釣りと戯言とそして・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS トラブル・メーカー。ゴセイジャーショーを見に行って。はらはらする、オレ小心者だから。老人に多いかな。

<<   作成日時 : 2010/05/06 07:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

こんにちは。

ゴールデンウィーク最終日、円山動物園に「ゴセイジャー」http://www.tv-asahi.co.jp/gosei/を見に行ってきた。
画像

昔で言う「ゴレンジャー」http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A7%98%E5%AF%86%E6%88%A6%E9%9A%8A%E3%82%B4%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BCだよな。
今でも「戦闘編隊」というネーミングで始まるらしい。今や35年前に始まったシリーズだ。

昨日は仮面ライダーダブルhttp://www.tv-asahi.co.jp/double/だったらしい。こっちはゴセイジャーより凄いことになっている。コッチは38年前からやってるみたいだ。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%AE%E9%9D%A2%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%80%E3%83%BC意外と「戦闘編隊」と同じような歴史なんだな。仮面ライダーの方がずっと歴史があると思ってた。
「役者バカ」藤岡弘が1号だったと言う記憶くらいだが、たぶん「アマゾン」くらいから人気が下火になったものの今は凄い人気のようだ。

ダブルショーは3月に小樽にある「ウイングベイ小樽」http://www.wingbay-otaru.co.jp/で見せている。5月2日は千歳のレラhttp://www.outlet-rera.com/でやっていたみたいだ。北海道巡業だよな。
あ、レラは北広島に先月できた三井アウトレットパークhttp://www.31op.com/sapporo/に押され気味だから「必死」だろうな。

「三井アウトレットパーク」の噂は「こりゃ安い!」って実感できる品がない・・・ってことらしい。そりゃそうだよな、今は「オープン特需」であまり価格帯を選ばずにやっても「売れる」しな。同じ50%オフでも10000円の上代と30000円の上代では「利益の額」は違うし、最終利益も異なるものな。当たり前の話さ。消費者の受け取り方もそうなるに決まっている。

話題を求めて行くにはいいが、寧ろオープン半年後くらいからが狙い目かと思っている。

そんな話はどーでもいい。
とにかくゴールデンウィーク最終日はゴセイジャーショーを見に行ったのだ。

開演30分以上前に行ったのだが、もう芝生席はレジャーシートで「いっぱい」。
致し方なく、芝生席の外に立ち・・・予想していたことなんだが、「立ち見」・・・こうなると小動物(長男)を肩車するしかない・・・のである。

「現在の日本人成人男子の平均身長」であるオレは周りにいるのが「ほぼ同世代の男子・・・そしてほとんど女子」って環境になると「頭半分抜ける」のである。

そうすると人の「生態」がよーく見えてしまうのである。

上海万博で「並んでいる列を守らず割り込みをする中国人を嘲い、卑下した日本人」は多くいると思う。
だっけどなぁ、もういくらでもいるんだよ、そんなヤツ、日本人でも。

ショーが始まる直前にやってきて、堂々と人の前に立つヤツ・・・自分の子供を前に出して見せてやりたいというのは親ならば誰しも抱く行動なのかもしれない・・・ただ、それは第三者に迷惑をかけてでもしていい行動かどうかというとそうではないと思うんだよ。子供の教育上極めてよろしくないと思う。こんなオレが言うと説得力ないけどな。

開演30分前でも・・・もう立ち見するしかないと思っていた。レジャーシートは持ってはいたが、使うことはないと思っていた・・・最初から「肩車」は覚悟の上だった。ま、オレの場合、普段好き放題させてもらっているから「こんな時くらいガキのために肩くらい凝っても・・・」なんて“罪滅ぼし”の意味もあるけどな。

「見せてやりたい」と思うならばそれなりに努力すりゃいいのさ。早く起きて来るとか抱いたり肩車したりして見せるとか・・・。

ただ・・・「肩車」とか「抱いて」とかして見せてやれない人もいる。子供たちからすると「祖父母」、そういう人たち。
これはさすがにかわいそうだとは思う。

だけどな・・・そういう場所で「本当に図々しいな」と思わせるのはそういう人たちでもある。オレの両親を見れば「孫たちへの溺愛」ということはよくわかる。子供に施した教育とはまったく「別物」ということもよくわかるんだぜ。

そして「視野が狭くなっている」ということも理解しているつもり。これは肉体的にも身体的にもそういう状態になっていくということも理解できる。

しかし、それらを差し引いてもやっぱり「あかんやろ」って言うくらい図々しい年寄りは多くいた。

一つ例に出すと・・・直前にやってきて二人の孫を並んでいて見ていた子供たちの前に立たせていたバァさん・・・さすがにそれ以前から並んでいた子供の親が注意していた・・・。もうこういうシーンを見るとはらはらすんだよな。自らのことじゃないけど・・・小心者だからな。基本争いごとは嫌いだ。

このバァさんの孫・・・もう一人いて・・・開演直前に「母親」が連れてきていた。手にはソフトクリーム。ところ狭しと並んでいる場でだぜ。↑で自分の両親をして「子供とは違う思い」と書いたが、この場合は「この親にしてこの子あり」という感じかな。そして「孫」「子」にさせている行動・・・DNAは引き継がれていく感じがする。

もうすでに「団塊の世代」がこの「祖父母」になっている。意外とよく見るんだよな、この世代の傲慢な振る舞い。
いろいろな意味で戦後を支えてきた人たちではあると思うし、貧しき日本を豊かにしていってくれた世代であると思う。そして、その対価として相当のストレスを抱えた生活をしてきたこともよくわかるし、幼少期の時代が時代なだけに中には親の愛情が届いていない人もいるかもしれない。。。しかし、だからと言って傲慢に振舞っていいか・・・というとそうじゃないよな。

元来、お年寄りって言うのは「模範」になるもの・・・と言う思いがオレにはある。そして「敬うべき存在」とも思っている。しかし、ごく一握りの人たちかもしれないけど、そうした振る舞いが「弱者」を「強者」に見せてしまう・・・その結果はあまり良いものにはならないと思うんだ。

「気が若い」ってことはいいこと。そう、昔に較べれば今のお年寄りと呼ばれる世代は「若い」よな。だから団塊の世代を「お年寄り」呼ばわりすること自体いけないことかもしれない。でも、その「若さ」が「バカさ」になっちゃいけないんだと思う。自分の次世代以下を見れば「子供が成人している」「孫もいる」って事実は受け止めないといけないんだと思うんだな。

オレもあと20年くらいで同じ世代になる。
そろそろ「枯れ方」を考えないといけないかなと思う。

枯れていても、幹太き・・・かくありたいと思うよね。

「人のふり見て我がふり直せ」と思われた方、「ブログ村」ボタン↓クリックお願いいたします。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ ヘチ釣りへ
にほんブログ村
1日1回ボタンをクリック頂けると私のランキングがアップします。宜しくお願いいたします。

ASPアクセス解析

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
オークリー レンズ
トラブル・メーカー。ゴセイジャーショーを見に行って。はらはらする、オレ小心者だから。老人に多いかな。 釣りと戯言とそして・・・/ウェブリブログ ...続きを見る
オークリー レンズ
2013/07/03 21:41

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク集

トラブル・メーカー。ゴセイジャーショーを見に行って。はらはらする、オレ小心者だから。老人に多いかな。 釣りと戯言とそして・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる