釣りと戯言とそして・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 悩み。

<<   作成日時 : 2010/03/08 07:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

こんにちは。

昨晩も結構雪が降ったのか除雪車が活躍しているようで、その音で目覚めた。
昨日、「春近し」みたいなブログを打ったのであるが、「根雪ゼロも近いんじゃない?」なんて期待したのにそうでもなさそうだね。

実は今、とっても悩んでいることがある。

今年転勤が無かったことを一番喜んでいたのは親方(長女)なのである。親方は小学校5年生。当然と言えば当然かもしれない。

彼女が小学校3年生の時に転勤で札幌に来た。
当時もうすでに太っており、オレに似ちまったために「客観的には」決して可愛いとは思えず、そして鈍臭い性格なので「いじめに遭うのでは」なんて思ったりしたのだが、大過なくここまでやってきており、来年はスクールバンドの要職?に就くようであるから「そこそこうまく」やっているのであろう。

オレは平日忙しく、そして土日もあまり彼女に構ってやっていることはないのであるが、たまにスクールバンドのコンサートや学芸会みたいなものなどに行くとMCをやっていることが多く、周りからもその容姿は別として「女子アナ並に上手い」などと評されている通り、オレも贔屓目を差し引いても「上手くやっている」と思うのである。

あんな子でも「子供の間」ではちゃんと認められている部分があるんだな、と思う。

ブログでも彼女を腐して評することが多いオレだが、実は可愛くて仕方ないというところが正直なところだ。オレはこんな性格だから、私生活の中でもそういう部分はあまり見せないのであるが、オレはオレの初めて子ということで親方がとても可愛く感じるのである。

今では想像もできないが、「未熟児」として生まれ、その後もなかなか食べてくれなく母子手帳に記された身長や体重はいつも下限を下回っていた。ヨメはもともと子供嫌いということもあり、育て方に悩み・・・オレはその頃凄く忙しかったのではあるが、週に二度くらいは当時住んでいた家の目の前にあった「トイザラス」の閉店間際に店に入り、小さなおもちゃを買って彼女に渡していた。今思えば、溺愛に近かったと思う。一方で、「女だしさっさと父親を嫌うようになっちまうんだろうな」なんて冷めた考えもあったのだが、未だにオレの「お相手」をしてくれるのである。

親方は今回「転勤がなかった」ことを喜んでいる・・・。
もっと言うと「札幌にずっと住みたい」と考えているようなのである。

オレも札幌という地が嫌いではない。いや、好きだ。そしてヨメも気に入っている。
だから、今後確実にある転勤でも・・・単身赴任し・・・要はこちらに「居を構える」かどうか・・・なのである。

実はこの話は正月ころからあった・・・そしてたまたま出張ついでに実家に帰った時、両親に話した。
先日、オレの異動がなかったことをヨメがオレの両親に電話で伝えると母から「そっちはまだ寒いでしょう。永住するところじゃないわよね、コッチは暖かいわよ。」と言われたという。オレの両親からするとオレらが札幌に家を買うことに反対なんだと思う。それは当然なのかもしれない。年老いた自分たちの身の不安というものも抱えているし、そもそも札幌転勤なんて「数年で帰ってくるもの」という考えがあったと思うからだ。

両親を慮る気持ちはある。オレの両親ばかりではない。ヨメのオヤジも健在だしな。
ただ、そういうものとは別としてオレは札幌で家を買うことを悩んでいるのである。

確かに「現在の」親方の望みをかなえてやるにはこちらに家を買うのがいいんだと思う。そして経済的な面も考えれば首都圏で満足な家を買うことは「困難」に近く、例えばマンションで言えば中心部から半分の距離で倍の広さの物件を買うことができる・・・という事実もある。

しかし、今の北海道経済は非常に厳しいものがあり、それが10年後、15年後「どうなっているか」は無論わからないのであるが、親方、そして小動物(長男)が就職するとき、真に「親離れ」してくれるときに選択肢を狭めやしないか・・・なんてことを考えてしまうのである。それは中学・高校・大学等のそれに至る過程においても言えることなのであるが・・・。やはりその面では「東京」に勝る地は日本の中にはないと思っている。

そういう意味ではオレの場合、ガキの頃ずっと東京に住んでおり、「ちょっとした上昇志向」さえ持てば“距離”という物理的な面を考慮せずともやってこれた、という経験がある。今や交通機関も発達し、更にはこのネット社会で情報は瞬時に世界同時に配信される時代にもなっているのだが、やはりオレは「距離」っていうものを意識せざるを得ないのである。

子供のことばかりを言ったが、実は本当に悩み、迷っているのはオレだけなのかもしれない。
それは実は子供のこと云々・・・ではなく、やはり東京と言う地への郷愁、そしてその地に根付いた血(ルーツ)がオレを悩ませているのかもしれない。札幌と言う地は好きなんだが、まだオレには「転勤で来た地」というところでしかない・・・ような気がしてならないのである。

首都圏以外で家を買うとしたら・・・札幌以外はありえない。たった150年程度しか歴史のないこの町の仲間に加えてもらうのがいいんだと思う。自然は好きだが、オレは都市にしか住めない。。。こういう考え方があるからいけないのかもしれないね。次の転勤は「田舎の地」に配転されるのがいいのかもしれない。

なんかちっちぇえな、オレ。

いずれにしても来年転勤がなかったら・・・たぶん「単身赴任」になるんだと思うんだな。
だからこそ、そろそろ踏み切らなければならないことはわかっているんだけどさ・・・。

「住めば都でしょ。」と思われた方、「ブログ村」ボタン↓クリックお願いいたします。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ ヘチ釣りへ
にほんブログ村










ASPアクセス解析

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
バイアグラ
EDは一人で悩むよりバイアグラを試してみるべし!一歩踏み出す勇気を♪ ...続きを見る
バイアグラや精力剤を使って勃起不全を改善...
2010/03/08 23:58

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。切実な悩みですね。

札幌は住みやすい街です。娘さんが中学生になるタイミングの転勤だと、転勤先によっては中学受験などいろいろな問題が起きそうです。

札幌に永住して、お子さんたちに不利益があるとは思えません。しかし、家族として考えた場合、次回はみんなで動き、単身赴任は避けたほうがいいかもしれませんね。

小樽と札幌しか知らないつりきちの意見でした。
では。
つりきち
2010/03/08 09:44
久しぶりの書き込みです。

私の長女とダブリます。似た環境のようです。
私は45歳。長女は19歳。次女、長男とおります。
1昨年末、家を建てました。
私よりも家族が喜んでおります、とっても。
私は自営業なので転勤はありませんができれば親子は一緒に居るべきと思う一人です。
いつ、子供に悩みができるか予知できません。
一般には最初、一人で悩む事でしょう。
親がそばにいて気づけばいいのですが難しいところもあるでしょうね。お父さん転勤だとなおさら。お嬢様もお父さん娘のようですしね?
つりきちさんと同じく、単身赴任は避けたほうがいいかと思っております。

先週末、小樽南〜高島あたりをルアーロッドで
遊んできました。(フェリー、勝納には行かなかった)息子がクロゾイ1匹。私は0でした。

それでは。
おっさん
2010/03/08 15:18
こんばんわ〜。家は悩みますね。私も実は
大阪に欲しいのですが、仕事はないので
多分このまま千葉なんでしょうな。
浦安鱚鰈調査隊
2010/03/08 21:14
やっぱ、札幌がいいなー
釣りにも、簡単に行けるし、
土地家屋は安いしね。

勿論、ソープが安いのは大いなるファクターだよな。
ピンキーハゴトコ
2010/03/09 23:19

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク集

悩み。 釣りと戯言とそして・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる