釣りと戯言とそして・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 今さらながらですが、明けましておめでとうございます。正月実家に帰っても釣りに行かなかった理由。

<<   作成日時 : 2012/01/15 20:31   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

こんにちは。

明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願いいたします。
今さら・・・だよな。


いや、実は旧年中のご挨拶もしていなかったのさ。




ブログ書かないこと1ヵ月以上。

12月の初めに引越しをして・・・しばらくパソコン台にパソコンも設置せず・・・なんて日が続いたこともあったが、本当にご無沙汰してしまった。




その間・・・一度として「釣り」も行っていなかった・・・というのもある。

札幌に来て五度目の冬なんだが、年々冬場の釣りをやらなくなっているな。

来た年なんぞは冬場も夏場もなく・・・ほぼ毎週行っていたような気がする。

冬場に元気なコマイやニシンやチカを狙って・・・釣れようが釣れなかろうがお構いなしに海に出ていたよな。

関東のときもほぼそんな感じだったが、北海道の魚に会いたくて、毎週出ていた。




冬の釣りっていうのは・・・この点は不思議なんだが、北海道でも関東でも一緒で「夜にチャンスがある」ことが多い。

それじゃなくたって寒い冬だぞ・・・何が楽しくてわざわざ更に寒い夜に海に出て行かなきゃならんのだ・・・と常人は思うのであろうが、釣り人という人種はとにかく「魚信」がある時間に海に行ってしまうものなのだ。



「オレにシーズンオフはない」
そう公言していたオレなのであるが・・・12月以降釣りに行っていない。

・・・というか・・・恐らく最低気温が+になる頃まで釣りに行かないような気もする。
もしかすると「室内釣堀」という「釣りもどき」は行くかもしれないが、恐らく自然の釣り場には行かないのではないかと思う。

そういう意味では43歳・・・釣り歴40年にして、やっと「常人」になったのか、それともこれが「不惑」と言うものなのだろうか。単に怠惰になっただけなのか・・・「老化?」今日はそんな話なのである。




今シーズン、この間、冬場の釣りをするチャンスが無かったワケではない。

実は正月休みには横浜の実家に帰っていたのである。

そして三が日、横浜は概ね良い天気で暖かくもあった。

少なくとも札幌から行っているのだから・・・最低気温が札幌の最高気温よりはるかに暖かい横浜で釣りをするのはコンディションという意味では間違いなく「適」なのである。



実際、札幌に引越してから正月に横浜に帰ったのは三度目だが、過去二度は毎日のように海に出ていた。

かなり強風の大津港付近をブラーで歩き回ったり、近所の運河河口で夜釣りでマコガレイやアナゴを狙ったり・・・。



しかし、今回はそういう気にはならなかった。なれなかったというのが実際のところか。



大晦日に家に帰った。

オフクロは相変わらず元気であったが、オヤジは急に老け込んだ感じがした。

オヤジ80歳、オフクロ77歳。

それでもオレが帰ると笑顔で酒の席についた。楽しそうに話をしていた。

そして早めに就寝した。


オフクロが嘆いていた。

「最近、全然外に行こうとしないんだよね。」

引きこもりがち・・・らしいのである。体力に自信がなくなったのか、近所の駅に出て行くのもバスで行くらしい。
動かないことが一層の体力の低下を招いているようだ。

「お互い・・・会話はあるのか?普段笑ったりしてるか?」オレはオフクロに訊ねた。

「それはあるんだよね。大丈夫。ケンカになったりするけどね。笑顔は・・・お笑い番組とか見てケラケラ笑っているよ。」とオフクロ。


そうなのか・・・。それならば、まだいいが・・・。このままだと「老老介護の現状」を近い将来目の当たりにすることとなるのだろう。


実はそれに近いことがすでに起きていた。

オフクロが義姉二人の通院に毎週東京まで行っているという。オレからすると父方の叔母だ。彼女たちの通院に、通勤時、満員電車の京浜急行に乗って通院の付き添いに行っているという。

「疲れるんだよね・・・」

そりゃそうだろう・・・通勤時の満員電車は仕事だと思うから乗れるのであって・・・そうじゃなければ極力乗りたくはない。

「それ・・・大概にしろよ・・・」差し出がましいようだが、オレは言った。

「でも世話になっているし、二人とも一人ものだし・・・。」とオフクロ。



オレもこの二人の叔母には世話になっている。

でも・・・親だからオフクロの方が更に世話になっている。

だから・・・オフクロにはいつまでも元気であって欲しい。だから・・・そんなこと・・・「大概に」して欲しいのさ。


寧ろ・・・それならば・・・オヤジを構ってやって欲しい。


オレはある意味「心を鬼にして」オフクロに言った。

「世話になったのもわかる。二人は結婚もしていないから・・・一人なのもわかる。でも・・・姉5人の長男のヨメとして、あなたがどれだけ彼女たちに世話になったか?残念ながら、『誰と誰が仲良くなって』みたいなことを繰り返して、その度に翻弄させられたのはオフクロじゃねぇのか?血の繋がっているオレからすると恥ずかしい話だけどさ。そりゃ、それぞれに伴侶がいりゃ、そういうこともありうると思う。でも、その時、自由な立場である彼女たちがオフクロのことを守ったか?オレにはそうは思えない。どころかそのうち一人はそいつの男が原因で、姉妹の仲たがいに繋がっている。」
オレは続けた。
「別に結婚が全てとは思わないよ。配偶者がいて、子供がいて・・・それがいい、とは思わない。いろいろと苦労もあるからね・・・。でも・・・彼女たちはその苦労をしていないのさ。ずっとずっと自由気ままにやってきたんだろ?配偶者じゃなくてもいい・・・ま、先立たれるかもしれないけど・・・そうした特定の相手も作らずに来たんだからさ・・・『しょうがない』んだよ・・・もし、それでもオフクロに頼りたいなら・・・それはオフクロが体力的に極力苦労しないだけの手段・・・うーん、言いにくいけど、タクシーで来てもらえるだけの『金』を用意するしかないと思うんだよね。」

もう・・・そんなことさえ考えられないような状態になっているのかもしれないが・・・二人はずっと旧都銀に勤めていたから・・・企業年金も結構な額が出ているにも拘わらず・・・オフクロは手弁当で彼女たちの付き添いに行っていると言う。それに・・・介護施設には入りたくないと言っているらしい。それどころか顔を合わせるとケンカするオヤジに対してオフクロが「金を持ち出した」とか言うらしいのだ。



言葉は悪いが・・・彼女たちがボケているのは明らか・・・だ。
友人に聞いたが・・・ボケると一番最初に「金」の話になるらしい。
身を案じて、金を配り始めるパターンもあれば、金を守ろうとするがために猜疑心を持つパターンもあるらしい。

資本主義国家に生きて・・・しかも、最終的に「金」が頼りと考えるからこそ・・・そんな風になっちまうのだろう。

悲しいけど、それが現実、なのかもしれない。
すでに人の深層心理に「金」がつきまとっているのかもね。それが資本主義の原理原則なのかもしれないね。




オフクロに「釣りに行かないの?」と言われた。

「行かないよ」とオレは答えた。

なぜかって?

オレの一番の釣友はやっぱりオヤジなんだよな・・・年寄りからしたら寒い時期に引っ張り出すわけにゃいかない。

そして、オレが一人で行ったら・・・オヤジ・・・行きたがるだろ?



オフクロから頼まれた。

「お父さん、あんたの言うことは聞くんだよね。」

だから・・・書いてきた。十か条を。

健康に関わることが中心だったが、最後には「もう、いいかげん諦めて・・・夫婦仲良く生きること。互いを慈しめ。」って書いた。

たぶん、それが一番「健康」に寄与することなんじゃないかな。お互いの。

しょうがねぇじゃん・・・いろいろあったけど、もう・・・あんたたちしかいないんだから。そこまで行ったら「余生」仲良くやってくれ・・・と言うしかない。



そんなオヤジとオフクロを見ても・・・オレは札幌に家を買ったことを後悔していない。

だって・・・次の世代が欲していることだから・・・もし、これ以上オヤジとオフクロが・・・特に一方が困ることがあれば・・・オレが横浜から通える地に転勤を希望するしかないと思っている。そして・・・そんなわがままが通じるように一生懸命、今を働くしかないんだよな。



あれから2週間近く・・・そろそろ・・・十か条をトレースしなきゃいけないかな、と思っている。

守っていなかったら・・・厳しく言うしかないよな・・・それがオレの今の親孝行、と思っているよ。

あとは暖かくなったら・・・実家に帰って・・・レンタカーで二人を「城ヶ島水道」でも連れて行ってやるかね。



「何が正しいかわからないけどね。」と思われた方、「ブログ村」ボタン↓クリックお願いいたします。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ ヘチ釣りへ
にほんブログ村
1日1回ボタンをクリック頂けると私のランキングがアップします。宜しくお願いいたします。























ASPアクセス解析

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
「何が正しいかわからないけどね。」⇒一つ言える!のは、正しくないのはお前の「心の仮面だ!」
なんでこの世にいるかを考えたら、ごちゃごちゃ言ってる暇ないしょ!!?
久しぶりに顔見て、別人と思い「ホット」したよ(^^)v~
虎ノ門のチョイ悪オヤジ
2012/03/09 20:08
こんばんは。ご無沙汰しています!
親が歳とるのと同じく私どもも。。私の父は2年前に90歳で他界しましたが、母は87歳で健在です。ただし、プチ介護状態なので、ずいぶんと「お婆ちゃん」になってしまいました。一緒に旅行など連れたこともない親不孝者ですが、せめて釣りたての魚など、と思いつつもなかなか叶わない(笑)
随分と以前になりますが、親父様と某駅下でご一緒になり、ご挨拶をした折に、ハゼ天秤を頂戴したことがありました。「ハゼの試釣に来た」とのことだったと思います。「親子で○キチか!」などとも思いましたが、たいそう羨ましく思いました♪海辺に出ると思いがけない出会いや、元気がもらえるものだなと思いました。(なんで親父様と判ったのか不思議です。。)ではでは、また!
ポニー
2012/05/17 00:14

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク集

今さらながらですが、明けましておめでとうございます。正月実家に帰っても釣りに行かなかった理由。 釣りと戯言とそして・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる