釣りと戯言とそして・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 【札幌ファミリーフィッシング情報2】短時間。去年から気になっいた場所で。数・型ともまずまず。いい感じ

<<   作成日時 : 2010/09/19 20:33   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

こんにちは。

いつも同じような情報ばかりで申し訳ない。
この時期はどうしても『ハゼ』ってことになっちまうんだよな。
前のブログでも愚痴ったところだったが、まず「忙しい」。まともに長時間釣りに行く時間がないのである。
それでも「行けるだけ」いいんだけどな。

次にこの時期ハゼをストックしておきたい・・・っていうのもある。これも何度か書いているがオレの実家のハゼ出汁の元を釣っておかないとならない。

忙しい時期に昼間チョコっと行ってハゼを釣って出汁のストックをしておけば、暇とは言わないまでもそこそこ時間ができた頃にまともな魚を狙いに行けるって算段なのだ。

・・・ということで誠に申し訳無いが、今回も「ハゼ情報」なのである。

今日は午前中に少しだけ時間があったため、小樽に行ってきた。

2号地は先週攻めて・・・「まぁ、そこそこいけるかな」と思ったので別の場所でやってみようと考えていた。
「好都合」ってわけじゃないんだけど2号地のオレの狙うポイントには初老の釣り師が3本ほど竿を並べていらっしゃったので迷わず去年から気になっていた釣り場に行ってみた。

去年何度か「つりしん」の記者さんに写真を撮ってもらったりしたのだが、その記者さんが「あっちでもそこそこ釣れていましたよ。」と指さして教えてくれた場所があった。

去年の小樽のハゼは正直なところ不調であった。他の魚もあまり良くなく・・・つりしんの記者さんはオレの狙っていたポイントが「一番良く釣れている」と言っていたくらいだったからな。

そんなときに「あっちでも釣れている」と言われた場所とは・・・一つ西側のワンド、1号地だったのである。

この1号地・・・オレはこれまであまり竿を出したことがなかった。2号地のワンドの奥もあまり釣り人はいないが、それでも晴れた日には数人の釣り人が糸を垂れていることがある。しかし、1号地のワンドはあまり釣り人を見かけることがない。

釣り人が多いから釣れて、釣り人が少ないから釣れない・・・ということはないのであろうが、やはり一度釣れた場所というのはリピーターがつくのであろう。

そしてもう一つ・・・2号地のワンドは東側の突堤が突き出しており、これに厩町岸壁側からの潮がぶつかりワンドに流れを作る。そしてワンドの一番奥はその潮がぶつかりチカやイワシが沸いているのを良い証拠にかなりプランクトン類がいることがうかがえる。

一方で1号地のワンドにはその「流れ」というものがうかがえない。二度ばかり落とし込みでネチネチと攻めてみたことがあるがガヤとウグイ程度は釣れるもののアイナメやソイは小型のものも出なかった・・・そしてなんとなく「どんより」とした感じだったのである。

「釣れる気がしない」
実釣してそんな気がしてしまったのである。だから去年記者さんに「あっちでも・・・」と言われても行こうともしなかったのであった。

この日は・・・試釣り程度の時間しかなかったこともあり、「釣りしてみたい」と言っていた友人とともに入ってみたのであった。友人には「釣れなかったらごめん」と前置きをしておいた。
本来初心者を釣りに連れていく時には「まず間違いなく釣れる」場所に連れていくのが礼儀なんだろうが、今回はオレのわがままを通させてもらった。

結果的には良かったんだけどな。

画像

1号地着は午前10時頃。朝から降っていた雨もあがったが天気はあまりよろしくない。

タックルは昨日と一緒・・・。
●エサ:ルアーロッド2本
●リール:小型スピニング
●リール糸:PE2号
●ショックリーダー:ナイロン5号
●天秤:自作
●オモリ:六角10号
●仕掛:自作。モトス1m、エダス2本。エダスフロロ2号、ハリス1.5号、湘南キス9号
●エサ:アオイソメ

昨日余ったゴロ入りのコマセをポイント周辺に入れる。

一投目、友人に投げ方を教えてそしてこの時期の基本である「サビき方」を教えた。
水面と平行に竿を出して・・・それを頭の高さまでゆっくりと引く・・・そして引いた分だけの糸を巻き取ってまた同じようにする・・・なんて教えていると「ブルブルッ」ってアタリ。

「ヨシ来た・・・」って合わせを入れて巻く・・・予想通り・・・ハゼ。しかも型は20pオーバー。期待が持てる。

友人が投げれるようになったことを見て・・・オレも仕掛を入れてサビくとすぐにアタリ・・・追い食いを待って上げてみると・・・。
画像

ハゼと木っ端カレイのダブル。なかなか活性は高いみたいだ。

入れガカリとまではいかないまでも素ハリを引くことはない。ブルッってきた時にすかさず合わせを入れられるかどうかが「釣れる・釣れない」のポイントだったようだ。

オレが悪いんだけど・・・友人が「アタるのに釣れない」と言うから「追い食い待ってみなよ」と一度ブルっとアタリがあっても合わせを入れずに「追い食い」を待つことを勧めたのだけど・・・オレがやっていたこととは実は少し違った。
今日のハゼは少し「もたれ」を感じてさ・・・それでブルッとくる瞬間を事前に掴んだんだよな。

だから「もたれ」・・・それはハゼがあの腹ビレが進化?した吸盤でエサを押さえつけた瞬間に次のアタリを予想していた。そしてブルっときた瞬間に「巻き合わせ」をした。

まぁまぁ確率は良かったな。

友人もそこそこ頑張ってくれて・・・実釣一時間半で釣れたハゼは19匹。
画像

友人が「いらない」と言うのでぬらしたタオルにくるんで大切に持ち帰らせてもらった。かなり良い型が混じって満足だったね。

昨日のデキハゼは・・・一晩塩をして・・・水分抜いて「エサハゼ」に。15匹くらいずつラップでくるんで冷凍庫にしまった。投げで使ってもいいようにかなり堅めにしてみたぞ。
画像


暑さが去った札幌・・・これから1ヶ月半くらいが「釣りシーズン」なんだろうけど・・・洗い、天ぷら、南蛮漬け・・・なんでも「旨い」ハゼ釣り・・・お勧めだけどな。

「またハゼかよ」と思われた方も、「ブログ村」ボタン↓クリックお願いいたします。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ ヘチ釣りへ
にほんブログ村
1日1回ボタンをクリック頂けると私のランキングがアップします。宜しくお願いいたします。




ASPアクセス解析

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
昨日、神戸MPVさんと思われる人を見ました。車で通りかかりしばらく釣りを見ていました。
最初、おおよそ釣りをするような恰好ではない人が竿を出していたので観光客が釣ってるんだろうなと思っていましたが、キャスティングやフッキングが上手なのでただ者ではないなと思ってました。
神戸さんのblogは時々見ていましたし、私の地元で釣りをしていることが多いことは知っていたので一度会えたら、なんて思ってました。
私は子供の頃から釣りが好きでずっとやってましたが5年前のある出来事をきっかけに休止しています。
昨日神戸MPVさんの釣りがあまりに自然体なので私も再開してみようかと思いました。
普通の道具立てで魚を釣る楽しさを見せてもらったような気がします。
私も畏まらずに魚を釣る楽しみをもう一度味わいたいななんて思いましたよ。
おたるん
2010/09/20 02:06

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク集

【札幌ファミリーフィッシング情報2】短時間。去年から気になっいた場所で。数・型ともまずまず。いい感じ 釣りと戯言とそして・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる