釣りと戯言とそして・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 今のところ「行かない理由」ができていて。来週あたりからチョイチョイ行ってみますか、春シーズン。前編。

<<   作成日時 : 2011/05/15 21:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

こんにちは。

いやはや・・・最近ブログも書いていないんだが、釣りにも「まーったく」行っていない。

忙しい・・・って言う事実もあるんだけど、それでも短時間の釣りに行けないわけではない。
それに行かないってことは・・・「行きたい」って気持ちがあまりないってことなんだけど・・・こう週末天気が良くなかったり、気温が低かったり、風が吹いたりしていると「無理して行くのも・・・どうもね。」って感じになってしまうんだな。

この間、全然竿を出していないかと言うと実はそうではない。

ゴールデンウィーク中に家族で定山渓に行く途中、少し遠回りして「朝里川経由」として小樽築港で竿を出してみた。4月30日の午前中のことだった・・・。

1ヵ月ちょっと前から小樽南堤防付近でクロガシラカレイが釣れており(オレも一度トライしたが撃沈。)、その群れがこの築港内で産卵・・・その後この港内で体力をつけて沖に出る・・・なーんてサイクルが出来上がっているかどうかは別として、東京湾のマコガレイに見立ててそうした想像をし、竿を出してみようって魂胆だった。

事実、毎年・・・この時期に築港内で「大型のクロガシラ」が釣れているって話も聞く・・・現地に行くまでは「久しぶりにまともなブログ記事書けちゃうかもね。」なんて思ったものであった。

しかし・・・小樽に近づくにつれ・・・橋の上を通ると車が煽られるほどの風に「これは釣りどころじゃありませんな」という現実に引き戻され方・・・何度と無く経験はしているがやはり同じ事を繰り返すのであった。

それでもフィッシングPAPAで一番安いイソメを買い・・・築港に入ってみたものの・・・ウインドサーフィンを港内でやるほどの風に「こりゃ、竿がなぎ倒されますな」・・・もうこういうことを思い始めた瞬間に釣れる気が全くしなくなるわけなのである。「水深の無い港内じゃ底荒れして魚も口使いやしませんな」そんなネガティブな思いしか出てこなくなる。何事にもモチベーションというのは本当に大切なものだ。

初めて出す釣り場なのでポイントも何もわかりゃしないのでとりあえず地上にあるものを山立ての印として投げてみる1本は沖堤際にもう1本は港内に入る排水の延長上に入れてみた。

1本目の竿はなぎ倒される間もなく・・・ちょっとサビいた瞬間に変な感触とともに根がかり。おそらく高いコンブ根かなにかがあるのだろう・・・ということだけがわかっただけで仕掛が無くなった。「うん、夏場になれば夜釣りソイなんかにはいいポイントかもしれませんね。」なんても思ったが、夏枯れの時期にはコンブ根が存在しようもないし、そもそも夏場の夜釣りでこんなところで竿を出すはずもないのであった。

もう1本は三投ほどしてみたが何ら抑揚のないフラットな底に「釣れるとしたら交通事故的」と勝手に決めつけ、サビいては止めるを繰り返していたが、三連チャンで釣れてきたのは「お星様」。「底荒れしようが何しようが、コイツらだけは元気なのですね。」ということを再認識しただけに留まったのであった。

それでも何か釣れないものかと「落し込みロッド」を持った。とにかく風が強いのだから落し込みなんぞもってのほかだが、「もし一匹魚が釣れてくれるとしたらヘチでしょうな。」ってことでやってみた。

築港の入口となる小堤防を2往復してみた。この堤防は何回か落としていて、何回かアイナメやガヤを釣っている。
だから・・・と思ってやってみたが、ケーソンの継ぎ目を落とした時に「ピ、ピ、ピン」と竿を揺らしたのはギスちゃんの子供かクロソイの子供には違いないけど、この日初めてのアタリに空振りした後も数度ネチネチと同じ場所を攻めてしまった。

一番少量のものを買ったつもりだったが、イソメは沢山余った。
「この風ではなかなかエサも取れなかろう」とカモメに全てやってしまった。何となく「誰かのためになった」ような気分なのであった。



定山渓に行くと風は止んでいた。

子供たちが「間が持てる」ように“ラグーン”のあるビューホテルというところに泊まったのだが、客室から見える豊平川が呼んでいた。

北海道の渓流は基本的には「禁漁」がない。時期によって釣っちゃいけない魚はいるが、全河川禁漁というのは基本的には・・・ない。

ただ、この時期、渓流の“主役”、ヤマベ・・・関東で言うヤマメは禁漁だ。
本来なら「李下に冠を正さず」よろしく、この時期に竿を出さないのが一番だ。
何せ、雪代が激しく・・・もし釣れてもヤマベが禁漁になっている理由・・・スモルトと呼ばれる2年もののヤマベが雪代に乗って海降するときにエサを食ってくる確率が高いからだ。


しかし、やってしまった。
もしヤマベが釣れれば「リリースすればいいさ。」と思って・・・。

ただ、そんな心配は無用だった。
淵を流そうが、「まだ早かろう」と思って瀬を流そうが・・・エサもイクラ、イタドリムシ、ヤナギムシ・・・いろいろと変えてはみたが一度としてアタリは無かった。

煙が上がり、いかにも温泉が落ちているような流れもモチベーションが高ければ「活性があるはず」と思ってネチネチ流すのであろうが「硫黄なんか入っていて魚いないんじゃ」なんて思って流さなかった。返す返すもモチベーションは重要だ。

翌朝、小雨降る中、もう一度竿の入ったリュックを背負って部屋を出たが・・・「どうせ釣れないんでしょうね。」と、実家に送る山菜を取って帰ってきたのであった。




・・・ということで・・・打ちひしがれたワケなのである。
こういうことになるとどうも次の三連休もその週末も今週末も行けずにいる。

なんだかんだ理由をつけて・・・。


ただ、このままではいけないと思い、来週にはスタートする所存。

本来ここからが「本題」なのだが、長くなったので次回に・・・。


それにしてもしばらくブログ書かなかったら・・・筆進まないなぁ。


「そんな中、ちゃんと次回書くのか?」と思われた方、「ブログ村」ボタン↓クリックお願いいたします。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ ヘチ釣りへ
にほんブログ村
1日1回ボタンをクリック頂けると私のランキングがアップします。宜しくお願いいたします。




ASPアクセス解析

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク集

今のところ「行かない理由」ができていて。来週あたりからチョイチョイ行ってみますか、春シーズン。前編。 釣りと戯言とそして・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる