釣りと戯言とそして・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS コマセの効果。直接的?間接的?結局はよくわからないでいるんだけどね。その6。投げで使ってみようかと

<<   作成日時 : 2010/01/25 06:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

こんにちは。

オレのコマセを使った釣りの経験その6。前回はコレ↓。
http://94432163.at.webry.info/201001/article_21.html

結婚してから完全に「東京湾」がホームグランドになったオレ。
当初は「落とし込み」の真似事をしていたのであるが・・・どうもよく釣れない。

本来「東京湾での落とし込み」ってヤツはクロダイなんだろうけど、この魚は滅多なことじゃ釣れてくれない。
「釣果至上主義」であるオレに“毎度ボウズ”なんて釣りはあまり向かないのである。「苦労して苦労して釣った一枚」というのを「楽しみ」にするのも憧れるのではあるが、やはり“じゃんじゃん釣れる方”が楽しいのである。
それに落とし込みの他のターゲットであるアイナメは秋冬そして梅雨時の一瞬くらいしか狙えないし、メバルやウミタナゴはほぼ周年釣れるのであるが、メバルはともかくもウミタナゴは釣ったあとの「食」が楽しくない。

そして、以前このブログで書いたがあるとき「えっ?こんなに釣れるの?」というシーンを見てしまうのであった。
それはとある駅前でいかにもファミリーフィッシングという親子があれよあれよいう間にあめ色の落ちハゼを十数匹釣り上げるのを見たのであった。飛距離は30m程度。

直後に近所の「ポイント&ペグ」http://www.point-i.jp/に行って安い投げ釣りの道具を買い漁るオレがいたのであった。そして一時間後その親子の横で投げ釣りの真似事を始めたのであった。

釣れた・・・思うように釣れた。「これだ!」と思ったよね。ハゼ、木っ端カレイ、アイナメそして夕方になるとセイゴやアナゴやメバルも。。。
バケツの中には土産にするには十分過ぎるほどの魚が入っていた。

その後、秋〜春はカレイを狙い、夏場はシロギスを狙うようになった。毎週、いや、時によっては毎日・・・釣りに行っていた。こういうペースでやっていると“慣れ”というものは早い。当初は「週一度は同じ場所で」「それ以外はいろいろな場所で」を心がけていた。

この「週に一度は同じ場所で」というのは『何かの釣りに慣れるためには同じ場所でやることが重要』と言うことがガキの頃からの釣りでそれとなくわかっていた。ある場所で狙うことによってその魚がいる流れや深さ、底質などを覚える・・・これは川釣りをやっていたころから言わば“癖”とも言える。

もう一つ「いろいろな場所で」と言うのは・・・わかっているポイントは多ければ多いほうがいい。あるポイントに先釣者がいるときに場所替えができるというのは「気分よく釣りをする」には重要なことだと思う。これも先釣者がいると釣りそのものが立ち行かなくなることが多い渓流釣りのころからの“癖”でもある。

そんなこんなで一年もすると車で30分以内の釣り場・・・ただしオレの性格からして有名ポイントはダメだったが・・・はだいたい把握できるようになっていた。
ただ、魚が一定以上釣れてくれるようにはならなかったのである。

カレイは1シーズンで数度「ツ抜け」をすることはあったが普通の釣行では2、3枚。シロギスならば時に50匹なんてこともあったが普通はツ抜けするかどうかというところ。

オレの気持ちの中に・・・「う〜ん、コマセを使ってみたらどういうことになるんだ?」という気持ちがあったにはあった。しかし、それをどう使っていいのかわからなかった。

そんなオレの背中を押してくれた番組があった。たまたまある場所でCSを見ていた時、「コマセカゴ」をつけて投げ釣りをしている人がいる地域を知った。
それが「北海道」だったのである。番組名は忘れてしまったがもしかすると「釣〜りんぐ北海道」だったのかもしれない。

彼らはコマセカゴをつけた誘導仕掛をつけてサーフから投げ込んでいた。大きなアイナメやカレイや見たこともない魚(たぶんカジカ)を次々と釣り上げていた。

オレのオヤジの取引先の人に「北海道出身」の方がいることを聞いていた。その方はクロダイの落としこみに嵌まっているらしかったが、「投げ釣り」も過去やっていたことを聞いていたから「何がコマセのベースか」「何を狙うときにコマセを使うのか」について聞いてもらった。

オヤジが持ち帰った答えは「イカのハラワタとかウニがらがベース」「しかもそんな配合エサが売っている」「狙う魚はアイナメ、ソイ、カジカなど」であった。オレが期待した答えの半分も返ってこなかった。オレは普段狙っている「カレイ」を狙うのにコマセが使われているかどうかが知りたかったのであった。

果たしてマコガレイにコマセは有効なのか・・・。オレはこのブログでこのことも過去書いたが、「ある事」について思い出した。

オレのオヤジは過去、「一人で釣りに行く」という時には「船釣り」をすることが多かった。一番得意なのはシロギスであったようだが、たまにマコガレイを狙いに行くこともあった。どうも「マコガレイ」釣りは得意ではないらしく・・・「勝負が早くなくてイライラする」くらいのことを言っていた。

しかし、そのオヤジがマコガレイの釣り大会で優勝してきたことがあった。何を思ったか「アミコマセ」を持って行き、天秤にコマセカゴを引っ掛けてそれを詰め、爆釣したというのであった。圧勝だったという。その後もたまにカレイ釣りに行っていたようだったが、当時中・高生だったオレがあまりカレイ釣りに興味がなかったためにあまり詳しくは聞かなかったこともあり、忘れてしまっていたのであった。しかし、優勝した時は竿とか鍋とか沢山持って帰ってくるために「タクシーで帰ってきた」ことにより金が足りなくなってオフクロが外まで払いに行き、その後絞られていたことが滑稽だったこともあり、妙に印象的だったのである。

「やっぱりやってみようかな・・・。」

オレがそのころ気にいっていた「城ヶ島大橋下」という三浦半島先端の地を最初の場所として選んだ。

「やっと投げ釣りになったね。」と思われた方、「ブログ村」ボタン↓クリックお願いいたします。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ ヘチ釣りへ
にほんブログ村


ASPアクセス解析

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
今日、賞品が届きました。
ありがとうございました。
小物類につきましても、自分の釣りのスタイルをお考え頂いた品揃えで、有難く、さっそく
使わせていただきます。

コマセですが、以前に寿都港でクロガシラカレ
イを狙った時は、イカゴロの含有量が多い物が
効果がありました。
アミエビの方が良いかなと思い、これも使って
みましたが、イカゴロコマセの方ばかりに中り
がありましたよ。
ごへい
2010/01/25 20:12

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク集

コマセの効果。直接的?間接的?結局はよくわからないでいるんだけどね。その6。投げで使ってみようかと  釣りと戯言とそして・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる