釣りと戯言とそして・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 正月期間の釣りで思い出すこと。時効?やっちゃいけないんだけど毎日やっていた。冬場の池って・・・。

<<   作成日時 : 2011/01/02 12:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

こんにちは。

暇だ。マジで暇だ。正直なところ完全に持て余しているぞ。これでいいのか?ってくらい暇だ。

怠惰なくせして・・・この「なーんにもすることがない」みたいな時間がダメなんだよな。

本当はガキでも連れてどっかに行けばいいんだろうが・・・どいつもこいつも風邪をひいており、それもままならない。

そんな状況だからオレだけが「行ってきまーす」なんて言うわけにもいかない。一応そういうことも気にしておかないと、ペットボトルに作ってある「うがい薬」に異物が混入され、知らず知らずのうちに身体が弱っていく・・・みたいなことになりかねないのである。

だから・・・こうしてブログでも書くしかない。でも動いていないとネタもない。どうしたものか。

こんなときは思い出話しかない。過去の釣りノートをひっくり返して正月期間の釣りでも見てみるか・・・。

***************************************************************
ガキの頃も・・・オレは正月っていうのが好きじゃなかった。
元旦、2日くらいまでは旅行に行っていることが多く・・・それはそれで嬉しかったのであるが、帰ってくると本当に何もすることがなかった。

うん・・・冬休みっていうのは本当に持て余していた。
近所の公園に釣りに行っても・・・水温が落ちていて「釣れっこない」と思っていたから・・・行きもしなかった。

しかし、ある年どうにも時間を持て余していたので「池でも見てくるか」ってことでその公園に行ってみた。

その公園の入口の橋の上から何気なく池を覗いていた。水は濁っていた。まぁ、いつものことだったが・・・。
その一部が何となく「赤」や「黒」に写っていた。まさか・・・魚か?いやいや魚がいないかと思って水面を見ていたからそう映っただけ・・・。

でも・・・何となく赤い影が動いているような・・・。その時のノートには「間違いなく魚。コイと金魚の群れ。明日釣ってみる。」と書いてある。

翌日1月4日・・・オレはその岸壁で竿を出した。
ヘラ竿の4mクラスにヘラウキ。ハリは二本針にして片側にはスイミーという配合エサ、もう一方はグルテンを使ったことになっている。

この日も水面は何となく赤や黒に映っていた。コイを狙うのは底釣りが基本であるが、ウキ下はカツツケ(宙層)気味にしてみた。魚なら・・・すぐに食ってきても良いはずだ。

しかし・・・何投かしてもアタリは無かった。1時間ほどウキに変化がなかった・・・ことになっている。

そこでオレは「セオリー通り」、ウキ下を底にした・・・その途端・・・「入れ食い」になった・・・となっている。

これで完全に「冬休みの遊び場」が出来上がったわけである。

それからというもの・・・毎年、この釣り場で遊んでいた。
この公園には春夏秋冬お世話になっていたんだけど、実はこの正月時期の釣りが一番良く釣れた。
ちょっと欲張って11月とか2月なんかにもやってみたが・・・やはり正月期間が一番釣れた。

なぜなんだろう・・・。
ひとつやはり・・・魚がその場所に溜まっていたんだろうな。

その場所は池の他の場所よりも水深があった・・・そしてちょうどボート乗り場があったのでボートが係留してあったり、桟橋があったり・・・水温が安定していたんだろう。

そしてその場所は池のバックウォーターになっていた。ゆったりではあったが池自体にも流れがあって・・・それが集中するのがその場所だった。だからエサも豊富だったんだろう。

コイや金魚ばかりじゃなかった。クチボソやモエビなんかもこの場所に溜まっていた。
豊島園遊園地のプールが冬場ニジマスの釣堀になっていた頃、ここに行ってエサとするモエビやクチボソを掬ってから行ったものだった。

また、誰かが逃がしたと思われるような魚・・・オイカワ、ウグイ、カワムツ・・・なんて魚も掛かってきた。そういう広い池に何匹もいない魚も暖やエサを求めてこの場所に集まってきていたんだろうな。

もうひとつの理由は東京の正月期間っていうのは意外と「穏やかな日」が多いような気がする。今年の札幌は本当に「いいお正月」なんだけど(全国的には凄いことになってるみたいだね。)、こんな感じの日が続いていたような気がする。

そんなだから・・・一日のうちで水温が上がり・・・活性が高まる時間があったんだろうね。確かに当時のノートを見ると午後釣りに行っているときがよく釣れているみたいだね。

よく川のタナゴを釣る季節は「冬」ってことになっている。
しかし、タナゴという魚の活性は春とか秋の方が高いような気がする。それなのに冬が釣りシーズンってどういうことなんだろうか・・・。

どうやらタナゴって魚は寒くなると一定の場所に群れを作るらしい。たぶん暖かい場所を求めて群れるんだろうな。そしてそういう場所を見つけると・・・そして一日のうちで水温が上がる時間を狙うと次々とタナゴが釣れる・・・んじゃないかと思う。

そういうことがわかったのは随分後のことであり、当時「週刊釣りニュース」で「姫宮落しでタナゴ」なんて記事を見ると東武伊勢崎線に乗ってわざわざ1時間半もかけて釣り場に行き・・・ボーズを食らっていた覚えがある。なぜ釣れないのかが理解できなかった・・・んだよな。

そう、そういうことがわかったのは・・・この公園で正月時期になぜコイが釣れるのか・・・がわかってからなんだよね。



ここまで当たり前のように「公園」って書いてきたけど実は「釣り禁止」だったんだよね。当時結構多くの人が釣りしていたし、ボート池と呼ばれていたところは半ば黙認状態だったけど・・・「釣り禁止」だった。

今から15年くらい前・・・いや、もうちょっと前かな・・・冬場に池の水を抜いて改修工事が行なわれた。池の南側・・・そしてこのボート乗り場周辺も一部土が入れられ浅瀬を作り、そこに水生植物が植えられた。
「水と土」が触れる場所が多くなるっていうのは水辺に生きる生物にとっては凄く良いことだし、水生植物を植えることによって水の浄化にも繋がる。

一方で?その岸壁ができあがったことによって確実に釣りはしにくくなったよね。数年前に10年ぶりくらいでその地を訪ねたときは「ちびっ子釣り場」という子供専用の釣り場以外で竿を出している人をほとんど見かけなかったな。

ただノスタルジックな気分にはなった。ちょっと竿を出してみたいような衝動にも駆られた・・・勿論、やっていないけどね。


冬場の釣りは難しい。特に淡水の釣りは難しい。水温が低いから活性も低い。
でも魚が「溜まる場所」っていうのを発見し、その場の活性が上がれば・・・思わぬ大釣りとなることもある。
寒ブナや寒バヤ(ウグイ)でも同じような経験がある。

さすがに・・・札幌ではこの時期やろうとは思わないけどな。

「氷張ってるところもあるしね。」と思われた方、「ブログ村」ボタン↓クリックお願いいたします。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ ヘチ釣りへ
にほんブログ村
1日1回ボタンをクリック頂けると私のランキングがアップします。宜しくお願いいたします。







ASPアクセス解析

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
神戸さん、明けましておめでとうございます。久しぶりです。小樽に週に2回通勤するようになって段々と慣れてきましたので、今年は、小樽の埠頭でヘチ釣りの練習をしてみようと思っています。
ボナ
2011/01/03 18:03
ボナさん、あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願いいたします。
小樽のヘチ開幕はやはり「クロガシラ」の時期ですね。ちょっと寒いですが・・・。思わぬ大型魚もいますのでなかなかあなどれないですよ。是非楽しんでみてください。今年はお会いできるといいですね。
神戸MPV
2011/01/04 06:02

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク集

正月期間の釣りで思い出すこと。時効?やっちゃいけないんだけど毎日やっていた。冬場の池って・・・。 釣りと戯言とそして・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる