釣りと戯言とそして・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS かつて釣り番組の製作に手を貸した時の話。釣りのプロは大変。結局NGだったのかも不明。その5。N登場

<<   作成日時 : 2009/12/07 07:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

こんにちは。

先日の、
かつて釣り番組の製作に手を貸した時の話。釣りのプロは大変。結局NGだったのかも不明。その4。悩み。
http://94432163.at.webry.info/200912/article_2.html
のつづき。

オレと釣り名人二人しかいない西伊豆の某漁港。
「まさかN、ドタキャンしたんじゃないでしょうね。」というと名人の一人が「それはありえないと思います。カメラなどの部隊は別に参りますから・・・。」と言っていた。

そのうち・・・14時を回ったくらいにオレらの横にワゴン車が止まった。中から3人出てきて名人たちに挨拶し、次にオレにも挨拶してきた。オレは「Nさんは別行動ですよね。」と言うと「ええ、でも昨日別の撮影班と一緒に名古屋を出ているので、もうコッチに来ていてもおかしくはないのですが・・・」と言っていた。

オレの頭の中は「???」だった。ヤツは名古屋に「フィッシングギャル」を拾いに行ったのではないのか???

オレは撮影班に沖をさして言った「風強くなってきましたし、ちょっとウサギ飛び始めているんで厳しくないですかね。」
撮影班も「そうですねぇ、厳しいかなぁ」と言っていた。先ほどまで「困る」と言っていた名人たちも強くなる風にさすがに沖磯に出ようなどとは言わなくなった。

オレは二人が可哀想になったこともあり「別の案を考えませんか?」と言った。実はその前から少し考えてはいたのである。

オレは言った「この取材自体、ドシロウトの考えたものでしょう?風が吹いて目的の場所には出られなくなったけれど名人たちが考えて・・・何とかドシロウトに釣りのできる場所を探して釣りだけはさせてあげる・・・と言うのはどうでしょうか?この風なら東伊豆か・・・タイ繋がりでクロダイでいいならそろそろ三浦半島の観音崎なら投げで出ると思いますが・・・」。
名人Bは言った「神戸さん、その案いいですね。三浦まで行ってしまうの・・・確かにクロダイが出てもいい時期。」

撮影班は「そうですね。いい案かもしれません。ただNさんに聞かないと・・・」と困っていた。

時間は14時半を過ぎていた。ボロいシーマがやってきたのはその時だった。Nだった。
「あらぁ皆さんお早いお着きでぇ。」
助手席には女が乗っていた。あれが「フィッシングギャル」なのか。

オレは言った「お前、遅ぇんだよ。13時って言ったろ」とまず文句をたれてみた。
Nはわざとらしく大きく頭を振って「午後3時って言ったじゃなーい。」と言った。
「じゃ、なんで名人二人も来てるんだよ!」

Nは二コリとオレに向かって微笑むと後ろを向き「さぁ、撮影準備してぇ・・・」

シバいてやろうかと思ったが、現実論を優先した。
オレはNに向かって言った「この風じゃ出られないだろうよ。」。
「出られるでしょ。」
「いや、無理だぞ、ウサギ飛び始めている。」
「じゃあ、漁師さんに聞いてくる。絶対に出られるから。」

Nは渡船をしてくれる漁師さんのところに駆けて行った。



10分後、Nが戻ってきた。全員の前に立つと
「ダメでーす。バーツ。」と言って手で×を作って見せた。

「どーすんだよ。」
「どーしよう。」
「それを決めるのがオマエの役目じゃねぇのか?」
「・・・・・・・・・・・」
「・・・・・・・・・・・」

沈黙が続いても致し方ないので、先ほど名人、撮影班に話した案を言ってみた。名人Bが「観音崎なら可能性ありますし・・・シーズン先取りのクロダイなら釣れるかもしれません。」とフォローした。名人たちはNには丁寧だった。こんなヤツでも「仕事をくれる」相手となるとそうなるのか。

「うーん、月並だけど仕方ないねぇ。もう少し時間があればオレがいい案出せたのに・・・」とN。
「テメエが遅刻してっからだろ」と言いたかったが実務を優先した。
「この海の状態写して、ここじゃできないこと撮影しておいた方がいいんじゃないのか?」
「当たり前ね。まずは海写して・・・沖の波が高いのをしっかり撮ってよ。」

Nは思いついたかのように「あ、愛ちゃんの台詞変えなきゃ。」と言ってシーマに戻った。

それにしてもこのフィッシングギャル、一度として車から出てきやしない。グラサンかけてずっとうつむいていやがる。どこまでお高く留まっていやがるんだ、という感じだった。

オレはシーマの後部座席にあるものを発見した。

ギターのハードケース。

これでなんとなくオレの「???」の「点と線」が結びついたような気がした。

この話、つづく。

「まだ引っ張るの?」と思われた方、「ブログ村」ボタン↓クリックお願いいたします。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ ヘチ釣りへ
にほんブログ村

ASPアクセス解析

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク集

かつて釣り番組の製作に手を貸した時の話。釣りのプロは大変。結局NGだったのかも不明。その5。N登場 釣りと戯言とそして・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる