釣りと戯言とそして・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 子供を連れついに出て行ってしまったヨメ。今日から独身生活。チョイ悪オヤジ?それともうらぶれた中年?

<<   作成日時 : 2010/03/28 07:35   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

こんにちは。

最近、忙しかったことは昨日もブログに書いた。
釣りにもあまり行けていなかったのは、土日も出社するケースが多かったからだ。

オレは自分のことしか考えていなかったのかもしれない。
釣りに行けない・・・という自らの欲望が満たされないことを実生活でも愚痴っていたような気がする。

家族もまたその間寂しい思いをしていたにも拘らず、オレはそれに気づかなかったのかもしれない。
いや、単なる驕(おご)りかもしれない。「オレが稼いできているんだ。」という気持ちがどこかに表れていたに違いない。

「土日でも仕事をしているんだから、しょうがないだろ?」そんな考えがあったのかもしれない。
仕事・・・と言えば何をも許されるような気がしていたのも事実だ。

そして、今日、子供たちを連れてヨメが我が家を出て行った。

確かに今までも似たようなことはあった。
川崎の社宅にいたころある日・・・確か金曜日にオレが帰ってくると家には誰もいなかった。

オレは怖くて仕方なかった。だからなんら行動を起こさなかった。いや、起こせなかった。ヨメの携帯に電話をして、これまでの不満をぶちまけられるのが怖かった。

身内であろうが世間体も怖かった。もし、その事実をオレの実家に喋ったら、オレの両親からオレがなじられるに決まっているからだ。

なぜかオレの両親とヨメは仲がいい。特にオレのオフクロとヨメは仲がいい。実の親子のようだ。
あるときオレは家族の前でオフクロに泣かれたことがある。
「こんなに可愛い孫たちと良いお嫁さんがいて、アンタさえいなければ・・・」。

全く意味がわからなかった。少なくとも「その関係の中心」にはオレがいるはずだ。オレがいなければ成立しない関係にあるのになぜそこをあえて取り除こうとするのか?年寄りのタワゴトとしてもいいかげんにして欲しいと思った。何の言いがかりかわからない。ただ、そのときは何故かオヤジも腕を組んで大きく頷いていた。

皆さんは「ちびまるこちゃん」というアニメを見たことがあるだろうか?あのCX系列で日曜日の午後6時からやっている、かつてガッチャマンやタイムボカンシリーズをやっていた時間帯にどっしりと居座ったあのほのぼのとした如何にも日本人が好むアニメである。その後にやっている「サザエさん」まで見ると本当にほのぼのとすると同時に「あー明日から仕事だよ」ということを強く認識させるほどの「梅干のような」「パブロフの犬のような」日本人の深層心理を本能にまで変えさせてしまうほど影響を持つ「定番番組」なのである。

あのアニメでたった一人ヒールを挙げよ、と言われれば「ひろし」という名の人物なのである。誰かと言えば、「まるこちゃん」の父親。設定的には「ひろし」の実家に三世代同居しているにも拘らず、子供たちをなじり、常に飲んだくれており、ところ構わず屁もこく・・・全員から「怒られる」存在なのである。

オレが実家に行くと同じような・・・いや、もっと酷いことになる。
だからこそオレが「家族がいなくなっちまった」なんて言おうものなら、絶対にうるさいことを言われるのである。

ヨメの実家に電話したら・・・もっと酷いことになる。オレはヨメの実家ではある意味「神格化」されている。なぜそういうことになったのかよくわからないのであるが、「オレの意見は常に正しい」みたいな雰囲気になっている。そのオレがヨメの実家に電話して「あの・・・お邪魔していますでしょうか?」なんてことを言った日にはどうなるであろうか?

こっちは逆にヨメが怒られ、それをチクったオレとヨメの関係が“更に”悪くなるに決まっているのである。
これは最悪なのである。それでさえ「あまりいいとは思えない」関係を“親”ではあっても第三者によって更に悪化させるのは極めて不味だ。

そのときは土曜日から三連休であった。もともと出社の予定があったし、空いた時間は「釣り」に行けば良かった。だから平静を装い、集合社宅の人々には常ににこやかに挨拶を交わした。

三連休の最終日・・・オレが東扇島にその日2度目の釣りに行って帰ってくると家族は家にいた。
テーブルの上には「温泉まんじゅう」が置かれていた。
オレはやるせない気分であったが、家族はいつも通りだった。「こんなにも父親不在が普通になっちまったか」オレは反省した。

夕食の食卓でヨメは言った「●●さんの家にはすっかりお世話になっちゃって。ご主人にずーっと運転してもらっちゃったから後で御礼しておいて」。

どーいう意味なのか?●●さんのご主人というのはヨメの不倫相手なのか?どーしてソイツにオレが礼なんぞしないといけないんだ?

その時、我が家の電話が鳴った。
たまたま近くにいたのでオレが出た。「神戸さんのお宅ですか?この度は大変お世話になりまして。温泉の代金もらいすぎていまして・・・。奥様いらっしゃいますか?」集合社宅の奥さんからだった。

オレはよく意味がわからなかったが、その日釣った魚を昆布〆にしたものをオレは持ってそのお宅に行った。
オレは何かわからず「大変お世話になりました」と言ってみた。そこのご主人と対峙した瞬間だった。「いや、もともと妻の両親がこちらに来ることになっていて・・・温泉を取っていたんですが、急遽来れなくなりまして。その代わりに行ってもらって・・・こちらの方が恐縮してます。」

この時はオレのパラノイアぶりが、変な想像を催したものと思う。いや、そう思いたい。
オレは言われるがままにもらってきた「返金」をヨメに渡すと「何でもらってくるの?」と不満を言われた覚えがある。

どうやらオレが泥酔しているときに「そんなこと」をヨメが言ったみたいだが、オレの心中にはまったく残っていなかった。

しかし・・・今回、何の前触れもなく・・・家族は出て行った。確かに酔っ払って帰ることばかりだが、あまり泥酔していることはない。だから何も聞いていないのだ。たぶん。

オレは今回だけは冷静にモノゴトを考えようと思う。
家族がどうだとかこうだとか関係なく時を過したい。
こういう時こそ「自己中心」的な考え方をして、気を紛らわせるしかないのだ。

こうなったら、家族のいないことをいいことに「遊びまくる」しかない。
2月から始めた腹筋も体表に蓄積された脂肪の下で固まりつつある。これが筋肉であって決してセルライトであるとは信じたくない。
そう、すでに体内では「チョイ悪オヤジ」の素養はできあがっているのである。
あとは心持一つ。連日、連夜「すすきの」でネェちゃんをはべらせる・・・だけだ。

ん・・・待てよ?
遊びまくるにも「先立つもの」が無ければなんにもならない。
そういえば明日引き落としのJALカード請求書が来ていたぞ・・・いくらなんだ?

125,127円・・・愕然。

か・・・金がない。こ・・・これじゃ、「すすきの」どころか200円居酒屋「さんせりて」さえ連日は行けない・・・。
「チョイ悪オヤジ」には軍資金が必要なのだ。

しかし、こんなにカード切ったか・・・?
オレに身に覚えがない・・・一番の出費は・・・。

JAL航空券  ’100328 札幌→羽田   40,700円
JAL航空券  ’100402 羽田→札幌   38,600円

JAL航空券で8万円・・・・。
ヤツらのエアー料金がオレをジローラモにさせてくれないなんて・・・。JALなんて早くANAと合併してANALになっちまえばいいんだ。そうなるとANAまで「尻に火が点く」か・・・なんて八つ当たりもしたくなる。

完全に「せっちん責め」に遭った恰好だ。

そしてもうひとつ気がついたことがある。
「4月2日に帰ってくるのね。」

家で静かにしております。


「あんた、バカだろ?」と思われた方も、「ブログ村」ボタン↓クリックお願いいたします。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ ヘチ釣りへ
にほんブログ村


ASPアクセス解析

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
毎度です〜。そうかぁ〜春休みですもんね。
ウチもそうなのに、途中まで気が付きませんでした(笑)。のびのびとっ!
浦安鱚鰈調査隊
2010/03/28 19:20

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク集

子供を連れついに出て行ってしまったヨメ。今日から独身生活。チョイ悪オヤジ?それともうらぶれた中年? 釣りと戯言とそして・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる