釣りと戯言とそして・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS ありません?こういうこと。思っていたのに違ってがっかりすること。今やどうでもいいことなんだけどな。

<<   作成日時 : 2010/11/03 18:54   >>

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

こんにちは。

オレは基本的には食べ物に関して「好き嫌い」はない。
「好んでは食べない・・・」というものはいくつもあるけど、食べられないってわけじゃない。

「好き嫌い」って言葉は面白くて・・・要は強調されるべきは「嫌い」なんだよな。「好き嫌いがない」と言うと嫌いなものがない反面、好きなものもないかと言うとそうではない。いちいち並べないがオレにも「好きな食べ物」はある。

人間に関しても・・・あまり「好き嫌い」はない。いや、寧ろ「食べず嫌い」はない・・・と言う方が正しいのかな。
第一印象って言うのは極めて大切だと思うのだが、それが悪かったからと言って「シャットアウト」するのは、過去オレ自身が「人を見る目」がないことが多々あることから「食べず嫌いは良くない」と思っている。

よくいるだろ?人の一面だけを見て「即断」するヤツ。そしてその相手の「価値観」さえも否定し始めるヤツ。オマエがどんだけのもんなんだ・・・と思うんだよね。まぁ、それはそれでその人なりの生き方なんだからしょうがないけどさ。人なんて「いいところ」もあれば「悪いところ」もあるんだから・・・というのがオレの考え方。後はそれらを見て受け容れられるかどうか・・・だと思うんだよね。まぁ、それさえも受け容れ側の「度量」ってもんが量られるんだろうけどな。

食べ物のことに話を戻すと、実はガキの頃は結構「好き嫌い」が多く、特に生野菜は本当に嫌いであった。

そういう意味では当時の学校給食というのは素晴らしいものがあると思っている。どんなものが出ても先生から「残さず食べなさい。」と言われたものだ。

現代・・・ガキどもの給食のこんだてなんぞを見ると本当に美味しそうだよな。「ビビンバ丼」なんてあって・・・オレの昼食・・・最近はコンビニおにぎりかパンが中心・・・よりもずっと豪勢な感じがする。それに「アレルギー」の問題なんぞもあるからだろうが「無理に食べろ」とは言わないみたいだ。

それに引き換えオレのガキの頃は・・・・無論「栄養」というものを考えてのことなのだろうが、ちょっとこれは・・・みたいなものもあった。一番印象に強いのは「おでんに食パン」・・・「豚汁にロールパン」ってのもあったな。あの苦行のおかげで味さえついていればなんでもパンのおかずにできるようになった気がする。

そして生野菜も時々出た。いかにも「サラダオイルと塩こしょう」ってなドレッシングがかかっていたり・・・「センキャベツ」の時はキューピーのマヨネーズの袋がついていたり・・・もう、とっても苦手だったんだけど・・・「残さず食べなさい。」・・・でもそのおかげで生野菜を食べれるようになったという事実もあるんだよな。
更に・・・上記のようなこんだてだから・・・ものを食べて「まずい」と思ったりすることがほとんどなくなった。それはそれで素晴らしいことなんじゃないか・・・と思う。

そんなオレでもモノを食べてがっかりすることがある。

ほとんど朝食を摂らないオレだが、家にいるときは極度の二日酔いの日を除いては朝食を摂ることが多い。
先日の朝食はトマトスープであった。中には野菜、マカロニ・・・そしてベーコンの塊をサイコロ状に切ったものが入っていた。

オレは一口食べてみた。無論トマト味なわけだが、その中のベーコンの塊にとても期待していた。
ガキの頃は「肉好き」で・・・こういう「塊」状の肉は今でも“興奮”するのである。無論一口目のスプーンの中には「ベーコンの塊」が入っていた。

しかし、食べてみると・・・どうも食感が肉ではないのである。弾力のある歯ごたえのあと塩味が口いっぱいに広がると思い込んでいたものがサクッと歯の間で潰れたのである。「なんじゃ、こりゃ」と思うと同時に極度のがっかり感がオレを襲ったのであった。

オレがそのものを質問する前にヨメが口を開いた。食べ物について全く文句を言わないオレがよほど「変な表情」をしていたものと思われる。「そのサイコロに切ったの・・・赤いジャガイモだよ。」

いや、それならそれで・・・いいんだ。ベーコンの塊なんぞを入れたらそこから塩分が沢山出るからあまり身体に良くない。脂肪分だって多い。ダイエットを継続している身からしてもジャガイモである方がいいと思うんだよな。

でも、それを「ジャガイモ」と思って食べるのと「ベーコンじゃないか」と思って食べるのには大きな差がある。期待感があっただけに・・・なのである。

同じようなことは他にもいくつかある。

安い食堂でカレーライスを食べてた時のこと・・・やはり肉の塊と思って・・・最後の一口として残しておいたものが実は「溶けきっていなかったルーの塊」だった・・・これこそ究極のがっかり、なのである。とっても期待して「最後の最後に」と思って残しておいて口に放り込んだものが・・・最悪のものであった時・・・本当にやるせない気分になるわけなのである。

これは幼児体験から来るものなのであるが・・・ガキの頃市販の弁当を食べて「絶対にイカリング」と思っていたものが「オニオンリングだった」こと・・・たったそれだけのことなのに「なんちゅう貧乏臭い弁当なんだ」なんて思ったものだ。今ではアメリカンスタイルの店でビールを飲む時「オニオンリング」があれば必ずと言って良いほど取るし・・・弁当に「そういった物体」が入っていたらどっちでもいいような心構え?をしている。


見た目って大切だよな。オレも営業してる以上、気を遣うべきは気を遣う。そして冒頭言ったように第一印象で即断する人間がいる以上、こちらがいくらアプローチをかけようとも相手が受け容れないようであれば、関係はそこで遮断されちまうわけだ。理由はなんであっても、営業上、人間関係上・・・そこでオレの「負け」なのである。

ただ、一方でそれは身の丈にあったものにはしておかないといけないんだろうな。何事も一定の「かまし」は必要なんだろうけど相手に期待させておいて・・・中身無し・・・じゃ、それはそれで失礼な話だもんな。

受け手としては、やはり「イカ」だろうが「オニオン」だろうが受け容れられる度量を持つ一方で「肉」と思っていても「ルーの塊」であることもある警戒心を持って接さないといけないんだろうね。そういう意味で真に「心開く」というのは難しいことだと本当に思う。

赤いジャガイモ・・・あるんだね。心得た。このへんの判断が人間関係でも一番難しく、無用なすれ違いを生んでいるのかもしれないな。

ま、経験なんだろうけどな、全て。まだまだ青いよ、オレは。

「期待する気持ちも大切だよね」と思われた方、「ブログ村」ボタン↓クリックお願いいたします。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ ヘチ釣りへ
にほんブログ村
1日1回ボタンをクリック頂けると私のランキングがアップします。宜しくお願いいたします。

ASPアクセス解析

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク集

ありません?こういうこと。思っていたのに違ってがっかりすること。今やどうでもいいことなんだけどな。 釣りと戯言とそして・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる