釣りと戯言とそして・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 【夏休み絵日記1】電鉄各社に抗議する。なんでくそ暑いのに毎年毎年この企画なんだ。初日からヘロヘロ。

<<   作成日時 : 2010/08/13 06:34   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

こんにちは。

8月4日の午後8時半の便で横浜の実家に帰ったオレ。昨年は調子が悪くて帰りに実家近所のラーメン屋「平松屋」に寄れなかったのであるが、今年はその平松屋自体が無くなっていた(横須賀の本店は存在するのか?)ので、他にさしたるラーメン屋もないことからそのまままっすぐ実家に帰ってしまった。

実家に帰るとそれなりに両親は喜ぶ。ま、オレも人の子であり、今や一応人の親であるからして、年老いた両親が喜ぶ姿を見ればそれはそれで嬉しい。「一人っ子」であり「遅い子」であるオレがガキの時分から「両親が死んじまったら一人ぼっちだな」なんていう不安を抱えて育ったのではあるが、未だに彼らが健在であることについては素直に喜ぶべきことなのであろう。

その一方でその歓迎ぶりはまったくをもって長続きはしない。せいぜいその日の夜だけなのだ。

なぜそうした現象が起こりうるかと言えば、オレがすでに「人の親」になって久しい・・・つまりヤツらにとって間違いなく我が子よりも可愛い・・・それは自らが「無責任な立場だから」こそその思いが増幅される。ヤツらにとっての「孫」という存在がそうさせるのである。

帰った日は遅いから孫はすでに寝ている。
でも、翌日は起きている。

非常にわかりやすいのである。それはもうすでにその孫たちと「精神年齢が一緒」とも思えるような行動をしかねない年寄が間違いなく「嫌がらずに自分たちのお相手をしてくれる」孫たちに一番なつくというのは非常にわかりやすいものではあるのである。

ただ、そこに昔取った杵柄・・・それは「図体ばかりが大きくなったわが子」を、さも「立派な人として育てた」ような幻想が「我が子、我に感謝すべし」と思うと同時に「わたしゃ、あんたに全てを尽くしてきたのよ」という犠牲心を呼び起こし・・・その結果が「責任感をもって立派に育て上げた」とヤツらだけが思っている、ヤツらのサイボーグたるオレに一気に「のしかかる」のであった。

「あんた、夏休みだからと言ってグデグデしていないで、子供と遊んであげなさい。」

説教できる相手がオレだけ、ということもあろうかと思うが、はるばる札幌の地から前日飛んできて・・・それを楽しみにしていた「昼寝を4時間もした親父」に拷問のように深夜まで晩酌を付き合わされた翌朝8時には・・・いろんな状況を鑑みることなく・・・そんな言葉が罵詈雑言としてオレに浴びせかけられるわけなのである。

でも・・・まぁ仕方ない・・・ヤツらにとっての「孫」にオレはサービスすべく起き上がるのであった。

「むこうに行ったら、コレやらせてあげて欲しいのよね。切符があるかはわからないけど。」
宿敵、ヨメが7月言ってきたのは「スタンプラリー」だった。

「やらせてあげて欲しい」とはどういう意味の言葉かと言えば「私は行かないけど、あなた行ってきてね。」と言う意味なのである。ヨメがこのスタンプラリーという行事を放棄してからすでに久しい。ヨメは暗に「この役目はアンタ」と言ってきているのであった。

そこで弱いのは日頃「後ろめたさ」を感じ得ないくらいに、体内に方位磁石を持ち合わせない糸の切れた凧であるオレは「こんなことくらいしてやらないといけないのかもしれない。」なんて妙に殊勝になってみたりするわけなのである。

前説が長くなったが、とにかくオレは8月5日、小動物(長男)とスタンプラリーに出かけた。

オレはそのスタンプラリーがすでにJR東日本の夏の風物詩となった「ポケモンスタンプラリー」だと思い込んでいた。
http://www.tetsudo.com/event/2757/JR%E6%9D%B1+%E3%83%9D%E3%82%B1%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%83%BC+/
それは実はかなり気にしていた。アニメなどの世界であるのだが、オレの時代には「ガチャピンとムック」くらいしか「えも言われない変な生き物キャラ」は、現代においてポケモンであり、「アンパンマンキャラ」同様、毎年増殖し、スタンプラリーも都内だけでなく都下は八王子、神奈川は大船、千葉は千葉、埼玉は熊谷、茨城は土浦・・・と中にはおおよそ毒蝮三太夫も大木凡人もロケには躊躇するんじゃないかと思われるような地域にまで「スタンプ勢力」を拡げていっているわけなのである。そしてその数はすでに100近くになっている。

もういいかげんにしてくれ、という感じなのだ。しかもこのスタンプは、駅改札口の外に設置されて「1日乗車券がお得ですよー」と言わんばかりのもので、知らず知らずのうちにヘロヘロになるまで歩かされるのである。

ただ、今回は違った。
ヨメが言うのは「東京メトロで仮面ライダーWのスタンプラリー」だったのである。
http://www.tetsudo.com/event/2632/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E3%83%A1%E3%83%88%E3%83%AD+%E4%BB%AE%E9%9D%A2%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%80%E3%83%BCW+%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%83%BC/
仮面ライダーWとは今、小動物の中で一番「ホット」なヒーローもの・・・だ。

「地下鉄か、ふぅん、それならあまり暑くないかも。」安易な気持ちが頭を擡げた。
午前11時前にオレは東京メトロ銀座線の渋谷駅定期券売り場にいた。1日乗車券を買った。本来、小動物は幼児なので切符はいらないが1日乗車券も「仮面ライダー」となっており、「大人用」と「子供用」が異なるため、「360円で喜んでくれるなら・・・」と子供用の切符も買ってやった。

このスタンプラリーは数ある東京メトロの各駅のうち12箇所に仮面ライダーのスタンプが設置されており、そのうち五つを押すとカードがもらえることになっていた。カードがもらえる駅は更に限定されており、「銀座」「上野」「新宿」である。
画像

画像


無論12個全てを押そうなんて思いはない。ササッと五つを押してカードをもらい、とっとと実家に帰って「東京湾の夕マズメの釣り」に備えるつもりであった。

渋谷を起点としたので、銀座線の「赤坂見附」「新橋」「銀座」と行って丸の内線に乗り換え、「東京」そして「新宿」で終了〜と考えていた。

「赤坂見附」「新橋」「銀座」。順調であった。これらの駅の定期券売り場にスタンプは設置されていたがあまり迷うことなくこなして行った。

ここで小動物が言った。「このアクセルトライアルのが欲しい。」

「アクセルトライアル」のものは上野にある。オレの構想からは思い切り外れるのではあるが・・・上野もまた銀座線沿線。そのまま乗って上野に行き、スタンプを押して戻り、丸の内線に乗り換えて東京で押し・・・カード設置駅の「銀座」に戻ればカードももらえる。案外コレの方がさっさと帰れるような気もしてきた。

オレはここで大いなる選択ミスを犯す。この時いたのは「銀座」。ここでなぜ丸の内線で「東京」でスタンプを押してから「上野」=「カード設置駅」に行かなかったのか・・・なぜその考えに及ばなかったのか・・・全ては「すでに暑さにやられていた」ということなんじゃないかと思う。

とにかく先に上野に向かってしまった。そしてアクセルトライアルのスタンプを押したところで小動物はつぶやいた「お腹空いた。」。

確かに昼は過ぎていた。上野の駅のガード下に安いそば屋があることを知っていたオレは「そばかうどんでも食うか?」と聞くと小動物は「うん、うどんがいい。」とあっさり同意した。

ミスがミスを呼び込む。
オレはそのそば屋に向かおうと地上に出た。出た場所はJR上野駅・・・そこで目の前に広がっていた光景は「ポケモンラリーの賞品交換場所」だったのである。

「パパ、ポケモンもやっているよ!」小動物が気付かないわけがない。「ご飯食べたらアレもやろうよ。」

ここで小動物に同意せざるをえないのは「日頃の行い」のせいなのである。そう「人の親」として日頃ちゃんとできていない・・・この一言に尽きるのである。「こんな時くらいは・・・」と思ってしまう自分が情けない。

もう、こうなったら一歩も引けない・・・昼飯を食った後、上野からJRに乗り・・・新宿を目指す・・・新宿は東京メトロのカード設置駅であり、かつJRの賞品設置駅なのである。新宿までのJR各駅で6個のスタンプを押せば新宿でカードも賞品もともにもらえる。

午後1時・・・オレと小動物の新たなる旅が開始された。JRの都内1日乗車券を購入した。
画像

画像


「御徒町」「秋葉原」「神田」「御茶ノ水」「四ツ谷」「千駄ヶ谷」。
こうして書くのは容易いもんなのであるが、これらの駅を降り・・・改札口を出てスタンプを押し・・・また電車に乗る・・・これの繰り返し・・・本当に体力が奪われていくのがよくわかるのであった。
とにかく六つのスタンプを押した。
画像


そして・・・地下鉄のカード、JRの賞品が置いてある新宿へ。

仮面ライダーのガンバライドカード(左は1日乗車券)。
画像


ポケモンのパスケース。
画像

ポケモンのはこれに紙でできたキャラクターのサンバイザーもくれるのであるがこれがガサばって持ち帰るのが毎年億劫になる・・・。

いずれの賞品も実家に持ち帰って30分間は大いに話題になっていた。しかし・・・すぐに部屋の片隅に放り出される。まるで実家に帰ったオレのようなもんだな。

オレ自身はヘロヘロとなって、夕マズメに近所で竿を出そうなんて気にもなりゃしなかった。

それにしてもどうして毎年毎年毎年毎年・・・この企画なんだ。

東京メトロやJR東日本だけじゃない・・・夏休みだけじゃないようだが、全国の電鉄各社のスタンプラリーはこんなに↓あるみたいだ。
http://www.tetsudo.com/event/category/%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%83%BC/

小学校6年生となった親方(長女)はさすがに「参戦」しなかったが、例えば東武鉄道の「ディズニー」なんぞがバレていたら・・・
http://b.hatena.ne.jp/articles/201007/1518
「オリジナルポストカード」に惹かれて「やらされていた」可能性は高い。

スタンプラリー・・・まぁ、見事に日本人の「収集癖」性向をついた企画であるとは思うのであるが、子供の成長を待たないと脱却できない・・・親にとっては甚だ迷惑な企画なのである。

そして・・・オレは見てしまった。
http://www.tetsudo.com/event/2641/JR%E5%8C%97+%E3%83%9D%E3%82%B1%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%83%BC/
ここ北海道でもJRがポケモンラリーをやっているのである・・・来週の火曜日がラスト・・・ということは・・・。

今週末が怖い・・・。

「意外とアンタがこういうの好きなんじゃないの?」と思われた方、「ブログ村」ボタン↓クリックお願いいたします。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ ヘチ釣りへ
にほんブログ村
1日1回ボタンをクリック頂けると私のランキングがアップします。宜しくお願いいたします。



ASPアクセス解析

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
毎度〜。そういえば最近激走してる親子を
沢山見ますね。お疲れ様でした。
浦安鱚鰈調査隊
2010/08/13 21:30
私も明日1日乗車券買いポケモン参戦ですよmお互いに子供の為に頑張りましょy
ポケモン
2010/08/13 22:44
小説家じゃないんだから、もっと分かりやすく書いたら?
自分の文章に酔いすぎ(笑)
通りすがり
2010/08/13 23:44

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク集

【夏休み絵日記1】電鉄各社に抗議する。なんでくそ暑いのに毎年毎年この企画なんだ。初日からヘロヘロ。 釣りと戯言とそして・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる