釣りと戯言とそして・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 北海道で落とし込み釣りをしているとよく話しかけられるんだよね。やっぱり特殊?昨日の会話から・・・。

<<   作成日時 : 2010/04/11 10:38   >>

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

こんにちは。

昨日、久しぶりに長い時間釣りをした。でも、
『ボーズ』
だった。が咲く前に見事に散った感じだな。

5時間あまりずっと「落とし込み釣り」をやっていた。
結構真面目にやっていたと思う。

まず南堤防では5mくらい先まで「基礎堤」が入っていて、クロガシラカレイの産卵前の生態がわからないからなんとも言えないからそれが正しいかわからないが、マコガレイならその「基礎堤」と「砂地」の間に卵を産むはずだから近似種のクロガシラも・・・なんて考えていた。

使っているリールはタイコ型だから糸を引き出して足下に溜め、ガンダマとエサの重さだけで竿をスイングした推進力で沖に仕掛を飛ばす。この投げ方も我ながら随分「様になってきた」ように思う。ちょっとオーバーハング気味に投げるとうまくオモリを沖に飛ばせることがわかった。たまに足下に溜めた糸がからんでしまい、ガイドにひっかかってバックラッシュのようになってしまったりするが、その数も随分少なくなった。

昨日はフォローの風があったため飛ばしやすかった反面、そのバックラッシュの危険性は高かったが一度ガイドにひっかかっただけだった。

勿論、このような釣り方をするのであれば、スピニングタックルに越したことはない・・・何も不自由なタイコリールでやることはないのである。特に南堤防の沖向きを狙うのであればキャスタビリティ重視でスピニングタックルで臨めばよい。でも・・・このスタイルが気に入ってしまったから仕方ない。

一度沖に投げた仕掛を底まで落としてチョンチョンと少しアクションをつけて「基礎堤」の際まで運ぶ。そしてステイ。ボトムパンピング。それを2、3回繰り返して仕掛回収。ステイするときに竿先を落としすぎると基礎堤に生えた海草に道糸を取られるから一定の角度を作るためにある程度竿は立てる。

アタリが無ければ次のポイント(とおぼしきところ)へ。昨日はほとんどアタリらしきものはなかったから堤防の先端に向かって結構のスピードで歩いていった。そして最初はかなり「澄み潮」だったから、時々、基礎堤の崩れたところなどが発見でき、その場所を覚えると当時に「アイナメなんか着いてないかな」とその崩れに仕掛を落とした。
「澄み潮」での釣りは良かった試しはないが、このように次回以降に向けたポイント探しにはとても良い。渓流の渇水時と同じようなものだ。釣れそうにないから帰るのではなく、こんなときこそよく釣り場を観察することが「いつか役に立つ」と思っている。

また、潮の動きも良く見ていた。前打ち気味に仕掛けを投げていたから当然仕掛の動きで潮の流れは掴めるのであるが、明らかに挿してくるような潮は「潮目」を見てつかむことを心がけている。やはり潮が挿したところは活性が高まるからな。投げ釣りだとそうした変化を迎え入れることはできてもこちらから積極的に動くことはできない。一方であまり沖に投げることはできないから「どっちもどっち」なのかもな。ただ、昨日は視認できるような「潮目」はできなかった。

次に行った場所はポスフール前の旧貯木場だった。ここは昨日の釣行記でも書いたが水面までの高さがなく非常に釣りやすい場所だ。

なぜここに行ったかと言うと非常に「小場所」ではあるが堤防のある場所を境にストンと落ちるところがあるからだ。それを覚えていた。勿論地元師の勧めもあったが、昨年の同時期に投げでこの地を攻めていたとき「ついで」に落とし込みをしてアイナメを取っている経験があるため行ってみた。

こちらでは堤防際をネチネチと攻める釣りをしてみた。ケーソンのつなぎ目など明らかなる魚の着き場は勿論のこと、底から宙層をゆっくりと攻めてみた。この時期は水温が低くボトムでしか食う可能性はないと見て良いのだが、今後のシーズンを考え、「セオリー通り」の攻めをしていた。
ハイシーズンになると海草の下の層から魚が飛び出すことが多い。上から落ちるエサに反応するが下から上の動きにも反応する。そのあたりのイメージトレーニングだけはできた。

3ヶ所目のフェリー埠頭ではさすがに緊張感が抜けて雑な釣りになっちまったけどな(苦笑)。

そんな中、昨日も何人かの方に話しかけられた。やはり北海道で「落とし込み」は奇異に感じるのかな。
こう見えても意外と小心者で「話しかけられない」オレからすると好都合なんだけどな。

一番多いのは「ソフトルアーやってるの?」という質問。「いえ、違います。関東でアブラコやクロダイを狙う落とし込み釣りと言います。」と言って会話をスタートさせる。

次には昨日もあったのだが、「面白い竿でやっているね。」
特に昨日の「黒鯛工房 竹本調ヘチ」でやっていると竹竿に見えるのか話しかけられることが多い。ベテランの方が多いのは「竹竿」への郷愁からかな?また、ヘチ竿が妙に華奢に見えるからかもしれない。
以前、目の前で50cm近いアイナメを釣った時、「そんな細い竿でよく上げたね」と言われた。実はかなりのパワーがある竿であることは確かに見た目ではわかりにくいのかもしれない。

昨日は珍しく・・・「落とし込みやっているの?」と言われた。「あ、はい。」
ちょっとオレが驚いてしまった。

その方は実はその地で一度お見受けしたことがあったので地元の方かと思っていた。
「オレ、もともと東京だからさ。」

どうりで・・・と思った。
「4年前に小樽に引っ越してきたんだ。釣れなくなっちゃったよなぁ。その前は伊豆にいたんだけど、伊豆も釣れなくなったからここに来たんだ。今度は五島列島にでも行くかなぁ。どうせあとは死ぬだけだから魚のいるところで死にたいって女房に言ってるんだ。」
なんとも羨ましい話だ。

「オレは投げ釣りが好きでさぁ。特にキスが好きなの。あのククッとくるアタリにやられちゃってさ。でもここにはいないだろ?だからまたキスのいるようなところに行こうかななんて思っている。」
「みんな釣れる魚を釣るような釣りをしているけど、オレはハゼが好き。ずっとハゼを狙っているんだ。80mくらい投げて50mくらいまで探って釣るんだ。どうも投げたままってのができないんだよな。」
「ハゼは全部背開きにして天ぷらにできるように冷凍庫にしまってあるんだ。」
いろいろなことを語ってくれた。オレもそれぞれの話にリアクションしていたんだが、小樽でキス釣り談義やハゼ釣り談義になったり・・・ちょっと面白かったな。なんとなく普段オレがやっている釣りの考え方に似ているなんて思った。

ほんの一瞬の立ち話だったけど、ゆっくりと話をしてみたい方だった。

あの地に行けば・・・また会えるのかな・・・。
五島列島に行っちゃう前にお会いしに行くかな・・・。今度はオレから話しかけないと。

「昨日はボウズでも収穫あり?」と思われた方、「ブログ村」ボタン↓クリックお願いいたします。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ ヘチ釣りへ
にほんブログ村




ASPアクセス解析

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク集

北海道で落とし込み釣りをしているとよく話しかけられるんだよね。やっぱり特殊?昨日の会話から・・・。 釣りと戯言とそして・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる