釣りと戯言とそして・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 久しぶりにこのネタで。コマセの効果。直接的?間接的?結局はよくわからないでいるんだけどね。その2。

<<   作成日時 : 2010/01/08 07:58   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

こんにちは。

正月明けの札幌は良い天気が続いている。気温もそれほど低くなかったんだけれど、昨日深夜まで会議をして外に出たら久しぶりに「寒い」って感じた。
いや、毎日零下になるんだから当然寒いのは寒い。もし、東京で働いていたころにこの気温なら外出もしたくなくなる感じなんだろうが、人間は何年かこういう環境で過すうちに耐性ができるのであろうか?今はそれほど感じなくなってきた。それに、東京の寒さと札幌の寒さの質が違うような気がする。

雪がしんしんと降っているような時は、同じ零下でもなんとなく暖かく感じる。例えば同じ−2℃でも東京と札幌では札幌の方が「暖かい」感じがするんだよな。気のせいかな?それとも湿度なんかが関係しているからだろうか。

ただ、さすがに東京で−5℃とかはないから、「肌が指すように痛く感じる」ような寒さがコチラにはあるのも事実。昨日の夜は久しぶりにそんな感じがした。今から出社するのが怖い感じ。

さて、昨日のブログの続き。

オレは夏休みに一度か二度、関東の河川以外のところに入っていた。それが伊豆であったり、東北であったり。高校生だったから当然当時は電車で行き、安い民宿で2泊くらいして釣っていた。狙いはアマゴ、ヤマメ、イワナ・・・の天然魚だった。

「狙いは天然魚」と言いながらも稚魚放流なんかは全国的に進んでいるので、果たしてどれだけ「真の天然魚」だったかは知れないし、ヤマメであればよく言われる「尾びれがオレンジ」という魚体を何匹釣ったかと言うと本当に少ない数でしかない。漁協が放流活動していない河川でも地元の釣り会などが自主放流している河川もあって、そういう河川でも「いかにも放流モノ」という個体が釣れたことは何度もあった。逆に言えば地元の有志の方々のご厚意によって釣りを楽しませてもらったことは何度もある。

だから正確に言うと「天然魚もいる」ような河川に「この時だけは」入ることを心がけていた。そういう河川は・・・特に当時のオレの「電車とバス乗り継ぎ」みたいな釣行だと入る場所は限られるので「魚の絶対量」は限られる。さらに夏場の渇水期であり、かなり難しい釣りを強いられたことが多かった。

こういう釣行は行った日は「ただ行くだけ」。できても夕マズメ程度。まぁ、ちょっと川歩き程度の釣りをして、翌日に夢を託す感じ。帰ってくる日も朝マズメ釣ってそのあとは「ただ帰ってくるだけ」。旅の名残を惜しむ感じだな。

と、言うことで釣りのメインは中日(なかび)になる。
この日は朝釣って、一度宿に帰って食事し・・・また川に入って宿に帰って昼寝し・・・夕マズメを釣るみたいな1日三度釣行なんぞをしていた。午前4時から午後7時くらいをフルに使っていた覚えがある。

昨日書いた通り、いかに「渓流魚」でも“放流魚”なら「コマセに寄る」ことを知ったオレはこの時「“天然魚”にも効くんじゃないか・・・」との思いを持っていた。

天然魚のみを狙いたい、しかも釣りたいなんて思いはオレを“籔沢に入る”ことを選択させることが多かった。この日もそうしていた・・・。
オレは朝マズメを狙い、少し開けた場所に淵があることを確認した。恐らく水深は最深部で2m弱ありそうな場所だった。
きれいに澄んだ水の中の魚がオレの視界に入った。オレの視界に入るということは向こうからも見えている可能性が強い。仕掛を流したが・・・一匹くらい釣れた覚えがあるが・・・それ以上釣れなかった。オレはあることを試すためにそこでそのポイントを諦め、リュックサックに入れていた「粘性の高いコマセ」をその淵の上流にあるチャラ瀬の石に塗りこむようにして入れた。そして・・・朝マズメの釣りを終了した。

通常は1日2度目の釣りは一度入った河川に入らない。それは当たり前だ。渓流釣りにおいて「先行者」がいることほど辛いことはない。したがって「先行者が自分」なんていうようなことはしない。

ただ、この日は違った。2時間開けて・・・オレはその川に再び入った。
勿論、狙いは「あの淵」なのである。
先ほど淵の状態は覗いているのでオレはその淵にそっと近づき仕掛を入れた。目印がクッと引かれ1匹目が釣れた。そしてその後数匹がオレの手に収まった。

淵とは言いながらもそれほど大場所ではないので、活性の高い時期でもこれだけ釣れれば上出来なのである。ちなみに「尾びれがオレンジのヤマメ」であった。さすがに食わなくなった。

ここでやめておけばいいものをオレはまたコマセをチャラ瀬に塗りこんで・・・河原に寝転んだ。30分後仕掛を流すとまた2、3匹釣れた。

もうこれだけ釣れるとこの時期の1回の釣りでも「釣った」部類に入るのである。しかもこの渇水期に一ヶ所で釣れるとは・・・。それまでの経験からすれば「釣れるはずもない条件〜先行者あり」においてこれだけの魚が釣れたということはヤマメという魚に「コマセが効く」ということを実感したのであった。

この日を境に・・・「どうしても釣りたいぞ」と思う日にはコマセをリュックに忍ばせていた。これによって主戦場での釣りも・・・やや変わった。勿論、それまでやっていたように通常釣り人が狙いそうもないが、ヤマメが付いていそうな場所・・・浅い平瀬・葦の根元・護岸の割れ目・・・も狙った。しかし、一ヶ所だけ、「ここぞ」と思うような大場所で「コマセ」を使った釣りも「そっと」やっていた。そういう場所は東京や埼玉ではその日当然「先行者」が何人か竿を入れている場所なのである。

毎回釣れたとは言わない。いかに「コマセ」を仕込んでも釣れないときは釣れなかった。でも、釣れる確率はかなり高かった。

このことはヤマメに「コマセが効く」ということのほかに「先行者が釣った場所は釣れることがめったにない」という概念をも変えてくれた。変な話だが、コマセを持っていなくともそういう「誰かが狙いそうな場所」に竿を入れるようになったのもそれからである。大場所であっても「誰しもが狙いそうな流れの筋」を外したり、「淵の開きの人頭大の石回り」を狙うことによって釣果が出るようになったのである。ポイントを見る目が細かくなった。

大学生になり、自動車免許を取ると自らが「先行者」になるとあまり「コマセ」は使わなくなった。それに「渓流魚」はコマセなんぞ使わず「丸腰でやる」のがやっぱり「良い」。

「コマセ」のレシピ?は“釣りノート”に書いてある。たぶん二度とやらない・・・と思うけどな。

次回から海に・・・。

「ヤマメにコマセ?バカだねぇ。」と思われた方、「ブログ村」ボタン↓クリックお願いいたします。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ ヘチ釣りへ
にほんブログ村




ASPアクセス解析

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
セルロイド製の透明のサカナの捕獲器(直径15cm、高さ30cmの円筒形)があって、これを私の地域では「セルビン」と呼んでいました。
このセルビンの中に、ゴルフボール大のコマセ(味噌と糠)を入れて、よく振って濁らせ、川底に20分ほど置くと、カワムツやオイカワでいっぱい(20〜30匹)になります。
淡水魚にもコマセの効果は高いですね。

ちなみに、このカワムツは、ウナギ釣りのエサに使います。
余談ですが、このセルビンにコマセを入れず、一晩置いておくと、朝にはアマゴやニジマスが入っています。
側線の感知機能で、「適当な穴があった」と勘違いするのでしょうか。

海釣りでも、コマセの効果は高いと思います。
遠投カゴ釣りをして、その潮下で投げ釣りをすると、投げ釣りも好釣果となります。
また、サビキ釣りをしている人の潮下で投げ釣りをしても、好釣果となります。
50m以上離れていても、効果があるようです。
コマセは、集魚効果だけでなく、サカナの感覚をマヒさせて、食餌を異常に活発化させる麻薬みたいなものでしょうね。
少なくとも、「サカナを活性化させる」とういうレベルの生やさしいものではないと思います。
私は、自分が釣り大会の開催企画をして、「人(特に初心者)に釣らせなければならない」場合は、コマセを使います。
自分だけの釣りの場合には、コマセをまくのが煩わしいし、海にいるだけで満足で釣果にあまり執着がないので、ほとんど使っていません。

電車キャスター
2010/01/08 22:03
電車キャスターさん、こんにちは。
長文の書き込み有難うございました。
次回からの私のこのネタ・・・ちょっと被るかもしれません。ご容赦ください。
セルビンは私も良く使っていました。特にモエビを取る際は・・・。ただ、北海道では釣竿かタモ網を使った漁法以外はダメとのことですので・・・なかなかエビ撒き釣りができておりません。
今年はボサに前日エサを仕込んでタモで掬ってみようかと思います。
神戸MPV
2010/01/11 07:51

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク集

久しぶりにこのネタで。コマセの効果。直接的?間接的?結局はよくわからないでいるんだけどね。その2。  釣りと戯言とそして・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる