釣りと戯言とそして・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 今日の釣り?は・・・ちょっと童心に戻って。最近、ガキが目覚めてきたので。情操教育?。オレが子供返りさ

<<   作成日時 : 2010/07/18 22:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

こんにちは。

最近、うちの小動物(長男)が“生物”に目覚めている。

平日も近所の公園に行くと「虫」を捕まえて帰ってくる。幼稚園でも同じだ。

もともとは「ダンゴ虫」とか「ワラジ虫」なんかを捕まえてきていて・・・と、言うかそいつらくらいしか触れなかったんだが、最近はゴミ虫とかコガネ虫とかその幼虫・・・ついにはバッタやなにかよくわからない幼虫まで捕まえてくる。

ヨメからすると勿論「いい迷惑」なんだが、オレからすると「やっと芽が出てきやがったか。」という感じなんだな。

そもそも小動物は我が家が「父親不在」なだけに大きくヨメに影響されている。
いや、ガキなんてもんはそんなものなんだろう。まずはその影響は「普段のお世話をしてくれる」母親に影響を受けるものさ。

これはほんの一部分でしかないんだが、小動物は虫が怖い。それは勿論、ヨメがキャーキャーと騒ぐからだ。たまにオレが山なんかに連れて行っても「怖い」を連発する。
この春、川に釣りに連れて行っても「虫が来るのになんで釣りなんかするんだ」と言われた。

そんな小動物が率先して「虫」を捕まえてくる。それどころか、「家族中虫がダメ」みたいな家の子を引き連れて「虫取り」に勤しむらしい。これはかなり「いい感じ」なのである。

そして・・・「パパ、何か捕まえに行こうよ」と言われた。
今までならオレが誘って・・・喜んで付いて来るものの、やっぱり縮こまっていたんだよな。
それがヤツから誘ってきたんだから・・・なにか「楽しい」経験をさせてやらなきゃならない。

「何し捕まえにいく?」と聞くと「お魚とか捕まえたい。」。
これはいつものトーンなので“楽”すれば琴似発寒川なんだろうが・・・どうせ魚を持ち帰りたがるんだから、この時期渓魚を取ってきて・・・水槽で生かすのはなかなか難しい・・・ってことで篠路あたりの「創世川」に連れていくことにした。ここならクチボソをはじめ、フナ、タナゴなどの中流域の魚と水生昆虫や甲殻類が捕まるはずだ。

いつもの日曜日の通り、「子供のテレビチャネル」を一定過して・・・9時過ぎに出かけてみた。
親方(長女)は友達と学校のプールに行くとのことで、小動物と二人きり。

もうすぐ・・・魚とりポイント・・・ってとこでオレにある案が浮かんだ。
「ザリガニでも釣らせてやるか」。

このザリガニってヤツは虫で言えば「カブトムシ」「クワガタ」並に“子供のヒーロー”なわけである。
オレもガキの頃、「狂った」。
日々石神井公園に行き、タコ糸にスルメをつけて釣ろうとした。掬えるような場所では半ズボンで裸足になり、池に入って網を入れまくった。

それほどまでに子供を「狂わせる」何かがあるのだ。

オレはそれに気づいた瞬間に「セブンイレブン」に車を走らせた。何かザリを釣るエサがあるんじゃないか、と思って。

セブンイレブンに入ると・・・まず、子供のお菓子のコーナーで「よっちゃんイカ」シリーズを見つけた。これこそ、オレのガキのころ「ザリガニの主たる釣りエサ」・・・カレイで言えば「アオイソメ」みたいなものさ。

ただ、この「よっちゃんイカ」シリーズ、現代の子供向けになっているのかかなり「軟い」。
もしかするとザリがハサミで切って・・・持って行ってしまうのではないかと思うほどなのである。オレのガキ時代、ある意味「よっちゃんイカ」が、「硬いものへの登竜門」くらいだったのに残念なことだ。

で・・・セブンイレブンをぐるぐるして、「魚肉ソーセージ」なんぞも検討したが・・・ついにであったのは「乾き物」コーナーの「焼きあたりめ」(105円)を購入。イメージ通り。

ま、オレみたいなオッサンがうらぶれて、夜中に一杯やる用に売ってるのだろうな。迷わず二つ購入。
そして釣り場?へ。

北海道と言えば、今でも「ニホンザリガニ」が一部の清流で生息し、外来種「ウチダザリガニ」が闊歩する土地ではあるが今日の狙いは子供たちのヒーロー「アメリカザリガニ」なわけである。

この札幌周辺は前二種は(ほとんど)見られず、いれば「アメザリ」なわけである。

スルメを3号のフロロに結んだ仕掛を作る。
画像

八本作ってみた。これらをそっと水に沈める。

釣り場はこんなところ。
画像

創世川や発寒川が合流するところ。ヘラブナ釣り師が何人かいた。

画像

小動物は大はしゃぎ。自ら網を川につっこんで魚を取っていた。
画像なし、だが、クチボソやヨシノボリの子供が沢山取れた。家で飼っているヤゴのエサとしては「最適」。

「魚とり」をしばらくして・・・クチボソやダボハゼなど・・「ヤゴのエサ」が良くとれて・・・。

そして、ザリの仕掛を上げに・・・1本、2本、3本・・・と空振り。
そしてやっと4本目・・・糸に「テンション」がかかっている・・・。

食ってるぞ・・・と、久しぶりに緊張して仕掛けを上げる。

おー付いてる、付いてる・・・。

フィニッシュは網で掬って・・・
画像

なかなか「立派な」アメザリ。

この後2匹追釣。
画像


小動物、大満足。

ま、こんな休日もいいよね。

「普段、ないがしろにしてるしね。」と思われた方、「ブログ村」ボタン↓クリックお願いいたします。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ ヘチ釣りへ
にほんブログ村
1日1回ボタンをクリック頂けると私のランキングがアップします。宜しくお願いいたします。


ASPアクセス解析

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
良い感じですね。
私にとってはザリガニ=ニホンザリガニだったのでアメザリは本当にヒーローでした。
今、思えば自然環境が良い綺麗な場所ですが、(今も何箇所か残ってます)地味なニホンザリガニしか居なかったので、赤い、デカイ、カッコイイアメザリは羨ましかったです。
ドラム缶
2010/07/18 22:58

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク集

今日の釣り?は・・・ちょっと童心に戻って。最近、ガキが目覚めてきたので。情操教育?。オレが子供返りさ 釣りと戯言とそして・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる