釣りと戯言とそして・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 開幕を前にして?北海道では売っていない釣具を東京出張ついでに買ってきました。労働組合のオルグ。

<<   作成日時 : 2011/02/28 07:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

こんにちは。

先週末、木曜日〜土曜日にかけて出張に行ってきた。
東京で良い話があって・・・その仕事をしに行っていた。

北海道にいながら東京の仕事をする。
こういう「テリトリー侵害」的な仕事はあまり好きではないし、もう少し煮詰まれば東京の担当者にバトンタッチしようと思うのだが、現時点では「人的関係」においてオレがシャシャリ出るのがベストと考えたのであった。まぁ、自らのセクションじゃなかったとしても売上が上がるならいいと言うのがオレの考え。

しかし、最終的に数字になるかどうかわからない。しかもなったとしても自らのセクションの売上に立たない。こういうものに関して上司はなかなか交通費を出してはくれない。しかも、年度末に来ていて交通費は逼迫しているという事実もある。

こうした時「朗報」が入ってきた。労働組合のオルグが東京で開かれるというのだ。そして札幌からも誰か行かないといけないということになった。「渡りに舟」なのである。組合の金で東京に出張できるワケだ。

オレはすぐに「オレが行く」と宣言した。

しかし・・・これまでのオレの所業がそれさえもストップをかけた。
オレは札幌で行なわれる「オルグ」にさえ・・・参加したことがないからだ。

オレが宮仕えする会社は「ユニオン・ショップ制」と言うのか?「社員=労働組合員」ということになっていて、一定の役職になるまではみーんな組合員ということになっている。

オレもまがいなりにもマルクスの資本論を通読しているし、「労働価値」というものについて言えば崇高なるものくらいに考えているのは事実。そしてやや歪曲しているように思えるがかつての国鉄における「国労・動労」についても、その時代の「役割」をきちんと担っていたとも理解している。

だから労働組合というものに関して、入口からアレルギーがあったわけではない。

しかし、金融機関における労働組合なんぞ・・・「骨抜き」との思いが入社当時からあったのも事実。要は「御用組合」との思いがあったんだな。そんなもの「経営の代弁」でしかないと。ユニオン・ショップ制というものが敷かれている時点で・・・「こりゃ、いかんな」と思ったのさ。オレの思い描く「労働組合」とは趣旨が違う・・・とね、そう思ってしまった。しかも一つしかない。そんなイデオロギーはあり得ないよね。

そして・・・それは・・・「見れば見るほど」「知れば知るほど」だった。

オレは小学校におけるPTAのごとく・・・持ち回りで労働組合の委員にされたことがあった。「職場代表」って言うようなものさ。みんな忙しいから「やりたくない」ってことでそのセクションの若手であり、長くそこにいたからいたし方なしだったんだな。

オレが委員やっていた時、日本の景気は低迷していた。今もそのまま引きづっているけどな。オレの宮仕えする会社でも・・・経営からかなり厳しい回答が出た年だった。ベア0をはじめとする処遇は勿論だが、早期退職など「肩たたき」系も議論されていた年だった。

オレはその全てが「致し方ない」と思っていた。しかし、それをナニゴトも起きていないかのごとく話すヤツらに敵意さえも持った。そんなもの茶番でもいいから「やれよ」と思った。

オレの宮仕えする会社では・・・組合活動を強めたヤツらは・・・「同期で二番目の成績がつく」ということになっていた。もしかすると今でもそうなのかもしれない。そして・・・それだけを狙うかのごとくの「つっかえねぇ」ヤツらが組合の“専従”となっていた。

オレは春闘の時期に言ってみた。「会社のリストラは当然と思う。中小企業はもうそれを実行して久しい。しかし、これまでの年功序列制、そして終身雇用制という日本的ファミリー経営で社員のロイヤリティーが保たれていたのも事実じゃないのかな。そうした定性面を闘わない労働組合の専従もまたリストラされるべき。そして処遇に問題を持つなら、そうした専従の給与が組合費から出ていることに疑問を持たざるを得ない。そしてズルズルのオルグ後の“懇親会”という名の飲み会にも疑問を持たざるをえない。組合費をどれだけ下げるかを組合員に示した方がいい。」

春闘の意見というのは「日めくり」で組合員たる社員にチラシとして配られていた。ただ、オレの意見は一切載らなかった。そして、何にも起こりえなかった。ま、そんなもんだと思った。明らかに「経営より遅れている」というのがこの時オレが組合に改めて確認したことであった。以来、オレの中でオレの宮仕えする会社で真摯に組合活動するヤツは“ホンマもののアホ”と“ちんこ野郎”との認識を強めたのであった。

その後のことについては個人的なことなのであまり言いたくないが、オレが「鬱」になった時に・・・組合は何にもしてくれなかったな。全然期待していなかったぜ。だけど、たいそうオレを気にしてくれて、かつ純粋に組合活動を真面目にやっていたヤツが「組合に相談してみてください」と言ったから行ってみたんだよな。でも・・・その長は、オレのそれまでの所業なんて知っていたかどうかは別としてコピーかなにか取りながら「個別のことで協力なんてできないんですよねー」と言っていた。オレはにっこり笑って、「そーですよねー」と言ってみた気がする。ま、そんなもんかとは思ったが、組合の専従のアホさ加減を露呈した瞬間でもあって・・・オレなりには「納得感」があったよね。

だからオレの身近にも「組合活動が忙しい」なんて言うヤツがいるが・・・本当のところ・・・どーなんかなぁと思うんだよな。



前置きが長くなったが、そんなことで「我が生活と処遇を守る」労働組合を『まーったく信じられない』ヤツが組合の全国オルグに行ったところで・・・宜しくないに決まっている。

上司から「何も言うなよ」という条件の下、行くことになった。会議で何ら意見できないのは不本意ではあったけど、大切な仕事があるから・・・『行きたい。』



仕事はちゃんとした。交通費を組合に出してもらっているから、宿泊費くらい世話にならないようにと思って実家を宿泊場所にした。その結果「仕事場所」までは京浜東北線→横浜線→八高線という約2時間の行程となったけどな。久しぶりに両親の顔も見れたし、実家に宿泊は・・・それはそれでヨシだった。

そして・・・組合のオルグには交通費を出してもらうために参加しないわけにいかないので、致し方なく参加した。午後6時〜なのに5時前に・・・オルグの開かれる本社のJRの最寄駅である「神田駅」には着いていた。


本社に行くまでの間に「釣具の上州屋」がある。

本社に行くときにはいつもこの前を通るのであるが・・・「何か買うものがあるのでは・・・」と思いながらも通過してしまうことが多い。この日は時間に余裕があったのでそれが何かを思い出すことができた。

それは・・・「落し込みライン」なのである。

そう・・・残念ながら北海道の釣具屋にはこの「落し込みライン」は売っていない。「落し込み」をする人がほとんどいないから当然と言えば当然なんだけどな。

オレはだいたい1シーズンに1回の割合でラインを変える。釣りに行くと毎度「落し込み」をするわけでもないからそれで十分だし、だいたい1巻100mであるから痛み易いハリスに近い側を切って使っていると最後は半分くらいの長さになってしまうけれど・・・その長さがあれば前打ち気味に攻めることがあっても何とかなるのである。

北海道に来てからはネットなどで買うことが多かった・・・特にヤフオクで買うことが多かったが、新品ではあるものの古い在庫品のようなものが多く、今ひとつしっくりきていないものもあった。安いもの買うからだよな・・・。

そう・・・安いものを買っても送料なんかを考えると「普通のお値段」になっちまうんだよな。だから東京に行った時は購入のチャンスなのである。

いつも使っている「リョービ・メタロイヤル・ヘチ」にはシーズン終了後に巻いた糸があるから、サブとして使ったり、大物狙いのときに使っている径の太いKooブランドのワイルドスターっていうリールに巻くつもりで購入した。

オレが買う落し込みラインは決まって3号。
北海道での主な落し込みターゲットは根モノになる。それだけタイトな釣りになるし・・・「こんなところで?」というところで50オーバーのアイナメが出たり、40近いソイが出たり・・・時には50オーバーのカジカが釣れちゃったりするから「太い」に越したことはないのである。そして釣具屋で売っている一番太い落し込みラインは3号だからそれを購入している。

ハリスは大物に備えて5号を使うこともあるし・・・現実(きっと痛んでいたのだろうが)、道糸を切られたこともあるから本当はもっと太い落し込みラインがあったら・・・なんて思うし、滑りの良くなるようなスプレーを用いれば磯用の太いラインを使ってもいいかな・・・なんても思うのだけど、今のところ「落し込み専用」の3号ラインを購入している。

「落し込み専用PEライン」っていうのがある。オレの考えでは「アタリを取る」って観点からすると落し込みにPEは必要ないと思っているのだが、「強度」という点においては「使えるかな・・・」と思ったりもしている。あとは価格がもう少し安ければいいんだけどな。

画像


落し込みラインと一緒に、「チョイ投げ用」の吹流し仕掛けも購入してしまった。この吹流し仕掛けも北海道ではあまり販売されていない。自分で作りゃいいんだけどな・・・最近どうも時間が無くてサボっちまっている。

さて・・・そろそろ小樽の南堤防にクロガシラカレイが押し寄せる頃・・・ライン巻き直してこの週末にでも行ってみようかな・・・。

「で、組合のオルグは?」と思われた方、「ブログ村」ボタン↓クリックお願いいたします。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ ヘチ釣りへ
にほんブログ村
1日1回ボタンをクリック頂けると私のランキングがアップします。宜しくお願いいたします。
















ASPアクセス解析

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
南防波堤の落とし込みのシーズン入りですね。今年こそクロが岸寄りしてくれるといいのですが。
ボナ
2011/02/28 15:36
ボナさん、こんにちは。
そうですね。去年、一昨年ともあまり芳しくなかったような気がいたします。知らないうちに堤防を通過していて築港の中に群れが入ってしまっている感じでした。
今年は迎撃できれば・・・と思います。
神戸MPV
2011/03/01 06:13
私も首周辺が痛くて、女性同士で安心感のある女医さんのいる●田整形外科さんに行こうと思っているのですが、男性医師や男性看護士はいますか? 急な質問ですが宜しくお願いします♪
はじめまして
2011/03/02 17:09
はじめましてさん、こんにちは。
以前書いた阿呆ブログへのコメントですね。
あちらの整形外科は全て女性スタッフであったと記憶しております。
神戸MPV
2011/03/02 20:03

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク集

開幕を前にして?北海道では売っていない釣具を東京出張ついでに買ってきました。労働組合のオルグ。 釣りと戯言とそして・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる