釣りと戯言とそして・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 【札幌情報】この雪の季節、札幌カップルはどこでデートしてるのか?遊び場。ワンパターンだけど釣堀。

<<   作成日時 : 2013/02/13 07:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

こんにちは。

オレは札幌にきて6年、常々思うんだが、この季節札幌のカップルってのは何してるんだかね。




オレはこの札幌って土地が好き。

だからこそ、家も買っちまった。

だってさ・・・ほとんどのことが1時間以内でコトが済む・・・しかも「都市」なんだぜ。

しかも「東京」に行こうと思えば、らくらく、2時間半で行けてしまうのである。



でもな、若者がデートするのに、この季節「どーするんだろうな」ってのはある。

オレが東京にいた頃よりは札幌の雪って「少ない」と思うときが多い。

でも・・・毎年この憂き目を経験すると「もう、いいかげん」なんて思ってしまうこともある。いやはや、人間わがままなもんである。


特に今年は多いよな、雪。


札幌という土地で幼少の砌を過ごせば、自然とウインタースポーツは身につくんだろうな、いやが上でも。

ガキの頃に学校で「スキー学校」とかあるからな。


オレなんかからすると、ちょいと泳げるくらいなら、「スキーが滑れる」ようになりたかったぜ。
何せカッコいいからな・・・そういうのが普通にできるヤツに憧れる。


しかし、だぞ・・・札幌の若者がそうしているのが「幸せ」と思っているのか?
みんながみんなウインタースポーツしてるのか?

オレはそうは思わない。




無論、ラブホに行って・・・二人イチャイチャしてる方がより幸せなんじゃないかと思う。

あ、これ、男の論理。




もっと言えば「行くとこ、ないね〜」くらいのことを言って、「カラオケでもしにいこうか」的な言い訳をしながら、ラブホに行く・・・いや、ラウンドワンみたいなところもアリかと思うぜ・・・でも、オレなら「インフルエンザが怖い」とか言って、アクティブになれない理由を言って、女をラブホに連れ込むかな・・・と思うのである。自分の幸せのために。


どうなんだろ・・・?
ずっとこちらで過ごしてきた方々は?
是非、冬場の「デートコース」を聞きたいものだ。




女となら「ラブホ」でもいい。彼女が応諾してくれればの話だけどな。



でも、それが彼女だと、不平不満を持つかは別としてデートは成り立つ。



しかしだな、それが息子となるとそうもいかないのである。



三連休の最終日、ワンパターンながら、息子とデートした。



場所は以前にも書いた、釣り堀太郎イオン苗穂店。
http://www.turibori-taro.jp/sapporo/index_sapporo.html

札幌駅から北一条通りを東に進み、苗穂のイオンの手前にある室内釣堀なのである。


開店時間の10時に合わせて現地着。

一番乗りは「マイロッド」のおじさん・・・こういう人は必ず室内釣堀にはいるのである。

そして・・・手返し良くビシバシと釣る。

続いてオレらのような親子・・・受付のおじさんに「初めて来ました」と言っていた。


そして、オレら。

小動物(長男)はまだ一人で釣竿を操作できるとも思えないので二人で一本の竿を使用することとした。

大人一時間の料金は800円。竿を貸してくれ、エサがついてくる。

エサは魚粉を中心とした練りえさ・・・釣り堀でよく使われるものだ。これ以外に「うどん」を選択することもできるが、練りえさの方が断然食いがいいのでこちらを選択・・・すると受付のおじさんが「うどんも少し持っていきなよ」と言って分けてくれた。いつも親切である。


こうした室内釣堀、なめてはいけない。

ターゲットの中心となるコイは沢山泳いでいる。
しかし、毎日のように釣られ、かなりすれているのだ。

エサもくわえることはしてもなかなか飲み込むことはしない・・・。

そこで、釣りを始める事前準備として練りえさを柔らかく練り直すことが重要だ。
この日はうどんを分けてもらえたので・・・適度にうどんをつなぎにして、耳たぶくらいの柔らかさに練り直す。


そして、釣り開始。
画像


一投目いきなり釣り上げた。
画像


普通の黒いコイかと思ったが、獲物はドイツ鯉。
画像

マゴイ以外のものが釣れるとチケットをくれて・・・釣りの後のお楽しみ・・・ガラガラを多くさせてもらえる。
画像

手づくり感たっぷりのチケット(笑)。

その後も小動物は真剣に釣る。
画像

そして一時間に合計七匹のコイを釣った。
画像

うん、なかなか上手くなったと思う。以前なら前アタリで合わせてしまったり、見ていない間に大きくウキが引き込まれていたりしたが・・・「よし、ここ」というタイミングでスナップを効かせてうまく合わせていた。

何組か人はいたが・・・かの「マイロッドおじさん」の次くらいに竿を立てていた。

一時間で満足したらしい。

釣り終了後はガラガラ。
画像

玉の色により、ポイントが違い・・・それに応じてお菓子なんかをくれる。
画像


室内釣堀・・・「釣り」と呼ぶにはほど遠いものだが、「釣る」にはなかなか難しい。

雪が無くなる前にもう一度くらい行ってしまうかもしれないな・・・。
室内釣堀はオレが釣りを始めるようになった原点でもあるし、何となくノスタルジックな気分にさせてくれる。


「春よ来い、早く来い!」と思われた方、「ブログ村」ボタン↓クリックお願いいたします。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ ヘチ釣りへ
にほんブログ村
1日1回ボタンをクリック頂けると私のランキングがアップします。宜しくお願いいたします。

















ASPアクセス解析

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク集

【札幌情報】この雪の季節、札幌カップルはどこでデートしてるのか?遊び場。ワンパターンだけど釣堀。 釣りと戯言とそして・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる