【初体験】いやん、恥ずかしいから明るくしないで。明るくなってからはコレばかり。夜明けの苫で高級平物。

こんにちは。

先日ある方からメールを頂いた。
オレのブログを良くご覧になっていらっしゃる方で前々からある高級ヒラモノについてメールを下さっていた。

「最近は多くなってきたとは言いながらも狙ってすぐに釣れるというシロモノではありません。」
そうなんだろう・・・だからこそ「幻」なんていう枕詞が付いたりするのであろう。

昨年、その魚を釣りたいがばかりに6本の竿を新調した。しかし・・・そうそうたやすく釣れる魚ではないことはわかっていたため、狙える釣り場にさえ向かうことをしなかった。

そんなある日、また彼からメールがきた。
「シーズン初めに“こんなところで?”というところで釣れることがあります。もし良かったらご一緒しませんか?」
この情報にオレはダボハゼのように飛びついた。「よろしくお願いいたします。」

そして、その日がやってきた。前週、釣りキチぺーぺーさんが狙いに行ったことをブログhttp://blog.livedoor.jp/blogwamendo/archives/1195963.htmlで拝見し、オレはその方にメールを入れた。「そろそろシーズンでしょうか?」「そうですね、行きますか?」
そしてこの週末釣行は実現したのであった。

まず、ご覧になっている方に申し上げなければならないのは、今回釣り場は明かせない。なぜなら、彼も大切にしている釣り場だから・・・ただ「苫小牧周辺」ということだけは明らかにすることを許されたのである。また、彼がその「ブログファン」であり、釣行の参考としているというある方にはメールで知らせて欲しい旨、言われた。

午前零時、あるコンビニで待ち合わせをして釣り場へ。
正直なところその釣り場に行って驚いた。
とても「幻」にはほど遠い・・・こんな場所で?というようなところなのである。

今まで「通過」はしている。しかし、竿を出したことはなかった場所なのである。

午前1時、道具をセッティングして海に投げ込む。
道具:
●竿:シマノサーフリーダーFV 400-BX×2,ダイワランドサーフ 390-35×2
●リール:シマノパワーエアロ 7000
●リール糸:PE2号、ショックリーダー付
●オモリ:弾丸30号
●仕掛:胴付1本ハリ。ハリビッグサーフ16号 
●エサ:ブラックタイガー、サンマ、活イソメ

仕掛けは昨年釣りキチぺーぺーさんに頂いた仕掛とそれを模したものを10本ほど作っていった。
エサは「エビ類がいい」とのことだったので安上がりで身持ちの良いブラックタイガーを近所のスーパーで買って剥き塩で〆ておいた。そして定番エサとされるサンマも塩で〆て用意していった。

珍しく竿を4本も出したのは・・・「これを逃したら一生釣れないかも」くらいの意欲の表れ・・・と思って頂きたい。

彼によると「完全に陽が出たらダメ」とのことだったので、3時間ほどの短時間勝負になる。

「夜間はあまり遠投して釣れた試しはありません」と彼。遠投ができないオレにとっては嬉しい話なのである。
彼によると海岸は遠浅になっているように見えるが40mほどで3mほどガクンと落ちるという・・・その先がポイントらしい。ワンドばかりを釣っているオレの得意な距離感であり、「それなら何とかなるかも」なんて思った。

オレは彼の教えを忠実に守り、3本の竿を2色ほど投げて留めた。
そして1本は空バリのままやや沖に投げてゆっくりと底を探った。確かにその距離にはカケアガリというには急激に上がる底質が感じられた。その先は60mと80mに緩やかなカケアガリはあるものの「狙いは40m」とはっきりと感じさせてくれた。

30分後・・・まず彼の竿にアタリが来た。かなり格闘して上がったのはなんと50cmクラスのシロモノ。これを見せ付けられて燃えないわけがない・・・その後彼は3枚追釣していた。さすが・・・なのである。

オレにアタリが来たのは2時半過ぎ・・・実は40mという距離を考えてその前に「いたずら」をしていた。一度車に戻ったオレはトランクに積んでいたホウムラの「ゴロダンゴ」を持ち出し・・・波打ち際に打ったのであった。
それが効いたとは思わないがそんなことをした30分後、明確にケミ蛍が揺れた・・・そしてガツッっと竿先が折れ曲がった・・・「来た・・・」興奮のまま竿を煽っていた。確かな重量感・・・そして明らかに「泳ぐ」感覚。沖で十分に遊ばせてゆっくりと波打ち際まで持ってきてズリ上げた・・・。

40cmジャスト・・・人生初のマツカワカレイをゲットしたのである。
その後、やや明るくなった3時過ぎ・・・38㎝が釣れた。
画像

ともにエサは「ブラックタイガー」であった。実はもう一枚リリースサイズ(32cm)が釣れたのであるが、これもブラックタイガーに来た。

明るくなると・・・
画像

「ゴロダンゴ」が更に効いたのか・・・
画像

これ(ウグイ)ばかり・・・午前4時半に投了とした。

釣り場をご案内頂いた28歳の若き投げ師とシーズン開始及び仕掛を提供頂いた釣りキチペーペーさんに深謝したい。

「いろいろなサポートあってこそ、だね。」と思われた方、「ブログ村」ボタン↓クリックお願いいたします。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ ヘチ釣りへ
にほんブログ村
1日1回ボタンをクリック頂けると私のランキングがアップします。宜しくお願いいたします。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

水溜まり釣師
2010年06月21日 10:34
神戸さんこんにちは。お見事なマツカワおめでとうございます。このマツカワ、ホント明け方前の食いがいいですよね。神戸さんの釣行記を参考に今週末はマツカワを狙ってみます。(笑)ちなみに個人事ですが、先週やっとヤマベの解禁を迎える事が出来ました。サイズは別として顔を見れてやっと初夏を迎えられた気がします。
うどいかっほ
2010年06月21日 11:02
タカノハおめでとうございます。
先週のヒラメにしても今回のタカノハにしても、今までの釣行にしても、ワンチャンスで狙った魚を高確率で釣るって凄いと思いました。
場所もさることながら、釣れる時間帯が目からうろこでした。
そして、ナビゲーターの若き投げ師さんは、的確に時期も時間も場所も把握していて凄いと思いました。
読まなければ、一生気づかず死んでいたかもしれないなと思いました。
貴重な情報、ありがとうございます。
神戸MPV
2010年06月21日 23:47
水溜まり釣師さん、こんにちは。いつもありがとうございます。
マツカワは「まぐれ」ではないと思いますが、若き釣り師の“お導き”あってこその釣果と思っています。晩に「四分の一」身だけ刺身で食べましたが上品な味でした。また、釣って食べたい魚ですね。
やまべ自主解禁されましたか・・・私も早く1匹を釣りたいです。
実は昨日、釣りの帰りに休んだあと千歳のレラにジーンズを買いに行ったのですが、そのついでにサーモンミュージアム(千歳の道の駅)に寄り、淡水魚の水族館を見ました。川の見える部屋からは「かわいいやまべ」が見られ・・・でもそれは尻尾の色からすると「放流物」と一目でわかりましたが、「あぁ、もう少し大きくなったら釣れておくれ」と思った次第です。私の初物は当歳魚の放流物で決まりかもしれません、とほほ。
神戸MPV
2010年06月21日 23:53
うどいかっほさん、「逆北海道さん」かな?、ご無沙汰です。
昨日メールをお入れした通りです。チャンスをモノにしてくださいね。応援しています。
うどいかっほさんのブログはいろいろな人に支持を受けているのだなぁ、と思います。昨日随行させてもらった「師」もうどいかっほさんのブログを楽しみにしてるとのこと。
フィールドワーカーが何を釣り、何を考えるか・・・これは我々「にわか釣り人」が一番参考にしなければならない「情報」です。
これからも楽しく、かつ、情報満載のブログを楽しみにしています。
釣りキチぺーぺー
2010年06月22日 10:32
やりましたね~タカノハ!
釣ったその日はコリコリして美味しいし、次の日になると甘味が増します♪
煮ても良し焼いても良し!
良かったですね~
(^_^)v
神戸MPV
2010年06月24日 07:16
釣りキチぺーぺーさん、こんにちは。
昨年頂戴した仕掛を参考に作った仕掛けで釣れました。そして、ブログでシーズンまで教えて頂き…本当に有難うございました。
夜刺身にしていただきましたが、本当に美味しい魚ですね。自ら釣って自ら捌いたものは“飲み屋”で食べるのと比べ、また格別の味、でしたよ。

この記事へのトラックバック