釣りと戯言とそして・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS かつて釣り番組の製作に手を貸した時の話。釣りのプロは大変。結局NGだったのかも不明その8。実釣1

<<   作成日時 : 2010/01/10 09:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

こんにちは。

年末年始をはさんで・・・すっかりこの話を続けていることすら忘れていた。
「ある釣りをテーマとするブロガーからの・・・」って話の方が先に終了してしまったぞ。
オレのブログがいかにテキトーかわかるだろ?

てな、ことで・・・約半月ぶりに・・・このブログの続き。↓
かつて釣り番組の製作に手を貸した時の話。釣りのプロは大変。結局NGだったのかも不明。その7。移動。
http://94432163.at.webry.info/200912/article_26.html

西伊豆から急遽観音崎に移動することとなったオレたち・・・。当初のNの目論みは外れ、そしていつの間にか「わがままでトンチキな初心者」と仕立て上げられたオレ。。。まぁ、そのへんまでは良い。良い?良くはないぞ・・・よくよく聞いてみれば、どうやらNが「フィッシングギャルIちゃん」を売り出そうとしている・・・いや、そうじゃない。ヤツがIちゃんを繋ぎとめておきたい・・・と言うことに付き合わされているに過ぎないということが段々と明らかになってきた。

ただ・・・オレはシロウト。
そういう意味では、単にハードな釣り?に行ったと思えば良い。

問題は・・・そんなことで番組制作している撮影班・・・それに二人の「釣りのプロ」の方々だ。彼らは「真の意味で」仕事をしているわけなのである。経緯などどうでもいいのだ。とにかく番組を制作し・・・どこかに売れるかどうかがポイントなのである。
だから、このときにはすでに「被害者意識」よりも「何とかしなきゃ」って思いが強かった。

おそらくではあるが・・・このメンバーの中でオレが一番「観音崎」という場所に精通しているのではないか、と思った。もうすでに「オレが釣らないと・・・いや、オレが釣れば・・・トンチキな初心者大喜びってことで一応ストーリーにはなる・・・」と思っていた。

2時間以上かけてやっと観音崎に着いた。すっかり辺りは暗くなっていた。オレの車が一番最初に着いたのでIちゃんを車内に残し、オレはヘッドライトをつけてロッドケースを持ち、一人で海に向かった。想定していた最初の場所がラッキーなことに空いていた。

その時間から釣り場に入って来る者もいないとは思ったがオレは三脚を2本立てて「明らかなる場所取り」を行なった。プロ2名、Iちゃん、オレの4人で竿を出すには明らかに狭い場所ではあるが、Iちゃんは「場面、場面」で登場する程度であろうから3人が出せれば良い。本来2名くらいの釣り場だが、ギリギリ3名は入れる。

それに撮影班のことを考えれば・・・足場が良いに越したことはない。。。それを最優先した。
オレは観音崎にたった一つある入口の堤防を「釣り場」と考えたのである。

「マダイを狙う」にはこの場所ではない・・・もっと遊歩道を南西に歩いた一番奥の方の磯が良い。しかし、観音崎のマダイシーズンはまだまだ先。投げの仕掛が届くような位置に「マダイ」が泳いでいるとは思えない。。。

「トンチキな初心者がマダイは釣れなかったがクロダイが釣れて大喜び」にするにはこの堤防、実は悪い釣り場ではない。それにあくまで賑やかしモノに過ぎないかもしれないが、「マコガレイ」「アイナメ」なんぞも来る可能性もあった。
勿論、見る人が見れば・・・「この時期にマダイはいない」「それにマダイを狙う場所でもない」は明らかではあるがすでにそんなことはどうでも良かった。

撮影班がライトやカメラを用意している間、オレは場所の選定理由とポイント説明をした。
そして「誠に申し訳ありませんが、投げをあまりやらないAさんは右端でお願いします。正直なところクロダイは出ないと思います。しかし右45度でアイナメやカレイの可能性はあります。あ、エサはイワイソメ・青イソメ中心で。青イソメは私が用意しております。2色より先にツブ根が入っています。そのあたりを細かくトレースしてください。Bさんは真ん中で・・・。正面から右はAさんの場所と同じような感じですが、左は根が張り出しています。この根回りにはクロダイが入っているかもしれません。Iちゃんの竿は三脚の右側に置かせてあげてください。私は左に入ります。ガッチガチの根です。それに1色半のところに高い根がありますからこの場所に慣れている私がやるのがいいと思います。」と釣り人のポイント配置を行なった。
「ホーッ」っと一同が感心してくれた。

Nは「さ、投げるシーンから入るよ。」と言った。そしてオレに近づき・・・「さっきのポイント説明、Bさんに教えて。あとで番組のポイント説明に使うから。紙にでも書いておいて。あ、神戸ちゃんは“一番釣れる場所”ってことにしておいてね。」

まったく・・・なんちゅう都合の良さだ。でも・・・乗りかかった舟、致し方なしだ。

オレは「全遊動天秤」の1本バリの仕掛と根ガカリ対策で「前後にゴム管をかませた中通しオモリを底オモリ」とした胴突仕掛を着けた2本の竿を投げた。距離は3色半。根が少し切れるあたりであった。

3月・・・春とは言いながら・・・かなり冷えてきていた。「厳しい釣りになるな」と思った。
オレはNから受け取った紙にポイント図を描き、先ほどの説明を書き込んだ。

「神戸ちゃんは一番釣れる場所ってことにしといて・・・」か・・・。
Nがテキトーに言った言葉なんだろうが・・・実はそれ・・・当たっている。

確かに難しい場所ではあるが・・・一番可能性のあるのはオレが入ったポイント。

だって・・・オレが釣らないと意味がないからね・・・。

この話もう少しつづく。

「やっとスタートフィッシング?」と思われた方、「ブログ村」ボタン↓クリックお願いいたします。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ ヘチ釣りへ
にほんブログ村







ASPアクセス解析

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
神戸MPVさん、始めましてhigeです。

唐突のお願いで申し訳ありません。
この話の続きが気になって、気になって。
ネタに困った時にでも、続きをよろしくお願いします。
(口はそこそこ達者なのですが、作文が苦手で。こんなお願い文になってスミマセン。)
hige
2010/03/03 12:26

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク集

かつて釣り番組の製作に手を貸した時の話。釣りのプロは大変。結局NGだったのかも不明その8。実釣1  釣りと戯言とそして・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる