釣りと戯言とそして・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 最低気温−5℃、最高気温−2℃。この状況で生きながらえるとは。思わず持ち帰ってしまったよ。

<<   作成日時 : 2009/12/20 22:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

こんにちは。

今日はすでに二つブログを上げており(と言っても1テーマ?だが)、もうひとつ書くつもりはなかったのだが、とても強い命を見たので書いてみたい。

親方(長女)が大通のクリスマスに行ったずいぶんあと、オレと小動物(長男)が出かけようと自宅の下にある立体駐車場に下りた。

「壁にタッチしてろ。」
これが駐車場でのオレの口癖だ。なにせヤツは常にウロチョロしていやがるからオレが車を立体駐車場から出すときも危ない・・・だから、こういうことを言わなければならないのだ。

「壁にタッチしてろ。」いつものように言った。

オレが車を出して小動物の手を引こうとするとヤツは姿勢を低くしたまま動かない。なにかを凝視している。
「パパ、なにかいる。」

ヤツの視線の先を見ると・・・

画像


なんとトンボがいた。糸トンボの一種だと思う。
その姿は冬の枯葉のように全身茶色であり、もしかするとすでに・・・という感じだった。
オレは“彼”をそのままにして小動物とドライブに出かけた。

5時間あまりドライブしてきた。今日はあまり寝ていないからヘトヘトだ。

車庫入れをしているとまた小動物が同じ場所を凝視している。そして・・・車庫入れを終えたオレに小動物が言った言葉は「パパ、おうちに連れて帰ろう。」。

何度も言うのでオレは言った。「もう死んじゃっているかもしれないよ。」「それでもいいから取ってみて。」

小動物の言葉に負けてオレは彼に触れた。ころん、と彼は地面に転がった。やはりもうダメなのか。
オレは小動物に「やっぱり死んじゃったみたいだ、残念だけどな。」・・・しかし小動物は「パパ、寒くないところに連れて行けば生き返るかもしれないよ。」・・・いや、そりゃ無理だ。

少しでも寒さの凌げる場所・・・住民の納戸の並ぶスペースに入れ・・・床の端に置いた。立ち去ろうとしたが小動物はあきらめきれないらしい。。。息を吹きかけている。。。

そして・・・「パパ、トンボ生き返った。」

もうこうなると・・・家に持ち帰るしかない。

画像


家の中に入れると驚いたことに・・・動き始め、羽を広げた。写真が下手くそなんでわかりにくいが、目は透明になり、体は緑色を帯びてきた。
そして、たまに飛ぶようにもなった。だから「灯り取り」で彼が死なないようにスモールライトで暗い中で過ごしている。オレんちってアホだよな。

でも・・・エサがない。蚊や小バエなどがいない。彼がじきに命を失うのは間違いない。
オレの中で・・・家の中に持ってきたことがいいこととは思っていない。いや、悪いことかと思う。

昆虫に詳しい方へ。
もし、糸トンボが成体のまま「冬眠」するようなことがあれば是非オレに教えて欲しい。
オレが今やっていることは確実に“彼”のためになっていない。単に体力を失わせているだけだ。。。

ただ、そうじゃないなら・・・最低気温−5℃、最高気温−2℃という世界で生きていた彼を1日でも長く生きながらえさせたい。

「らしくないね。」と思われた方、「ブログ村」ボタン↓クリックお願いいたします。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ ヘチ釣りへ
にほんブログ村






ASPアクセス解析

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
そのトンボ、おそらくエゾイトトンボではないかとおもいます。
成虫で越冬するトンボで、風雪の当たらない物陰で越冬してますよ。
私の職場(山の中の農園)では至る所で越冬していて気温が高め(ビニルハウスの中等)ならふらふらと飛んでたりしてます。
ドラム缶
2009/12/20 23:17
こんばんは。 何千種類もいる糸トンボ、ドラム缶さんの言うとおりエゾイトトンボだと思います。 10月頃の俺のブログにも取り上げましたが、古い家の天井裏などに集団で入り込み越冬するそうです。 因みに普通のトンボの寿命は3カ月で、蜘蛛の巣に引っかかたり鳥のエサ、車などにぶつかったりするので、平均は10日前後だと言われています。

今日のお昼頃届きました。 ありがとうございます。
ひろし。。。
2009/12/21 22:06
ドラム缶さん、ひろしさん、ご教示頂き有難うございます。
この北海道にそんなトンボがいたなんてつゆ知らず・・・しかもひろしさんが話題にしていたのに私がそのブログを外しているなんてさらにショック・・・。
現在トンボはあまり温度の差がない廊下の虫かごの中で元の姿のままじっとしています。春になったら水辺にでも放してやろうと思っております。
神戸MPV
2009/12/27 16:16

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク集

最低気温−5℃、最高気温−2℃。この状況で生きながらえるとは。思わず持ち帰ってしまったよ。 釣りと戯言とそして・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる