釣りと戯言とそして・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS なぜ北海道において「アイナメ」はあまり食べられないのか?本州では高級魚だぞ!この贅沢者めがぁ。

<<   作成日時 : 2009/11/17 07:58   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 12

こんにちは。

昨日書いたブログは沢山の方がご覧になってくれたみたいだ。
やはりかつての橋田ドラマではないが「他人の不幸は蜜の味」なのであろう。
オレもあの題名を見たら普段見ないブログでも「おっ・・・コイツやらかしたか」と見てしまう。
そしていつもオレのブログをご覧になっている方も「あーぁ、ついに」なんて思いながら見てしまったのであろうな。
ほんのわずか・・・「ネタだぞ」と思ってくれた人もいると思う。

しかし・・・すまんな、あまり不幸じゃなくて。
そしてオチも今ひとつだったな。反省すべきところだ。

時々、ネットサーフィンしていると「不幸」を売り物にしているようなブログがある。
「オレ(アタシ)って不幸の塊ぃ・・・」みたいな「不幸自慢」。そしてそれを卑下しながらも「好意的な意見」を述べている読者・・・そーなんかなぁといつも思う。

確かにそんなブログを見ると「不幸だなぁ」と思うとともにオレみたいなヤツにも「自信」が生まれたりする。そういう意味ではそれがたとえフィクションであったとしてもそんなブログは一定の「社会的意義」は果たしているんじゃないかと思うな。オレが書いているものなんかより、社会の「タメ」になっている。

ただ、見ている側からすると・・・そーんなに「同情的になる」必要もないのかと思うんだよな。本当に不幸なのは自分の内にあるから、不幸なヤツは「陰に籠る」。そしてあらぬ真似をする。それが一人ひっそりと・・・とならば良いが「巻き込む」ヤツがいる。迷惑な話だよな。そうなっちゃいけないと思うんだな。

普通に働いていてもそんなヤツいるよな。理由もなくテメエの不幸を他人にまで押し付けるヤツ。もー少し我慢強くなれないんかねぇ。

ま、今日チッと思った感想だ。

ところで、『魚天国:北海道』に来て、「関東とは評価が違うな」って魚がいる。

一つはドンコだ。和名はエゾイソアイナメってヤツ。北海道では全くと言って良いほど相手にされない。

ただ、ドンコってヤツは釣ったことがある方ならおわかりであろうが、あの姿だからな。ナマズのようなヌメッとした感じの姿は「どうも食指が伸びない」という感じだし、毒針を持つゴンズイにもちょっと似ている。。。そして南関東ではあまり釣れないこともあってすぐに海に帰されることが多い。
これが常磐以北になると評価が変わる。沖堤に渡ったりすると地元の方が「主にドンコを狙って」テトラの間などで穴釣りを行なっているのがよく見られる。

東京の魚を出す飲み屋なんかでも30pに満たないドンコの煮付けが1匹1500円くらいしたりする。そして、実はオレもこの魚の煮付けは好きだ。
身の目が細かく、ちょっと薄味に煮付けると旨い、と思う。肝も釣り場で生きているうちに出して氷に入れて持ち帰り、一緒に煮込むとカワハギに比べかなり濃厚であるが美味しい。

ドンコよりも評価が違うと感じるのはアイナメ、である。北海道で言う「アブラコ」というヤツである。

この魚、そろそろ関東でも釣れ始める魚で接岸するとこの魚専門で海に出る人も多い。
オレも毎年この魚が接岸すると投げ、落とし込み、ブラクリなんぞで狙いに行っていた。
そして、尺クラスなんぞが1匹釣れるとたいそう喜んだものだ。

このアイナメという魚はオレが東京湾で「投げ釣り」を始めた13年前〜コッチに来た3年前の間で「目だって釣れなくなった魚」だと思う。
かつては1回釣りに行くと尺クラスが1匹は釣れていたような気がする。そして大釣りこそしないものの3、4匹釣れることもあったと記憶している。
しかし、コッチに来る直前ともなると狙って釣りに行っても「ボウズ」ってこともままあり・・・そんな希少性も手伝って関東では人気魚の一つと言っても良い。

一方、北海道でのこのアイナメであるが、その数は目を見張るものがある。13年前の関東よりももっと多くいる。そして産卵期には関東同様「ワタリ」と呼ばれるノッコミ魚が接岸するが、どの港でも「居付き」の個体がかなり多く生息しており、厳寒期を除いてはほぼ1年中釣ることができる。

もともとオレはこの魚を釣るのが好きなので小樽・苫小牧を中心に投げ釣りで狙っていた。そして最近はこの魚の特徴である「障害物周り、根周りにつく」ということから主に「落とし込み」でアイナメを「狙って」いる。

未だに・・・「嬉しい」の対象は10pほどサイズアップしたが釣れると嬉しい魚なのである。特に細い落とし込み竿でアイナメの40pクラスをかけると関東のそれに較べてかなり体高のある魚が首を振りながらグイグイと竿を持ち込み時には岸壁に張り付かれたりもする。。。そう釣味は最高なのである。

そればかりではない・・・食味も良い。

しかし、どうやら北海道の方々がこのアイナメを好んで釣っている風ではないのである。
無論、ソフトルアーの方にはその引きが人気のよう・・・だが、「キャッチ&リリース」が主。
釣り会の方々の「大会」では対象魚となっているが・・・どうも大会の上位に行くための長さと重量をそろえるためのもの・・・のような気がする。気がするだけかもしれないが・・・実際のところどうなんだろう。

オレの印象でしかないのであるが、「北海道の人はアイナメを好んで食べない」と言う気がする。少なくともオレの周辺ではそう。。。なのである。

オレは関東にいるころから・・・まずコイツが釣れると「刺身」または「昆布〆」にして「生」で食している。
初夏のアイナメは意外と脂が乗っていて、淡白な中にも少し「魚らしさ」が出るので「焼き物」。
小さいものは「ムニエル風」や最近ヒロボーさんのブログで教えてもらったのであるが「味噌焼き」なんぞにすると旨い。
冬は鍋に入れてもいいし、大きなものは切って素揚げにしてあんかけなんぞにすると「つまみ」にも「おかず」にもなる。

・・・なのに・・・北海道では・・・あまり好んで食べられないようなのである。

確かに関東の個体に較べると「虫」が多いのは事実。かつてこのブログでも書いたような気がするが「港に車が落ちると真っ先に車の中に入る魚」として良からぬ噂が出る・・・。

しかし、「虫」は他の魚にもいるし、アイナメが人肉を食べているくらいならもっと他のものの方が好んで食べていると思う。

なぜ、好んで食べないんだろうな?
希少性、というのは人間の舌にも影響するのであろうか?

ま、食文化って言うものはその地、その地のものがあっていいし、何より北海道の人が好んで食べてしまったらジャンジャン釣られちゃって・・・オレの釣る分がいなくなっちゃうかもしれないものね。。。

「わかっているならイチャモンつけるな」と思われた方、「ブログ村」ボタン↓クリックお願いいたします。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ ヘチ釣りへ
にほんブログ村









ASPアクセス解析

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
そういえば、最近アブラコ釣ってないなぁ…ソ
門別のシノダイ岬では型はそんなに大きくないが時期になると数釣り出来るので、昔子ども達を連れてよく行きました
アブラコ同様クジメもよく釣れますが…ホ
良型のアブラコは、煮付けにして食べたら絶品ですよね〜I
釣りキチペーペー
2009/11/17 08:29
こんにちは。
私は落とし込みをやって初めて、自分で釣ったソイを食べました。おいしかったし、女房も喜んでいましたし。
しかし、アブラコは、スーパーに売っているのをたまに見て、「食べて見ようよ〜」と女房に言っても買おうとしません。自分で釣ったのもすべてリリースでした。今度、釣ったアブラコを食べてみます。では。
つりきち
2009/11/17 10:16
確かに北海道ではアブラコは食用魚としては
人気がありませんね。
どちらかと言えばこの魚は淡白な方なので、
脂が乗った魚が好きな北海道の人達の舌に
合わないのでしょうね。

だけどアブラコの丸々と太った大型サイズは
脂も乗って最高に美味しいです!
アラ汁しても出汁が出て美味しいんです。

釣り味もあの頭を振る独特の引きと、
ちょっと気を抜けば根に潜られて
うんともすんとも言わなくなるので、
釣り甲斐のある魚ですよね。
ヒロボー
2009/11/17 21:30
我が家ではバリバリ食べてますよ^^
3枚に開いて一夜干しすると魚嫌いの母も
大丈夫みたいです、煮つけと刺身も
たまりませんなあ、ちょっと一杯。
やみい
2009/11/17 23:28
まいどー
どうも、平物が好みの方が多いような気がしますね。

やはり、魚種も豊富だしね。

どうしても、やや外道と、見られるような気がしますね、本州では、かなりの高級な魚なのにね。

でも、煮付けたら、美味しいですよねー
ハゴトコ
2009/11/17 23:58
アブラコは私の家でも人気無いですね。
でも私が1番釣ってくる魚がアブラコなんで毎度違う魚が食べたいとか他の魚は釣れないのか等と言われてます。
煮付け、刺身は勿論、汁物、鍋、干物、中華風、洋風等などいろいろ工夫はしてますが評価は変わらないです。
まあ、年間100匹できかないだけ食べてるからなんですけどね。(半分以上ウサギだし……)
ドラム缶
2009/11/18 00:06
釣りキチぺーぺーさん、コメント遅くなり申し訳ありません。
我が家は煮付けそのものが人気がないのでアイナメも揚げたり、焼いたり・・・ってことになります。
私の中でもアイナメが普通に釣れる魚になってきており・・・釣れても少し感動が薄れていくのが怖いです。
神戸MPV
2009/11/23 09:56
つりきちさん、こんにちは。
ソイについては実家のオヤジに送ると大変喜ばれます。焼くとマダイに近い味と食感がいいそうです。
アイナメについても食感は違いますが焼き物にしても美味しい魚なのでご自分で釣ったら是非食べてみてくださいね。
神戸MPV
2009/11/23 09:58
ヒロボーさん、こんにちは。
一応アイナメは「釣ってよし、食べてよし」というのが関東での私の印象でした。
特に今時期のシーズン当初は横浜あたりで複数釣ると実家で「でかした」と言われ、自宅で「刺身にして」と言われ・・・ちょっとしたヒーロー気分だったのですが、最近我が家の家族は40cmオーバーを見ても「ふぅーん、大きいの取れたね。」ととってつけたようなコメントしか発しません(涙)。
神戸MPV
2009/11/23 10:02
やみいさん、コメント遅くなり、申し訳ございません。
うん、恐らく「干物」は旨いのでしょうね。よくわかりますが、魚干しカゴが未だに関東から持ってきたままになっておりまして・・・。
ちょっと引っ張り出してみますか・・・。
神戸MPV
2009/11/23 10:04
ハゴトコさん、コメント遅くなり申し訳ありません。
そうなんですよね、北海道は「白身の魚」が多いですから希少価値の少ないアイナメは食されにくいのかもしれませんね。
私は「平物」よりも捌きやすくていいと思うのですが・・・。
神戸MPV
2009/11/23 10:07
ドラム缶さん、コメント遅くなり、申し訳ありません。
確かにドラム缶さんほど毎回大漁だとご家族も閉口されるかもしれませんね。
よく噂で聞くのですが、ウサギウイナメはやはり美味しくないのでしょうか・・・?
神戸MPV
2009/11/23 10:10

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク集

なぜ北海道において「アイナメ」はあまり食べられないのか?本州では高級魚だぞ!この贅沢者めがぁ。 釣りと戯言とそして・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる