定山渓に一泊してきました。その前に小樽に寄って短時間。まぁまぁ魚は湾奥まで入っているね。

こんにちは。

先日のブログでオレが定山渓に家族と一緒に行けるのかどうかが「気がかり」だと言うことを書いた。
                        ↓
http://94432163.at.webry.info/201005/article_1.html

その「気がかり」は杞憂に終わり・・・結局「一緒に行ける」こととなった。
こういう書き方をするからいけない。どんな状況においてもオレは神戸家の「家長」だぞ。「行けて」当然なわけである。

「行ける」となったオレは次にルートを考えた。石山通り経由は小金湯で一車線になるかなり手前から「渋滞」することは確実。チェックインが許される午後2時に向けていろんなところから車が集中する、と考えたのである。

盤渓経由、藤野に抜けて・・・一定渋滞を回避することも考えた・・・。
ただ、それでも混んでいるときにはそこから1時間近くかかることもある・・・他にルートはないものか・・・と考えた。

道道1号小樽定山渓線
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E6%B5%B7%E9%81%93%E9%81%931%E5%8F%B7%E5%B0%8F%E6%A8%BD%E5%AE%9A%E5%B1%B1%E6%B8%93%E7%B7%9A

ただ、昨秋このルートを使おうとしてえらい目にあったことがあった・・・途中のトンネルが通行止めとなっていて途中まで行って引き返すハメになり、会議も兼ねた観楓会に大遅刻するという失態を演じている。この道路はこのトンネルのひび割れ事故だけでなく過去にも何度か土砂崩れなどで通行止めになっているようだ。

調べてみると、例のトンネルは一車線通行であるものの、通れるらしい・・・家→朝里40分 朝里→定山渓40分。勿論遠回りにはなるが、同じ時間かかるなら渋滞しないで行けた方がいい。

そんな話を家族にするとヨメが「どうせなら小樽で釣りでもしたら?私、買い物したいから。」と・・・。気が効くのか、それとも「今回ばかりはホテルから脱走して釣りには行かせないためにまず釣りをやらせれば・・・」くらいのことを考えているのか・・・。まぁ、理由はなんでも良い。とにかく釣りができるのだから、それに越したことはないのだ。

昼頃出る予定を早めて9時半には家を出た。
途中、宮の沢の武美http://www.takemi.to/でアオイソメを購入する。
何回か書いているが生イソメで投げ釣りをするなら武美のものがエサ持ちが良いような気がする。オープンしている時間が昼間だけなので釣行途中に買うとすると機会は限られてしまうのだが・・・。

そして10時半頃現地着。早速用意をする。
道具:
●竿:シマノサーフリーダーFV 400-BX,ダイワランドサーフ 390-35
●リール:シマノパワーエアロ 7000
●リール糸:PE2号、ショックリーダー付
●オモリ:L字30号全遊動
●仕掛:吹流し市販 ハリス・エダス3号、ハリ ハリマオ12号2本ハリ、船段差ハリ流線10号 
●エサ:活イソメ
画像

場所は小樽2号地。オレの札幌に来てからのホームグランドと言える場所である。
ここは小樽の街からも近く、家族を連れてきても十分に間が持てる。また、トイレも近く(と言っても5分ほど歩くが)にあるから安心なのである。

先々週あたりから小樽も南北の堤防、厩町岸壁あたりはかなり活性が上がってきている。
その流れをくんで・・・この日のオレは湾奥の魚がどうなっているかを知りたかった・・・のである。

小樽は日本海側にあるのであまり潮の干満はない。
しかし、流れはある。しかも南北の堤防・そして沖堤防に囲まれた当地は独特の潮の流れを醸し出す。ちょうど東京湾の埋立地で釣っているのと同じ感覚なわけである。
しかも↑の写真の対岸が他の突堤よりも突き出しているため・・・北から南に湾内の潮が流れているときにはその突堤に潮がぶつかり・・・ワンドに巻き込む。対岸近くを向かって左から右に流れた潮はワンド奥にぶつかり手前では右から左に差す。こういうときがこのワンドの時合なのである。

オレもコッチに来てからあまり真面目に釣りをしていない証拠なんだろうが・・・3年も小樽で釣っていてなんとなくしかわかっていないのだが、「回遊性の魚」は北から南に、「定着性の強い魚」は南から北にシーズンが始まっていくような気がする。

その「回遊性の魚」は北から南の潮に乗って入ってくるような気がする。この日の主の狙いとなるホッケはその潮に乗ってくる・・・と思っている。

そして、この日はそんな潮が流れていた。
「時合だな。」オレはそう思った。
とりあえず2本の竿は対岸近くに投げ込んだ。3色半くらいかな。

そして一投目・・・すぐにアタリが出た・・・。どうもホッケのそれではない。
上がってきたのは・・・
画像

掌より少し大きいくらいのマガレイ。ありゃ・・・「定着性の強い魚」が先に釣れちゃったよ。もう湾奥まで春がやってきたのかな・・・小さいのに完全に飲み込んでいた。

しばらくすると派手なアタリ。
画像

ロウソクボッケ。リリース。
湾奥にまでこのサイズが入っているということは・・・。

画像


画像


結局、約1時間半でホッケ7本(3本のみキープ)、マガレイ1枚(呑んでいたのでキープ)・・・まぁまぁってところかな。やはりカケアガリの途中で仕掛を留めておくと群れが回遊するようだね。途中サビいてみたが・・・カケアガリに留める方が良かった。

途中から風が強くなって釣り辛かったが・・・魚が入っている証拠だね。ファミリーフィッシングには良い季節だな。

さて・・・魚を捌いて・・・と思ったとき・・・ヨメが「この魚どーすんの?ホッケは足が早いから定山渓に持っていってもダメにしちゃうよ、きっと。」

あ、そうだった。オレは定山渓に行くのだった・・・。
ちょうど隣に家族3人で来られている方々がいた。一度仕掛が被って会話してる。
「竿すりあうも他生の縁」

「魚いりますか?」
快く、引き受けてくれた。

さて・・・定山渓・・・か・・・。

「今回はちゃんと定山渓にいたんだろうな・・・」と思われた方、「ブログ村」ボタン↓クリックお願いいたします。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ ヘチ釣りへ
にほんブログ村
1日1回ボタンをクリック頂けると私のランキングがアップします。宜しくお願いいたします。

途中、結婚式の写真撮っていたぞ。写真小さくなっちまったけど。拡大しないとわかんねぇな。
画像

「お幸せに。」

「あんたに言われたくないよ」と思われた方、「ブログ村」ボタン↓クリックお願いいたします。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ ヘチ釣りへ
にほんブログ村
1日1回ボタンをクリック頂けると私のランキングがアップします。宜しくお願いいたします。















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

札幌魂、東京魂
2010年05月03日 21:59
はじめまして。
いつも楽しく読ませてもらってます。
立野さんの掲示板時代からのファンです。
私は札幌から東京の会社に就職して25年、年数回しか札幌に戻りません。
ただ、私が幼いころから釣りしていた場所の話・・・その頃までに15年くらい釣りしてて思っていたことと同じ感想がたった3年でできあがるんですね。
今日の記事はとても参考になる記事だと思います。
そうして・・・一ヶ所の釣り場を知ることってきっと釣りの上達につながるんでしょうね。
神戸さんの記事をずっと見ていて思う感想です。
これからも楽しい記事を書いてください。

この記事へのトラックバック