釣りと戯言とそして・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS クリスマス。いつからこんな日本になっちまったのか。せいなる夜は、聖か性か。クリスマスの過ごし方。

<<   作成日時 : 2010/12/15 07:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

こんにちは。

師走・・・っていうけど・・・まぁ、忙しい。

オレは昨年度会社がかわって・・・自ら手を挙げて「出向」してみたのだけれど・・・それはそれまでいた会社より「明らかに暇だ」と思ったフシもあるんだな。

しかし・・・出向してみたらどうだ・・・元々子会社だったはずなのに・・・いつの間にかホールディングカンパニーにぶら下がる形で同列となり・・・いや、それは形式上で「精神的には」子会社でいられると思ったのに・・・なぜかグループで「力を入れるべき部門」となり・・・精神的「親会社」という元いた会社におんぶにだっこなのはその通りだが、そのメンバーにお世話になり迷惑をかけている関係上・・・「やっぱりやらないとな」って気分になる。
そして・・・なまじっか・・・その精神的親会社の業務が「痛いほどわかる」がゆえに、いいか悪いかは別として「そっちの仕事も手伝う」ようになれば、「暇になる」と思って出向したのに実は精神的親会社にいた時よりも更に忙しいなんてことがある。

「おっかしいなー、こんなハズじゃなかったのに・・・」なんて愚痴ってみたくもなったりするのである。
すまんないきなり愚痴で。

そんな多忙の中・・・街の風景なんぞもあまり良く見れていなかったのではあるが・・・例年通り、街は「クリスマスで溢れかえっている」時期である。

オレが10月の終わりに実家に帰ったとき・・・羽田空港の出発ロビーにはすでに大きなクリスマスツリーが飾られていたから・・・二ヶ月近く前にすでに日本は「クリスマス」となっていたのだろう。

これは年々早くなっているような気がするのである。
長い不景気の中・・・個人消費も「低値安定」となっているからこそ・・・こうした「誰しもが認知している」イベントの時に「乗っかってしまおう」というのはよくわかる。現にオレも学生の頃、そんな心理を利用して商売させてもらった覚えもある。

まぁ、日本人は「祭好き」なんだな。クリスマスもまた・・・日本人にとっては祭りのひとつなんじゃないかな。

日本古来の祭りは四季折々の「恵み」に感謝するものであり、神を奉るときであったと同時に人々が・・・特に日本人と言うジミィな農耕民族が・・・『非日常』としておおらかに楽しんだのが「祭り」であったみたいだ。

日本に限らない話らしいが・・・「祭りの夜に夜這いをする」というのは・・・当たり前のことであったらしい。
かつてはセックスに関しても「奥ゆかしい」日本人が、おおらかに振舞えるのはやはり「祭りの夜」だったようなのである。

そしてクリスマスもまた・・・「祭り」であるがゆえに・・・。
今や「聖なる夜」なのか「性なる夜」になっちまったような気がするわけである。

でも、いつからこんなになっちまったのかなぁ・・・という感じがする。

昨日か一昨日のズームインスーパーの7時半くらいはそんな話題だった。無論、朝っぱらから「クリスマスはいつからセックスする日になったんだ・・・」なんてタイトルじゃなく「いつから恋人と過ごす日になったんだ・・・」という感じの話だったけどな。

まず、キリスト教の国においてのクリスマスはまさにイエス・キリスト生誕の日であり・・・「聖なる日」なのであり、宗教と神が関わっている以上、家族と楽しくかつ厳粛に過ごす日であるようだ。

そしてかつての日本もまた・・・そう、オレがガキの頃なんかは・・・「お父さんがケーキをぶら下げて・・・山高帽に鼻眼鏡・・・」なんて姿で家路につく・・・山高帽に鼻眼鏡ってのは少しデフォルメされているが、滅多に食べられないホールケーキを誕生日以外で食べられる日・・・ってな感じの日だったような気がするのである。そして普段は焼き魚とか野菜の煮っ転がしなんかがならんでいる食卓に“ロースト・チキン”なんぞが出てきちまう日という印象がある。もう・・・その日は雰囲気だけで嬉しかったな。そして25日の朝には・・・サンタさんからのプレゼントがクリスマスツリーの下に置かれていた。この日ばかりはオレも「いい子でいなきゃ」なんて思ったものだ。

こんな家族で過ごすべき日が・・・いつから「若者がセックスする日」となっちまったか・・・と言うとそれは「バブル期」が転換期?だったらしい。まぁ、ちょうどオレがまさに「若者」だった日だよな。1985年くらいから・・・そんな風潮になり・・・それを定着化?したのはJRのコマーシャル・・・深津絵里が駅で恋人を待ち、山下達郎の「クリスマスイブ」が流れるあの有名なコマーシャルがそうしちまったらしい。

サンタの代わりに子供に渡すプレゼント・・・というのがクリスマス商戦の中心・・・それは今でもそうなんだろうが、そこに「好きな女にプレゼントする日・・・」というのが加わるとその値段も一気に高騰化する。ヴィトン、プラダ、コーチ、エルメス・・・これらの高級ブランド品をプレゼントとするのが「デキる男」では決してないのであろうが・・・そんな風潮を作ったのもバブル期のなせる業だったのであろう。それは若者はがりでなく・・・家族持ちの男もちょっと優しくされた“クラブの女”に好かれよう・・・いや「アイツはオレに気があるんだ」と勘違いして高級ブランド品をプレゼントをしていた・・・というところなんだと思う。そうした女は数人の男に同じものを「おねだり」し、1つを除いては質入して現金化し・・・プレゼントをもらった誰とデートしても残った1つを持ち歩き・・・「コイツ、オレのプレゼントしたバッグ持ってくれている」なんて思わせているとも知らずに・・・。

いずれにしても男の「一発ヤりたいパワー」が未だクリスマス商戦の一部を担っているんだろうな。
そして・・・シティホテルもラブホも・・・満室になる日・・・それがクリスマス・イブなんだろう。

そのバブル期にまさに「若者」であったオレは・・・クリスマスに彼女にプレゼントを渡せたって経験があまり無かったりする・・・なぜか・・・直前に別れた・・・なんてことばかりだった。プレゼントだけが手元に残ったなんてことが二度ばかりあったな・・・。

だから・・・未だにこの季節・・・若い男と女が一緒にデパートで・・・宝飾品なんぞを覗いている姿を見ると「ケッ、羨ましいじゃねぇかよ」なんて思うのである。

さて・・・今年のクリスマス・イブは「営業協力」で買ったケーキが夕方会社に届いてしまう・・・車検に出す車を会社に乗って行ってるから・・・それを乗って帰るために飲まずに帰らないといけない。そういや・・・子供へのプレゼント・・・まだ買ってないな。仮面ライダー・オーズのグッズは・・・品切れになっていないだろうか・・・。

今年のクリスマス・イブ・・・我が家においては年に一度・・・オレが飲まずに帰る日になりそうだな。

「結局、女と過ごせるヤツがうらやましいんじゃないのか!」と思われた方、「ブログ村」ボタン↓クリックお願いいたします。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ ヘチ釣りへ
にほんブログ村
1日1回ボタンをクリック頂けると私のランキングがアップします。宜しくお願いいたします。






ASPアクセス解析

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
仮面ライダーオーズ
仮面ライダーオーズの変身ベルト、オーメダルが収納できるアタッシュケース!クリスマスプレゼントはコレで決まり! ...続きを見る
仮面ライダーオーズ
2010/12/15 10:48

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク集

クリスマス。いつからこんな日本になっちまったのか。せいなる夜は、聖か性か。クリスマスの過ごし方。 釣りと戯言とそして・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる