なぜ石狩のハゼのアタリはオレに集中したか。それはオレの崇高なるウデのおかげ・・・なわけがないだろ。

こんにちは。

たった2時間の釣行でブログを二つ書くようになったら・・・そろそろオレのブログも「潮時」なのかもしれないな。

ま、それは別として・・・先週土曜日石狩新港でハゼを釣ってきた。
フィッシュランドの情報によると小樽に較べて型はいいものの数は出ていない。
これは小樽に較べるとポイントに掴み所がないということなんだろうな。

ハゼに限らないのであるがオレはこの石狩新港というのはどうも苦手なのである。
一番の原因は「釣れない」というイメージが強い。実際にハイシーズンに行ってみると実は小樽と大差なかったりするのだが、どうも釣果に「たまたま」感が伴うのである。「釣った」というより「釣れた」という感じか・・・。

もう一つは「近い」ということもあって、真冬に「竿出し」という意味だけで行くことがある。そして釣れない。だから釣果÷釣行回数という単純計算をすればやはり「釣れない」ということになるんだろう。

そんな「釣れない」って印象があると釣行に自信がなくなるのである。

今回ハゼを釣ったのだが、このハゼとて「とあるポイント」を除いてはあまり自信がない。小樽に較べれば港内に浅場もあり、ハゼが育成する条件としては良い・・・そして現に型は良い・・・ことはわかっているのだが、ただ「ただっ広い」釣り場のどこに入るのかをまず迷ったりする。

今回は釣り場に行って・・・「ちょっとやってみるかな」って気になって釣具屋に戻ったのだが、「そういう機会だからこそ短時間でも“釣った”気分になろう」と思ったのである。逆に言えば真面目に短時間やって・・・釣れなければ「やっぱりダメな場所」と見切りをつけることにもなる。

オレはフィッシング新港に行ってイソメを調達し、かつて武美で買って後生大事にトランクに入れておいたあるものを使ってみることにした。
それが「釣行記」で書いた「いたずら」なのである。

「いたずら」とは・・・。
画像

ゴロダンゴ・・・つまり「コマセ」なのである。

かつてオレは横浜周辺で「うにだんご(マルキュー)」というコマセを使用してマコガレイを狙っていた。マコガレイが釣れたか釣れなかったか・・・と言われれば・・・オレなりの考えからすれば「通常釣り人が考えるコマセ効果」とは異なるものの、コマセを使用した方が「釣れるという結果になった」ということにしている。データ上も一応はそういうことになった。

マコガレイを釣る目的としてコマセを使用することによって「通常釣り人が考えるコマセ効果」もあるとわかった魚(ソコモノ)もいることがわかった。アイナメ、アナゴ(ハモ)、そしてハゼがそうなのである。

「通常釣り人が考えるコマセ効果」とはコマセを撒いて今まさに自らが釣ろうとしている“対象魚”がコマセを食べに寄ってくることである。

無論、ソコモノであるので青物やグレ(メジナ)のように寄ってくるところはわからない。その検証はいつするかと言えば魚を捌くとき・・・腸にコマセの類が入っているかどうか、だ。

だから捌いて腸を出してもそれを切り・・・何故か感触や臭いを確認するオレがいるのであった。こんな姿はまさに「変態」そのものなのである。そして、アイナメ、アナゴ、ハゼはそれが何度か確認できた。(一方でマコガレイは一度しか確認できていない。)

そしてマコガレイにコマセが効くというオレなりの結論の根拠となるもの・・・それは屁理屈でしかないかもしれないが「底の活性化」・・・つまりは食物連鎖の下位のものが「動く」ことによる「対象魚の活性化」=「コマセ効果」はこれらソコモノの魚ではどれも「在り得る」と思っている。

話が発展しすぎかもしれないが、例えば秋の伊豆でアミコマセを撒いてイワシやアジを寄せるとイナダやソウダやカンパチが来たりするのと一緒かな・・・と。生態系の中で食物連鎖の「より低位なもの」を活性化することにより、二段階くらいなら上のものが活性化するような気がするわけなのである。

今回、そんな「一次的」「二次的」効果を狙ってコマセを使用してみたが・・・まさにそれは「当たり」であったと思う。
カレイは別としてもフグなどは確実にコマセり一次効果のある魚であり、オレの釣る周辺が活性化したことには間違いないと思っている。

コマセ以外として・・・もう一点だけ「ハゼが釣れた」ことを言えば・・・これは「サビき」だと思う。「サビき」とは本州でシロギスをやる方ならご存知な言葉であろうが、「リールを巻いたり、竿先を使ったりして底で誘いをかけること」なのである。

これは初秋というか晩夏・・・まだハゼの群れが一定の場所に留まらない状態では「広く探る」ということはかなり重要な“釣れる要素”だと思う。

それは「誘い」という意味もあるだろうが、コマセで活性を高めた上ではとにかく広く探ることが肝要。普通なら「ナメクジが歩く」ほどの速度でサビくのがハゼ釣りなんだろうが、この時期ならシロギス同様、「アリの歩く速度」でいって良い。

とにかく底を切ることがないことを条件に「速くサビく」ことをすればより釣果が上がると思うな。

ハゼごとき・・・だけど・・・良かったら試してくれよ。

「本当にそれで釣れるのかな?」と思われた方、「ブログ村」ボタン↓クリックお願いいたします。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ ヘチ釣りへ
にほんブログ村
1日1回ボタンをクリック頂けると私のランキングがアップします。宜しくお願いいたします。








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ハゼっ子
2010年09月06日 07:21
続編楽しみにしてたよ。

ハゼにコマセなんてイカれてるね。やっぱり。別の言い方すればイカすよ。

でも投げっぱなしにして「釣れねぇ」を連発しているオレら北海道の投げ釣りやってるヤツらからすると目から鱗だ。

サビきって言葉は神戸さんのブログで知ったし最近実践してるけど確かにエサを動かすだけで釣果は上がるってことはわかったよ。当たり前と言えば当たり前だけどそれさえもしてなかったってことだもんな。

これからも気付きを与えて欲しい。

今度釣り場で声かけるから嫌がらずにいろいろ教えてくれよ。

どうも神戸さんのカケアガリ理論がよくわからないから実践で教えて欲しいと思う。

ロングロングアゴー
2017年01月30日 13:16
高校時代 北海道で海釣りに熱中していた30年前 ハゼなんて魚は見た事も聞いた事もなかった。温暖化の影響ですか?そのうちシロギスやクロダイが釣れるように
なるんでしょうか?

この記事へのトラックバック