釣りと戯言とそして・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 最近●●●ることが少なくなったと思いませんか?やっぱり歳のせい?近所の川で子供と川遊び。

<<   作成日時 : 2010/08/02 07:40   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

こんにちは。

今週半ばから横浜の実家に帰る。
先月研修で東京に行ったついでに一晩だけ帰ったのと同じように出張で1月に一晩帰ったが正月もまともに帰っていないために久々で長期の帰郷となる。

家族は1日先に帰り、オレが帰って来た後も横浜に留まる。
ここで「ヤバいんじゃないか」と思ったのが先月石狩川で獲ってきた「アメリカザリガニ」なのである。

このザリガニってヤツはあまりメンテナンスが必要ない。かなり汚い水でも丈夫に生きている。
しかし、一方でこまめに水替えしてやったところですぐに水を汚す。オレんちの場合、ザリガニを飼うのにエアレーションとかしていないこともあるんだが、すぐに水が臭くなるのである。

ザリガニは食い散らかすなんこともあるんだが、どうやら糞なんかが凄く臭うみたいなのである。
・・・であるからして・・・コイツらを置き去りにして、1週間家を密閉していると「どーいうことになるんだ。」という話になったわけである。そして万一、コイツらが死んだ日には目も当てられないことになるのは間違いない。

・・・ということで、小動物(長男)の猛反発を食らいながらもこのザリガニを逃がすことになったのである。

日曜日は朝から雨。
落とし込みリールのラインを巻き変えたこともあり・・・短時間でも「落とし」に行きたかったがその気も失せるほどの強い降りに思わず「二度寝」してしまった。

そして10時過ぎ・・・依然雨は降っていたが小動物と二人・・・ザリガニを捕まえた石狩川まで逃がしに行ったわけなのである。
小動物は「また帰ってきてね」なんて涙ぐんでいたから、横浜から帰ってきたらまた捕まえさせられることは間違いない感じなのである。

その帰り・・・小動物から「ヤゴのエサを獲りに行こうよ。」と言われた。
ま、確かにそうなのである。ヤゴの場合、ザリガニよりも長期間エサをやらずとも生きてはいるとは思うのだが、小魚なんぞを入れておいて・・・定期的にエサが取れる環境にしておいてやった方がいいに決まっている。

しかし・・・雨の降りは強く・・・「後でな・・・」とペンディング事項にしておいたわけである。最終的には「冷凍アカムシ」でも叩き込んで帰郷しちゃえばいいかな・・・なんて思ったのである。

午後になっても雨は止む様子もなく・・・オレはちょっと昼寝してみたり、髪なんぞを切りに行ったり「サラリーマンの正しい週末の過し方」を地でいくような生活を送っていたのであるが、散髪から帰ってくると何気にいい天気にになってきたのである。

で、まぁ、オレも一応「人の親」ってことで小動物を誘った。
二つ返事で小動物は「行こうよ・・・」とついてきた。

そして近所の琴似発寒川でガサガサをしてみた。
画像


最近降雨が続いて本流が激しい流れとなっていたためにガサガサができる伏流にかなりの小魚が逃げ込んでいるかと思ったが・・・ふだん取れないフクドジョウは沢山取れたもののヤゴのエサとしようと思っていたウグイの子やエゾトミヨの子はあまり取れなかった。代わってやはり普段はあまり獲れないヤゴがそこそこ掬えてしまった。

エサを取りに行ったのにヤゴが取れてしまい・・・オレは逃がして行きたかったのだが最近“昆虫”に目覚めた小動物は「持って帰るんだ」と言って聞かず・・・結局ザリガニを放流して減ったはずの水を張った水槽は元と同じ数・・・いや、プラス1になってしまったというわけなのである。

この日もそうだったのであるが・・・こうしてガキどもと外遊びをすると気付くことがある。

オレだけ「蚊」に刺されないのである。この日も午前中、夕方とも小動物は蚊に刺されてかゆそうにしていた。しかも小動物は「蚊よけスプレー」をしているのに・・・である。

学術的に言えば・・・オレがもう歳だから・・・基礎代謝が減って二酸化炭素の排出量が減っているために蚊が寄らない・・・なんてことになるんだが、表面積を考えればそれに勝るものがあるわけだし・・・。

やっぱり蚊も血の「美味い」「不味い」がわかるんじゃないか・・・と思ってみたりするのである。

オレの取引先の社長で・・・一つ間違えればソッチの系統と思われてしまうような人が春先言っていた。
「神戸、気をつけろよ・・・。今時期はカラスが卵を産むからな。すごく警戒心が高まっている。巣の近くに行くと襲われるぞ。でもな、アイツらもわかるんだな。オレのことは襲わない。やはり動物の勘なんだな、それは。」
まぁ、その人の場合はかなり「勘の鈍い」人間であったとしても襲うとか襲わないとか以前の問題で「近寄りがたい」と思うし、思わずその場でそう言ってしまい「凄まれた」のであるが、確かに「野生の勘」みたいなものはあるんじゃないか・・・と思う。

やはり蚊も「コイツ・・・食えねぇヤツだな」と判断するんじゃないかと。この「薄汚れた、いやトブのように腐った血なんて吸えたモンじゃないぜ・・・」ってね。それともなにか?・・・あの血を吸うのは全部メスだから・・・蚊にまで女に嫌われているってことか・・・?

そんなオレも単独で川に入ったりするとやっぱり蚊がたかってきてくれたりする。
先日渓流釣りしたときには蚊がたかってくれたのである。

この刺される「懐かしさ」の一方であんまり来られるとウザくなる。この現象、人間の女で味わってみたいのではあるが・・・。

で・・・そんな時オレはやってはならないことをしてしまった・・・タバコに火をつけたのである。

タバコってのは虫を寄せ付けないばかりか・・・その手でエサをつければ魚にも影響する。釣りに行って自ら魚を釣ることを放棄しているようなものなわけなのである。

結果・・・「貧果」。

今度から川釣りの時にも蚊よけで小動物でも置いておくかな・・・。

「釣れないのはウデの問題だろ」と思われた方、「ブログ村」ボタン↓クリックお願いいたします。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ ヘチ釣りへ
にほんブログ村
1日1回ボタンをクリック頂けると私のランキングがアップします。宜しくお願いいたします。


ASPアクセス解析

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク集

最近●●●ることが少なくなったと思いませんか?やっぱり歳のせい?近所の川で子供と川遊び。 釣りと戯言とそして・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる