釣りと戯言とそして・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 札幌周辺食べログ?苫小牧。マルトマ。でも本当に書きたかったのは何であんなものがいるのという話。

<<   作成日時 : 2013/02/24 08:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

こんにちは。

昨日、苫小牧に行く用事があった。

こういうことがあれば・・・苫小牧を堪能しないといけない。

オレの中で、苫小牧は・・・マルトマ食堂なのである。


昨日も当然、行ってみた。


苫小牧は広い町んだが、残念ながら「みるべきところがない」。

印象としては「いつも風がふいている」「いつもどんより曇っている」

そんな印象が苫小牧なんだよな。

で、昨日はと言うと風は強かったが、天気は良かった。

日なたは暖かくも感じたな。


「マルトマ食堂」
http://h-machine.jp/marutoma/


今さら話題にするまでもない・・・苫小牧の名物食堂なのである。

「ホッキカレー」が有名で、レトルトも売っている。



オレはすでにここを20回以上は訪ねていると思う。

ホッキカレー、ホッキ飯・・・いやいや、他ではこの安価で味わえない「マルトマ丼」が一番のお気に入り。

この日もこれを食べてみた。


ご飯の上には「ホッキ貝、マグロ、ハマチ、シメサバ、甘エビ、カニ、いくら、アワビ・・・」などがところ狭しと並んでいる。さらにそれとは別にニシンの焼き物が半身、しじみの味噌汁、漬物がついて1200円である。

他で食べれば2倍の値段はするだろう・・・というボリュームなのである。

漁業関係者のために運営している店とあって、無論、魚は新鮮。

いつも美味しく頂いている。


店内は狭く、10人かけくらいの席が二つ、カウンターに最大4人、時々ホッキの処理場となっている入口横の席に数人。

だから、気候の良い時の昼時に訪ねれば当然並ぶこととなる。外まで大行列ということも珍しくない。

「それが辛い・・・」と思わせるこの季節が、この店に並ばずに入るチャンスなのである。

この日は11時くらいに行ってみたが、並ばずに入れた。しかし、オレが食べ終わる頃には店内に並んでいる人がいたから・・・行くのは早いにこしたことはない。

時間は確か5時〜14時。日曜、祝日が定休日。

マルトマ丼、ホッキカレー、ホッキ飯が有名で、オレもそれらを頼むのがほとんどであるが、この季節のおすすめはホッキラーメン。味は塩がいいかな。温まるし、出汁の効いたスープが最高に美味い。


マルトマ食堂の話はこれくらいにして・・・。

先月のことであったが、この苫小牧という街で不思議なものを見た。


やはり、マルトマに向かって車を走らせていたときのことである。

最近は苫小牧東で下りずに日高道に入り、一つ目のインター(名前忘れた。沼ノ端西?)で下りる。そして沼ノ端に向かう道を走るのだが、なるへく早く海岸に近い道に入る。こうするのが一番早くマルトマに行きつけるルートだと思う。

その海岸に近い道に入ってしばらくであった。



オレの目の前にハシボソガラスに追われた、それよりもちょっと小さい鳥が目に入った。

それは「白と黒のツートンカラー」。

オレは中学・高校の頃、生物部員。暗い青春時代をすごした代わりに各種図鑑なるものは穴が開くほど見ている。

瞬間的にある鳥の名前を思い浮かべたが・・・「まさか、ここに」と思った。


しかし、そのまさかが現実のものであったのである。

ウィキペディア↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%82%B5%E3%82%B5%E3%82%AE

『カササギ』  『カチガラス』

本来は朝鮮半島に生息し、移植されたと憶測されるが九州の一部に生息する鳥だ。

まさか・・・ここに・・・と思ったのだが、ガキの頃の「図鑑の知識」は正しかった。


何でも1990年代から姿を見せ始め、今では生息域を広めて室蘭や千歳の周辺でも見られるという。
http://www.city.tomakomai.hokkaido.jp/kankyo-seikatu/utonaikohp/tusin96.pdf
http://gajousan.exblog.jp/11397802/
九州も「移植」と憶測されているそうだが、北海道も朝鮮半島からの貨物船で持ち込まれたようだ。


カラスの一種であるから適応性が高く、しかも賢いんだろう・・・それが生息域を広げている理由と思われる。


その後何回か苫小牧や千歳に行っているが・・・その姿を見ることはない。

釣りで数年間苫小牧に行っているのに・・・今年やっと見かけたのだから当たり前かもしれないね。


川魚の移植放流に反対なのと同様に、本来いるべきものでないものがそこにいるのはオレは「反対」。

しかし、異常に増えたりとかしないで生態系に順応しているのなら「ま、いいか」って言うのもオレの昔からの自論。

他の大陸からのものは移植しても増えなかったり、逆に異常繁殖したりするが、カササギはもともと中国大陸に住んでいたもの・・・北海道と言う生態系にきちんと収束されていくと思うんだ。

思えば、この地においては「コイ」や「ナマズ」とて、意はあったかどうかは別としてもともとは「移植放流」。


うん、そして「人間」も・・・・・。


「オマエみたいのは増えると困るけどな。」と思われた方、「ブログ村」ボタン↓クリックお願いいたします。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ ヘチ釣りへ
にほんブログ村
1日1回ボタンをクリック頂けると私のランキングがアップします。宜しくお願いいたします。










ASPアクセス解析

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お久しぶりです。
再開を待ってました。
カササギですが、10年前位から栗山や長沼で、ポツポツ出ていましたが徐々に生息圏を広げているようですね。
ハシボソカラスより小柄だからなかなか生息圏を都会に広げられないようで、札幌近郊でも畑の広がる恵庭、北広島までは見かけましたが、市内にはまだ来ていませんね。
ドラム缶
2013/02/24 16:43
ドラム缶さん、ご無沙汰しています。
本当にびっくりしました。
まさか・・・と思いましたよ。
北海道で出会えるとは思いませんでした。
北海道の魚は勿論ですが、今まで図鑑でしか見たことのないものを見ています。
昨年は千歳でオオルリを見ましたし、その前には滝野すずらん公園でオオムラサキを見ました。
やはり自然が豊富なんですね。
神戸MPV
2013/03/02 16:14

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク集

札幌周辺食べログ?苫小牧。マルトマ。でも本当に書きたかったのは何であんなものがいるのという話。 釣りと戯言とそして・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる