釣りと戯言とそして・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 小樽南堤防にいざ出陣!と行きたかったところだが。いつやってくるの?札幌の春、ってことでインドアF。

<<   作成日時 : 2011/03/05 23:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

こんにちは。

実は今日を「春シーズン開幕日」としたいと思っていた。

そんなに前からそう思っていたわけではなくて先週末かなり雪が融けて・・・もうそろそろこの軟弱なオレも「アウトドア」しないといけいかなぁ・・・と思っていた。

そしてその「開幕」なんだが・・・やはり“小樽南堤防”ということにしたかった。一応外に出て釣りができる気温になってきたしな。それに雪が融けてくれないとあの駐車場に入っていくのが怖い。

そう・・・とても心待ちにしていたんだな。
しかし・・・、昨日、一昨日で「大雪」。オレんちの前でさえ、
画像

こんな状況。
ましてや小樽は・・・って感じなのである。

それに昨日余市に営業に行った同僚が見事に事故っている。ケガがなくて良かったのではあるが・・・とにかく路面状況もあまり良くないらしいのである。

そういう状況を考えると・・・もうオレの心は折れていたのである。昨日の昼前には「飲みに行けば確実に午前様」という取引先との飲み会を夕方から入れていたのであった。典型的な「困難に立ち向かわない」人間なのである。

そして、琴似のスナックで零時過ぎまで飲んでいた。案の定ってヤツである。

今朝、寝坊して目覚めると外はいい天気だった。「あ〜昨日ちゃんと家に帰って・・・今朝行けば良かった」とまぁ・・・こんな風になるのである。典型的な「反省がない」人間なのである。

ちょっとだけ魚信を感じたかった・・・。午後は予定があったから、今から海に行くのは無理・・・だ。
気がついてみると小動物(長男)と二人きりだった。親方(長女)が小学校の卒業で・・・何かとイベントが多いらしく女連中は不在であった。

そんな時間を過ごしていると小動物がなかなか良いことを言った「どこか行きたいな〜、釣堀とか」。いつもはウザく聞こえる「どこか行きたいなぁ〜」攻撃もこの日は天の声に聞こえた。

「行くか!」・・・考えもつかなかったことを子供から言われる。こういうのを「負うた子に瀬を教えられ」と言うのか?きっとそういう意味ではないんだろうけど、まぁいい。とにかくオレはその言葉に「負われる」いや「乗っかる」こととした。典型的な「享楽に走り勝ち」な人間なのである。

行った先はこの冬何度か行っている苗穂の「釣り堀太郎」。恐らく札幌にある唯一の室内釣堀である。
画像

「親子ペア券」買って、1時間遊ばせてもらうことにした。
小学生以下の子供と親で1時間1300円。12月まではこれに一人あたり300円の入場料があったが廃止?された。平均的な釣り堀の値段になったって感じかな?
画像

このプールの中に多くのコイが泳いでいる。
コイ以外にも色鯉、ナマズ、金魚、ウグイ、雷魚なんかがいてこれらを釣ると帰りに「福引」を多くやらせてもらえてポイント券がもらえる。

画像

小動物はもう何回か経験しているため、自分で竿を整え、ネリエサを丸めて釣っていた。たまに糸が竿に巻きついたり、糸を絡ませたりしたときに助ける以外は「勝手に」やっている。だいぶ「合わせ」も上手くなってきた。うれしいことだね。

もう一つ助けることがあるとすれば
画像

こうしてコイが掛かったとき・・・竿の長さよりも仕掛けが長くなっているせいもあって・・・それでなくてもチビな小動物が魚を掛けると手伝ってやらざるを得ない。タモ入れは勿論のことだが、竿を立てることもしてやらないといけない。

結局小動物が6匹、オレが4匹のコイを1時間で釣った。
小動物はコイ以外の魚が釣れなかったことに「不満」だったようだが、オレよりも釣ったことでその部分は「ご満悦」だった。「今日もパパより釣ったよね。」「あぁ、すごいなオマエ。」親馬鹿にならざるを得ない。

そしてオレもまたコイの魚信を数度味わって「満足」なのである。
そう・・・手に持つエサを食べにくるようなコイをハリに掛けるなんて「釣りじゃない」。そう言われる方は多いと思う。
オレもそう思う。個人宅の庭に造られた池の錦鯉にハリをかけるのに何ら変わりないと思う。

しかし・・・1時間に4匹しか釣れない。毎回アタリがあるのに何故か釣れない。室内釣堀だからな、「楽しめればヨシ」としなければならないのに「どうしたら釣れるのか」を考えるオレがいたりする。そしてその一つの(仮想としての)答えも出来上がったりする。バカだよね。

更に言うとコイの強い魚信はそれだけで満足なのである。
今やシーズン中でもこの釣り堀に来てしまいそうな勢いなんだな。

釣り名人たちも、「どーしても魚の顔を拝みたい」と思うことがあれば、この釣堀に行ってみたらいいんじゃないかな。ちょっとそんな風に思った。

「オマエみたいに“享楽主義”しないからな。」と思われた方、「ブログ村」ボタン↓クリックお願いいたします。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ ヘチ釣りへ
にほんブログ村
1日1回ボタンをクリック頂けると私のランキングがアップします。宜しくお願いいたします。





ASPアクセス解析

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク集

小樽南堤防にいざ出陣!と行きたかったところだが。いつやってくるの?札幌の春、ってことでインドアF。 釣りと戯言とそして・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる