・・・大して面白くねぇな。」ということになる。そしてブログアップしてからしばらくして読み返すと「あー書き忘れた!」なんて後悔してみたりするのだ。だからネタが浮かんだらすぐに書いてしまう方がいい。

ただ、今回ばかりは・・・「せっかくのチャンス」なのである。そう、常々書いているが恒常的に「ネタに薄い」状態からすれば「千載一遇のチャンス」が巡ってきたと言える。もう乗っかるしかないのである。



オレがこの話を聞いたのは先週の金曜日・・・たまたま車検に出す車を取りに昼間自宅に帰ったときだった。そこにはオレ以外の家族三人がおり・・・午後の「奥様番組」的な番組が流れていた。40年くらい前から脈々と続く日本の中流家庭の平日の午後であった。富司純子はそこにはいなかったが、そんな番組だった。そして我が家でそんな姿をそれこそ「明確に」見たのは今回が初めてかもしれない。

テレビの画面には「大桃美代子、記者会見」みたいなことと「麻木久仁子なんちゃらかんちゃら」と書かれていたような気がした。

基本、芸能ネタは嫌いではないのだが、最近出てきた人は誰が誰なんだかさっぱりわからず、「恋愛報道」とか言われてもその男女双方が「わっかんねぇけど、カッコいい男とカワイイ女の子だな。」で片付けてしまう、一種の老化現象なのであるが、今回ばかりは「大桃美代子」「麻木久仁子」というオレでもわかる登場人物なのであった。

特にオレは記者会見をする「大桃美代子」なる女優さんを久々に見た感じがした。そして・・・それを「横目」で見ながら「大桃美代子」「麻木久仁子」の共通項目を考えてみた。

麻木久仁子っていう女優さんはドラマとかでは見た記憶が無い・・・それはオレがドラマをめったに見ないから当たり前なんだが・・・が、クイズ番組とかではその「聡明さ」を前面に出している人ということは認識していた。

そして、オレはなぜか今回の主役である「大桃美代子」という女優さんもまた「聡明」なイメージがあった。最近、トント見ていないにも拘わらずなのである。なんでかな・・・と思ってウィディペキアで「大桃美代子」を調べてみると・・・NHKの「クイズ日本人の質問」という番組に出ていた・・・らしい。

この番組は放送されていた年度からするとオレがまだ独身の頃の「日曜日の夜」、しかも7時のニュースの後であってその昔は三波伸介が「お笑いオンステージ」で「エスチャー」とかやっていた時間であったから、実家にいたオレは両親が見る当時の「毒にも薬にもなりゃしないNHKバラエティ」に付き合っていた頃・・・そして、そのクイズの回答者か何かで大桃美代子が出ていて、オレの中で勝手に「聡明な」像を作っていたものと思われる。

「大桃」「麻木」・・・共通項目は「聡明」・・・だからもしかすると宮野城親方ばりに「年末年始、麻木久仁子のクイズ番組出演は八百長なのよ!」と大桃が告発しちゃったのかと思ったが・・・どうやらそうでは無さそう・・・やっぱり「男と女」の問題だったらしいのである。



ここには「山路」という男が介在する。

なんでも「大桃」と婚姻関係にあった「山路」と「麻木」はW不倫関係に陥り、ほぼ同時期に離婚・・・その後人知れず「山路」と「麻木」は婚姻関係にあったと言う。それをごく最近「大桃」が知って・・・思わず?ツイッターで愚痴ったのが発端らしい。

その「山路」って人は何をしているかというと未だによくわからないのだが、プロデューサーらしい。しかも世界の紛争地域みたいなところに取材に行く・・・今、流行の戦場カメラマン「渡部陽一」と同じようなところで番組制作をしていて・・・「大物ぶり」を見せているらしいのである。ソコに女が惚れちゃうみたいなのもあるんだろうな。

この「山路」って人の記者会見も見たが・・・見てくれは平均以上・・・いや、年齢を考えればかなりいい方だぞ。耐震偽装のおっさんにちょっと似た感じもしないではないが、まぁ「女好き」する程度のモノは持っている、と思う。

しかし・・・この「山路」なる人物・・・大桃と結婚してはその個人事務所の社長となり・・・そしてその後麻木と結婚してその個人事務所の社長となり・・・なんでも「プロデューサー界の羽賀健二」と呼ばれているらしいから「たいがい」なんだろうな。

まぁ、ヒモさ・・・ヒモ。体(てい)のいいヒモだよね。でもどこかいいところがあるから女が「狂騒」しちまうんだろうな。しかも芸能界では「聡明」とされる二人の女優が・・。「ヒモの魅力?」それは後日書きたい。



それにしてもなぜ大桃は「ツイッター」しちまったんだろうね。もう、かなり前に終わったことなのに・・・ね。

ある女性にそのことを聞いたら・・・「それはきっと“私が別れた後、一人者なのに元ダンは結婚して”みたいなジェラシーじゃないのかな、わからないでもないけど。」と言う率直な意見をもらった。オレなんて女の気持ちがよくわからない「典型」だから・・・よくわからないんだけど・・・そう言われればそうなのかもね。

手軽に「カキコ」できるツィッターらしいが・・・なぜ大桃は書いちゃったのかな?オレが質問した女性が考えるような純粋な理由からかな?

もし・・・そうなら怖い時代だよね。過去なら居酒屋で愚痴ってたことが・・・もしかすると全国に、いや全世界に配信されちゃって大騒動になるかもしれないんだもの。

だから・・・今回の大桃の「思い出し笑い」的なツイッター書き込みは是非次の展開を知りたいね・・・これまでお決まりのヌードとかAVとかではなく・・・これが「芸能界で生き残る策」くらいのものを大桃が見せて欲しいね。



ただ・・・きっと芸能界って広いようで狭い世界なんじゃないのかな。。。もしかすると山路がW不倫していた頃に「大桃」「麻木」が同じ番組に出ていた・・・なんてことなかったのかな?たぶんあるんだろうな。

それを思い出して・・・「もうすでにあの頃・・・キーッ」なんて大桃が思うのも不思議はないよね。

一方でその当時・・・麻木は大桃のダンナと知って不倫していたんだから、それはそれでやりにくかったんじゃないかな。いや、女優なんて魔物だから「略奪愛」を楽しんでいたかもしれないけどな。

自らの経験を言うと・・・もう過去にもこのブログに書いてしまっているが・・・独身の頃、家庭ある年上の女性と不倫していたことがある。若かったし・・・節度を欠くようなこともあった・・・そんな中でなんのきっかけか忘れたがなんと女性の家族と遊びに行ったことがあった。

確かオレからすると純粋に「今日も彼女に会えれば・・・」くらいの気持ちで行ったと思うんだが・・・いや、その時間が長くて辛かったこと・・・。決して「略奪愛を楽しむ」なんて心境にはなれなかったぞ。むしろ、垣間見てはいけないものって言うのがあるんだ・・・ってよくわかった。

なんか・・・そんなことをちょっと思い出して、切なくなったよ・・・。


たぶん、この話・・・つづく。


「アンタ、本当に体調悪いのか?」と思われた方、「ブログ村」ボタン↓クリックお願いいたします。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ ヘチ釣りへ
にほんブログ村
1日1回ボタンをクリック頂けると私のランキングがアップします。宜しくお願いいたします。









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック