釣りと戯言とそして・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS ハゼノツリカタ。親方「これでコツを掴んだ?」小樽2号地開幕。ちょっとしたことで釣果は変る。子供でも。

<<   作成日時 : 2010/09/12 21:34   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

こんにちは。

我が家で「釣りが趣味」と言っているものが2名いる。

一人は勿論オレなのである。もうすでに40年近く釣りばかりをやっているのだから、職業でなければ趣味と言わざるを得ないような状態になっている。これは自他ともに認めるものだ。

もう一人「釣りが趣味」と公言している者がいるらしい。それは「親方」(長女)なのである。
なんでも小学校の自己紹介に「趣味:釣り」と書いているらしい。

しかし・・・だ、ヤツには「釣り人」としての『絶対必要条件』に欠けている部分がある。
まず、「早起き」ができない。今年はラジオ体操なんぞに行っていたが、夏休みなど黙っていれば昼頃まで寝ている。その分宵っ張りだから「夜釣り」は得意そうなのであるが、宵っ張りの場合、趣味は別の方向に行くことが多いと思う。そう、オレの中では「釣り人は基本早起き」ということになっている。

つぎに、非常に「落ち着いて」いる。いや、それは良い表現過ぎるな・・・「のんびり屋」なのである。
『太公望』はフナを釣りながら戦略を立てたといい・・・釣りとは「落ち着いてモノを考えるのに良い」かのごとくに思えるが、オレなりには釣りは“短気”じゃないと上手くはならないと思う。

「仕掛はどうなんだ?」「エサは取られてないか?」「ポイントは間違えてないのか?」・・・こんなことを常に考えながら釣りをするヤツっていうのが「上手くなる」と思っているんだよな。

オレの師匠はオヤジと森っ子師なんだけど、オヤジは短気そのもの・・・。森っ子師は「短気」なところは見せないけれど・・・あの「臨機応変ぶり」を見ると実態は「短気」なんだろうな。ま、それ以上に「妄想が強い」かつ「冷静に分析ができる」ってことはあるんだと思うのだが、それを結果に繋げるところを見ていると常に自分の釣りに自信を持ちながらも疑問を持って、「臨機応変」に『釣りを変化させている』んだろうな。その辺は真似しようにも真似できない「マメ」な姿がある。

今日、久しぶりに親方を「釣り」に誘った。
それは当日だと「時合」を逃してしまうので、昨日から誘ってみた。
『久しぶりに釣りに行かないか?釣りが“趣味”な人・・・』と。

親方はちょっと訝ったが、「うん、行こうかな。」と。
そして午前7時には起きて釣りに行くことにした。親方からすればかなり「早起き」かと思う。

そして小動物(長男)からすると本来なら「一週間で一番楽しい日」である日曜日・・・それは戦隊もの&仮面ライダー、そしてアニメの連チャンという彼からすると「最高の朝」である日曜日に「付き合わされる」こととなったすると「大変迷惑」なのであろう。しかし、先週の釣りが楽しかったのか・・・付いてくることとなった。

現地着、午前10時前・・・午後は親方が友だちと「遊び」の予定が入っているので2時間半の釣りとなりそうだ。

場所は小樽・・・オレの「ホームグランド」とも呼べる『2号地』だ。
画像


一応ネットの情報で「厩町」の好調さを知り、自らの実釣で「竜宮下」も好調がわかったからあとは「2号地」がどうなのか知りたい。

子供が一緒なので・・・活性を高めて釣りたいから・・・
画像

「石狩」同様、ゴロ玉を投げてみた。
ただし、小動物に投げさせたので、5m先に「ポチョン」だったけどな。それが解けて活性が高まれば良い。
画像

こうしてマキエ投入。

しかし・・・例年なら仕掛けを投げてカケ上がりにステイすればすぐさまアタリがあるのだが、この日はポツリポツリ。
「こんなはずじゃネェのにな」がオレの感想。それで2時間が過ぎてしまった。

「今年はあまりいないのかな・・・」と思ったのだが・・・小樽の他の地域がそこそこいいことはわかっていたので、子供たちに見させていた道具の一つをオレが扱ってみた。
画像

これが途中(2時間後)なんだが、数が伸びない。

そこでオレが竿を握ってみた。
チョンチョンと誘ってステイ。そしてアタリがなければ繰り返し・・・これで「釣れるハズ」と親方に教えたところ、すぐにウグイが釣れたこともあってこの釣りに傾注。

画像


画像


投げた竿を地面に並行にして糸を張り、そのまま頭の高さまで「ナメクジが這う」くらいの速度でゆっくりと仕掛を引き・・・アタリが無ければ当初と同じ高さまでリールを巻き・・・アタリがあればその位置でステイして「追い食い」を待つ・・・こんな釣りで釣果もコンスタントになってきた。

親方の予定があったのですぐにその「釣り方」を終了したが・・・オレが手本を示した時間も含めて45分ほど・・・それまで釣ったのとほぼ同数のハゼがバケツに入ったのであった。
画像


結果、ハゼ45匹、サバ1匹、ウグイ1匹。
親方は「これでコツ掴んだ」と言って憚らなかった。確かにサビいた後は良く釣れたと思う。

途中、ダブルも何度かあったしな。
画像


これで「釣りが趣味」と言えそうだね。

2号地・・・「ハゼ絨毯」とは言わないけど・・・そこそこ魚は溜まってそうだな。

これから冬場が楽しみ。

「せいぜい釣りなよ。」と思われた方、「ブログ村」ボタン↓クリックお願いいたします。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ ヘチ釣りへ
にほんブログ村
1日1回ボタンをクリック頂けると私のランキングがアップします。宜しくお願いいたします。


ASPアクセス解析

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク集

ハゼノツリカタ。親方「これでコツを掴んだ?」小樽2号地開幕。ちょっとしたことで釣果は変る。子供でも。 釣りと戯言とそして・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる