釣りと戯言とそして・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS あなたは娘が整形したいと言ったらどうしますか?賛成?無論、反対?オレならばどうするだろうラスト。

<<   作成日時 : 2013/03/13 00:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

こんにちは。

前回の続き。

前回の話がブスに終始してしまったため、今回は本題に戻そう。


もし、自分の娘が整形をしたいと言ったらである。オレなら無論賛成するわけである。それは書いた。


ただ、そう言わなかったら。

しかも娘と言うことを抜きにして本当に客観的に見て、「ボトムラインにさえ達していない」と思うのに「整形したい」とも言ってくれなかった時にオレは困ると思うのである。

いや、寧ろそんな状況にも拘わらず「私ってかわいいかも。」なんて思っていたらどうするのか、と言うことなのである。


もしすごく可愛い(あくまでも見た目)娘だったとしよう。それならば何ら異論はない。

それでもより美しくなりたいために整形したいと言われれば、その顔で一生を過ごすことに不満を持っているのだからオレは甘んじて許す、いや賛成するのである。


そして世間の風潮として「せっかく親からもらった顔だから」と言うことで、本当は整形をしたいのに言わない・・・これならば何となく言い易い雰囲気にしてやればいいのである。

例えば普段から「オレ、ブス嫌いなんだよねぇ。整形もまた一つの身だしなみかもよ。化粧と一緒さぁ」くらいのことを刷り込めばそれでいいと思う。

いつか言うだろう。


しかし、何の根拠もなく「私可愛い」とか「私きれい」とか思っている女は意外と多い。何ら根拠のない自信を持つ女は、意外と多いんだな。

医学の進歩で、本来なら「生物学的に弱いオス」がきちんと生き残ってしまうようになったから、出生の可能性の高い男が生き残ってしまう。

その結果、男>女という絶対数が生じて・・・「ブスでもなんでも女というだけでもてはやされる」みたいな現象が勘違いを呼ぶのである。


あまりテレビとか見ないのでよくわからないのだが、「ブスの勝ち組」みたいなとてつもない女が『恋愛カウンセラー』とかやっているだろ?ああしたかなりたまたま感のある相手の放棄試合のような『勝ち組』を作ってはならないのである。ブスを増長させるだけなのである。


その結果、自分の娘が不細工なのに「私可愛いし、将来的にあの人になら勝てるかも。」なんておかしな思いを持ったらどーなんだと言うことになる。

その時点で親の教育をメディアの露出が凌駕したことにならないか?いや、なるのである。


あえて婉曲な表現をして「マイナリティ」である。

あくまで「マジョリティ」の反対語として使っているだけだ。ここでもっとわかり易い表現「ハンデ・・・」なんて言葉を使えば、おそらくそうした言葉狩りを生業としているエセな感じなヤツらにやられるので使わない。


そうしたボトムラインをきったマイナリティがわが近親者しかも自覚がないとすれば、「教育しないといけない」のである。

そうそれは「算数」や「国語」がろくすっぽできないくらい「恥ずかしい」こと・・・いや「道徳心に欠ける」くらいに恥ずかしい現象なのである。

それは無論、そういう態度になってしまって・・・将来的に恥をかく本人の問題でもあるが、「道徳心に欠ける」となると親の教育責任〜家庭的なもの・・・義務教育上のもの・・・双方において「親の責任」が果たせていないと思料するのである。

何せ「義務教育」とは子供の義務ではない。選挙権のないものに義務も権利もないのさ。

その義務を負う大人、たるオレがしっかり教育ができていないということになる。

義務は果たさないと「民主主義国家」は成り立たないからな。それは個々の常識に頼らざるを得ない。民主主義と法治国家というともすれば相反する社会システムであるがゆえに「個の常識」が重要になるのさ。


我が子が「マイナリティ」でいいのか?

良いわけがない。


「あなたを五体満足に産んであげて・・・」

なんと言う押し付けがましい言葉だろうか?親はそんなに「偉い」のであろうか?

そしてそんな感覚が根底にあるから「整形」に反対する。



確かに五体満足は幸せだぜ。

しかし、見た目がマイナリティであれば・・・生きていてエンジョイできる機会を少なくしている。失うこともあるだろう。



人間、生活レベルが上がると「戻せない」。

それと一緒。より上を目指すんだよな。だから人生面白いのさ。




自分の置かれた状況より更に上を目指すのが、「人ってもの」じゃないのかな?




「五体満足に生まれ」なんて当たり前のことになれば、親として更に上を目指してくれということになる。

それは人の親として当たり前の感情ではなかろうか。

我が子よ、幸せになってくれ・・・と。更に一歩いや半歩・・・上を目指すことを促すのが「親としての責務」じゃなかろうかと思うのさ。



客観論的に書いたが・・・数年後、オレの目の前で起こりうる可能性のある「修羅場」なわけである。

その時、男親として、ヤツになーんにもできてやしないから、せめて賛成してやらなければならないと思っている。

今から身構えているのさ。そしてそのサゼスチョンを引き出すように・・・考えている。


間違えかな?


「どう思いを伝えるかが重要だね。」と思われた方、「ブログ村」ボタン↓クリックお願いいたします。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ ヘチ釣りへ
にほんブログ村
1日1回ボタンをクリック頂けると私のランキングがアップします。宜しくお願いいたします。




ASPアクセス解析

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク集

あなたは娘が整形したいと言ったらどうしますか?賛成?無論、反対?オレならばどうするだろうラスト。 釣りと戯言とそして・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる