釣りと戯言とそして・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 三つ子の魂?オレがなぜかやってしまったり聞いてしまったりすること。恐妻家?いえ、単なるマザコンかも。

<<   作成日時 : 2010/03/01 07:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

こんにちは。

今朝は久しぶりに「除雪車」の音で目が覚めた。少しまとまって雪が降ったみたいだね。

先週、急に暖かくなって・・・一気に雪が溶けて「いよいよ春到来か」と思わせたんだけど今日は終日マイナス気温のようだし、水曜日くらいまで「寒の戻り」が来るみたいだね。その後はそこそこ気温が上がったり、下がったり。いわゆる三寒四温みたいな日が続くみたいだ。

去年は根雪が消えるのがとても早かったみたいたけど、今年このまま行くと中旬には消えてしまう勢いだったから・・・「そうは問屋が卸さない」ってところなのかもね。北緯43度の恐ろしいところだ。

さて、男って言うのはどうしてなんだろう?「マザコン」なヤツが多い。かく言うオレもそうだと思う。
かつて佐野史郎が演じた「冬彦さん」だったか・・・あそこまではいかないものの「軽度のマザコン」と言うヤツは意外と多いと思うんだよな。

「マザコン」という言葉はどーも嫌われやすい言葉なのである。それは「コンプレックス」というマイナスイメージの言霊がそうさせているのであろうが、それ以上にそういう言葉を忌み嫌う世代=若者の間では「マザコン」=「女にモテない」ってイメージがあるんだろうな。

「冬彦さん」がそうであったように「母の愛」から抜け出せず、ガールフレンドや配偶者のことを一番に愛せないイメージがあるんだろう。確かに女からしたら「そんな男はイヤだ」ろう。逆にファザコンの女というのを考えると・・・確かに「オレってコイツのオヤジさんを乗り越えられないわけ?」と思うかもしれないよな。幸か不幸かそういう女と付き合ったことはないが・・・。

オレんちにおける「オフクロ」の存在は絶大であったと思う。オヤジは会社経営者であったが、私生活は「そこそこだらしない」感じであったためにオレはオフクロに育てられた感がある。
無論、男親・女親で子供の育て方の役割分担があっていいと思うし、オヤジはまさにその中で「反面教師」を演じていた感があるが、どうしても子供の目線からすると「奔流はオフクロ」ということになってしまう。

オヤジはオレに手を上げたことさえないが、オフクロにはイヤというほど殴られた。だから当時は「怖くて怖くて仕方なかった」のであるかが、後々それが「愛情」と感じてしまうところが不思議なんだよな。

オレはあえてそうしているんだが、我が家では「二番手」を演じようとしている。子供たちにとってやはり接点が多いのは「ヨメ」であるし、何せ「姉さん女房」だから年長者でもある。

ヨメも意外と古い女だから、オレのことを家長として立てようとするのであるが、オレは「家の中はヨメの領域」と考えており、基本何をやっても「文句」は言わないし、オレも子供たちと一緒に従うこととしている。ヨメが本当に困って相談してきたときのみ意見するようにしている。

そんな中でヨメが「どうしてもやめて欲しい」と言うことがある。

オレはキッチン周りに立つことは滅多にない。魚を捌いたり、たまに料理を作ったりする程度だ。
キッチン周りこそ「ヨメの領域」と言うと男尊女卑的な思想に捉えられそうであるが、オレはそう思っている。いろいろな料理道具は彼女が使い易いように並べられているだろうし、冷蔵庫の中は彼女が考えて取り揃えた食材が詰まっているからなのだ。

オレは冷蔵庫にあるものを「勝手に」食べたり、飲んだりすることがない。必ずヨメに断りを入れる。例えばウーロン茶のペットボトルがあったら「これ飲んでいい?」と聞く。
ヨメはそのたびに「パパは家長なんだから勝手に飲んでいいんだよ」と言うのであるが、オレは自然とそうしてしまうのである。

それは上記のような考えがあってのものではあるが、もうひとつあるとすればオヤジが勝手に冷蔵庫のものを飲んだり食べたり並べ替えたりしてオフクロに切れられていたシーンを何度も見ているから・・・というのもある。

もうひとつ。
オレは休日は基本的には「一番風呂」に入るのであるが、風呂から出るとバスタオルを使わない。乾いた普通のタオルで全身を拭く。

ヨメは「バスタオル使いなよ」と言うのであるが、どうもそれができない。後々家族が使うときに「濡れた」バスタオルでは「気分が良くない」と思うからなのである。
そもそも表面積の一番大きいものが先に使ってしまってはバスタオルに多くの湿気が含まれる。それに「父親」=「汚物」くらいに思われるのであろうから、早晩親方(長女)からは「パパと同じタオルじゃイヤだ」と言われるに決まっているのだから、事前に回避しているっていうのもある。

これもまた「配慮」だけではなく・・・オヤジが最初に風呂に入って、バスタオルをビショビショにしてしまいオフクロから苦言を呈されていたということにある。

こうしてオレは家庭内では小さくなって「生活している」のであるが、ヨメに強制されてそうしているわけではない。いや、一部「無言のプレッシャー」というのもあるかもしれないけどな。
ただ、わがオヤジほど達観できていないせいか・・・時々ガキどもを叱ったり、殴ってしまうこともある。

こういうことを考えると「マザコン男」も軽度ならいいんじゃないか・・・と。
海外の慣用句に「20年育てた息子を20分で奪い取っていく」のがガールフレンドなんだから、ね。

あーそういう意味ではヨメの小動物(長男)に対する愛情が・・・歪曲しないように注意しないとな。

「でもやっぱり冬彦さんはマズいでしょ。」と思われた方、「ブログ村」ボタン↓クリックお願いいたします。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ ヘチ釣りへ
にほんブログ村







ASPアクセス解析

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
エアマックス 2013
三つ子の魂?オレがなぜかやってしまったり聞いてしまったりすること。恐妻家?いえ、単なるマザコンかも。 釣りと戯言とそして・・・/ウェブリブログ ...続きを見る
エアマックス 2013
2013/07/09 18:35

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク集

三つ子の魂?オレがなぜかやってしまったり聞いてしまったりすること。恐妻家?いえ、単なるマザコンかも。 釣りと戯言とそして・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる