釣りと戯言とそして・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 朝番組ZIPを見ていて。アラフォーと二十代?恋人なんていらない?最近の男女事情。草食系の時代。

<<   作成日時 : 2011/07/17 22:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

こんにちは。

今年の3月末で朝の長寿番組「ズームイン」って言うのが終わった。

オレは普段あまりテレビを見ないのだが、朝の番組っていうのは「時計代わり」にどうしても見ることとなる。
そして今はズームインの後継番組「ZIP」って言うのを見ている。

関根勤、いやラビット関根の娘、関根麻里がメインパーソナリティーを務めている番組だな。まだよくわからないが、とりあえず時計代わりの番組としては「用を足している」って感じだな。

それにしてもあの関根麻里って子はなかなかのもんだと思う。親父さんの生き写しみたいな顔して、アメリカに留学して、それも主席で1年早く卒業してるんだろ?“リアル”を見たことはないが、何となく雰囲気いい子だよな。

普通は売れてるタレントの家に生まれただけで「勘違い」しそうなもんだが、そうでもない。

バイリンガルってだけでそれを「売り物」にしてるヤツが多い中で、オヤジの七光りもきちんと利用して「千葉真一」とかモノマネしちゃう。

そういうことを見ると本人は勿論の事・・・ラビットが大した人なんだろうね。尊敬するよ。

麻里はエマーソン大学ってとところを卒業してるらしいけど、オレはそんな大学は知らない。
きっとコロンビア大学からすると「東京大学」と「東洋大学」の違いがあるのかもしれない。
ただ、検証のしようもないが、「コロンビア大学卒業」とか言って、プロ野球の某名選手の妻になり、“講演会”で金稼いでいる「神社の狛犬に似たババァ」とはわけが違うよな。

しかしなぁ、「コロンビア」と聞くと「コロンビア・トップ」しか思い浮かべず、コロンビア大学が「なんぼのもの」なのかわからないヤツからすれば、カタカナの大学卒業・・・しかも主席で出たと聞けば「すっげえ」と思う。
そもそも論として・・・「東大の平凡なヤツ」と「東洋大学の主席」どっちが頭いいかと言えば後者と思うんだよね。

あ、どちらも経験したことないのにゴチャゴチャ言いは良くないよな。この辺でやめとく。

そんなこんなでZIPを見ている。

ちょうど出かける前くらいに「特集」みたいのをやるんだけど、最近やってたのに「アラフォー女と二十代男の結婚」ってヤツだった。

それによると・・・こんな感じ。

現在アラフォー女・・・あ、ちなみにこのアラフォーっていうのは四捨五入じゃなくて麻雀風の「二捨三入」みたいな感じらしいね・・・が、二十代の男と結婚するケースが増えているらしい。

今回の大地震で、「一人に不安」と思って“結婚”する人が増えているらしい。。。ま、悪いことじゃないよな。一方でカタストロフィーに接しているのに・・・あまりの情けなさに離婚するケースもあるらしいけどな。

アラフォー女あたりまでは・・・「男」の方が人口が少なかったらしい。したがって、「女余り」のまま、この時代まで一人もんを続けてきたって女が多いらしいんだな。

思えばオレの若いとき、まさにバブル期でさ、確かに男も女も「勝ち組、負け組み」がはっきりとしていたような気がする。そうした中で・・・男も女も・・・「売れるもんは売れていた」ような気がする。

誠に申し訳ないが、「売れ残りは売れ残り」のような気がしたけどな。

オレの周辺だけかもしれないが、「男も女も」・・・やはり・・・現在の状況はどうかは知らんが・・・結婚経験者の方がイケてる気がするんだけどな。

ただ、オレからすると「売れ残り女」の中で、「若い男囲ってやろっか」って経済力とか包容力とか持った女は今、「勝ち組」になったりしているらしいのさ。若い男と結婚してね。





全然、違う日に・・・今度は「若い女性の六割以上が恋人はいらないと言っている」みたいな“特集”をしていた。

それは若い女どもが「彼氏作るよりぃ、同性の友達と遊んでいた方がいい」とか「彼氏よりも仕事を優先したい」とか「デートするなら自分の時間を大切にしたい」とか言っていた。

このあたり・・・まぁ、時代なんだろうけど・・・要は「口が達者な女」が「価値観の近い人と付き合いたい」・・・このあたりはかつて書いたが・・・要はちょっと難しい、いや、ファジーな言葉を使って・・・いかにも私は「個があるのよ」的な発言をして・・・「私がわがままさせてくれる男がいいの」と言ってるに他ならないんだよね。

価値観が同一なんてありえないし・・・まぁ、そうじゃなくて、お互いに「合わせる」うちに近づいていくから人間付き合いなんて面白いわけでさ、そういうのを是認しないことを美化する「価値観が同一」みたいな言い方は、その時点で恋愛逃避だよね。ま、常に「ちやほや」されたい、とか「経済的に養われたい」とか・・・お互いが近づく以前の問題だよな。甘えだけさ。

ただな、そうなると・・・このオジサンにもチャンスがあるのかも・・・なーんて勘違いする。要は「かわいい、かわいい」で「うん、うん」って聞いてればいいんだろ?まぁ、職場でいつもやってることだよな。

ちょっとプライベートでも我慢すりゃ・・・あ〜ごめんだな。




一方で若い男のヤツ・・・同じ日の放送のインタビューでとにかく情けない。

「メアド交換して、メールこなかったら凹む」
とか
「やっぱり女子に告白して欲しい」
とか。

今、流行の「草食系」なのかもしれないけどさ、もう少し「ガツガツ」行けよ・・・って感じすんだよな。

なっさけねぇ。

と、言うことで、この時は「女子の性向」をテーマにしていたが、放送の中身としては「現代の男が情けない」みたいな感じになっていたように思う。



この時の放送と「アラフォー女」の時と・・・この二つの放送・・・大いに関係あると思うんだよな。

要はさ・・・「同世代に相手にされない草食系男が、押しの強いアラフォー女に口説かれたらイってしまう。」みたいなそんな感じじゃねぇのかな?

若い男と付き合えたり、結婚できたりするアラフォー女も今や「勝ち組」かもしれないが、若い男の方もそれを欲している・・・「バブル期にコクられることに慣れている女にコクられる」・・・そこで成立しちまうのかもね。




かく言うオレも、バブル期にはブイブイ言わせていたような印象が周囲にはあるみたいだけど、本当に好きな子にはコクれなかったよな。意外と「草食系」だったかも。

そして、年上好き・・・って現象からすると一緒かもな。リードされるのは「悪くない」と思っていたし、年上と付き合って「目線を上に上げたい」なんても思った・・・いやいや、やっぱり当時からすると「甘えたい」だったかな。



たださぁ、テレビのインタビューくらい・・・強気に答えようよ。

「グイッって年上の女・・・引き付けたい」とかさ。「年上だけに甘えさせたい」とかさ。

オレならそう言うけどな。


その経験を、オレもどうにかしたいと思っているんだけどねぇ。

今こそオジサンが立ち上がろうぜ。



「宝の持ち腐れなんじゃないの?」と思われた方、「ブログ村」ボタン↓クリックお願いいたします。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ ヘチ釣りへ
にほんブログ村
1日1回ボタンをクリック頂けると私のランキングがアップします。宜しくお願いいたします。














ASPアクセス解析

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
7日で男にモテるようになる
なぜ 世の中の恋愛テクニックでは モテる女になることができないのか? その答えがココにあった! 男を一瞬で振り向かせる モテ女の法則。 ...続きを見る
モテ女の法則
2011/07/20 09:25

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク集

朝番組ZIPを見ていて。アラフォーと二十代?恋人なんていらない?最近の男女事情。草食系の時代。 釣りと戯言とそして・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる