釣りと戯言とそして・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 入院雑記。虫垂炎の手術と聞いて誰しもがまず抱く疑問とは?羞恥心とは日常に消されるもの。要注意。

<<   作成日時 : 2009/09/04 06:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

こんにちは。

オレのブログをご覧になっている皆さんにご心配を頂いたが、どうやらヨメがこの週末にも退院してこれそうな感じなのである。オレの両親も「孫相手」ですっかり疲れてしまっている感じもあり。。。まぁ、退院してすぐに「現場復帰」とはならないであろうが、しばらく自宅でリハビリしておいてもらえば、来週半ばにはオレも含めて「家事のシェア」はそれぞれがいくらかずつでも減るかなぁなんて思っている。

そのあたりで安心したわけではないのであろうが、オレの体調が今ひとつ・・・。昨日の朝から寒気がし、市販の風邪薬を飲むとまずまず調子は回復するのであるが、それが切れるようなタイミングになると喉の痛みと微熱が出る。風邪薬で症状が抑えられるので「インフルエンザ」ではないのであろうが、どこかのタイミングを見て本日内科に行ってこようと思う。「二順目突入」っていうのはゴメンだからな。

さて、一ヶ月前にまずオレが「虫垂炎」で手術、入院したのであるが、実家の近く横浜で入院していたにも拘らず、札幌の上司や夏休みの関係で東京方面に出てきていた同僚が「お見舞い」に来てくれた。有難い話だ。

ただ、このときに必ず、まず言われた質問項目があるのである。

「あそこの毛をナースに剃ってもらったの?」

確かに若いとき、「もし、虫垂炎で入院したらナースに●●●を見られ、陰毛をそられるらしい。」という話を聞き、多感なオレは「絶対に薬で散らす」などと考えていた。

この羞恥心に基づく馬鹿馬鹿しい話って意外と誰でも抱いていたのだな。オレの病状を案ずるよりまずやってきた「質問」なのである。

オレは「おそらく若干剃られた模様。トイレに行くと“頭”に毛がついてたから。」と答えたが、術後2日か3日で切ってもらったとこが痛くて陰毛を剃られたかどうかの確認なんぞできやしない。ただ、若かりしころ抱いていた「羞恥心」はどこかにあってその“頭につく毛”を見て・・・「あーやっぱり剃ったのかなぁ」くらいには思っていたのである。

これでこの手の質問が終了すればそれでいい。次にやってくるのが更に不謹慎なものであった。

「・・・で、剃ってもらってどうだった?中には勃ってしまう人もいるって言うけど・・・」

もうこうなると「術後を案じて見舞いに来た」のか「プレイの感想を聞きにきた」のかわからないのである。

まぁ、オレとしても大変残念かつ心配であるのは・・・おそらく剃毛したのは手術室に入ってからで麻酔を打ってもらった後・・・なのだと思う。・・・ということですっかり記憶にないのである。
麻酔というのは眠っている状態なのであろうが、そこで愚息がどーなっちゃったのであろうかはわかりかねる。月にほんの数えるほど、しかも朝起きた瞬間から小用を足すまでというほんの短い時間ではあるが「元気」なことがあることからしても睡眠している時間に「部分的活性化」は起きていることもあるわけであるからして・・・麻酔で寝ているときに「そーいうことになっちゃっている」という可能性も無きにしも非ずではあるが、何せ確認のしようもないし、ナースに聞くわけにもいかない。
ただ、意識がある状態ではやはり虫垂が痛いのであるからして「痛みに勝る快感」は剃毛くらいでは、この歳になると起こりえないのではないか・・・と推察される。まことしやかに「中には勃って・・・」などというのはあったとしても血気盛ん?な若者のみに起こりうる現象なんだと思う。

手術、入院してよくわかったのであるが、ナースに愚息の(少なくとも)近辺を見られるという行為が全く普通なことになっていくのである。何せ、その近辺には体内の膿を排出する管が2本下がっており、また当初はトイレにも行けないからして尿道に直接管が入っているからしてナースがメンテナンスをしてくれる度にその付近を触られたり見られたりするのである。

日頃、ド変態を自称しているオレからしてもわざわざ「愚息をさらす」などという行為は、陰毛群と言う深い森の中にひっそりと埋まる奥ゆかしき宝のような現実を目の当たりにすれば決して「勧んで」するような行為ではなく、寧ろ「お恥ずかしい」ということになるのであるからして「絶対にしたくない」行為なのであるが、これが入院中「日常」となると不思議なことに「ヘーキ」なこととなっていくというのが非常に恐ろしいことなのである。

「愚息を見せる」ということはその究極であるかもしれないのであるが、人間「恥ずかしい」ことをするようになり常態化するようになっていくと「ヘーキ」になっていくことがあることを今回の入院で学んだのであった。

気をつけなければならない。。。。。。

「あんたの場合、すでに手遅れだろ」と思われた方、「ブログ村」ボタン↓クリックお願いいたします。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
ランキング参加中です。1日1回クリックして頂けると私のランキングがUP↑します。


ASPアクセス解析

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ア○○検査・・・
そう、性病すると当たり前に指を突っ込まれるからねー、
まぁ、慣れっこですが。
ハゴトコ
2009/09/04 21:47
ハゴトコさん、こんにちは。
確かに「ソッチ」の方もかなり恥ずかしいような気がしますね。ノロウイルスなんぞもそういうことになるみたいですね。意識あるだけに一層恥ずかしいかもしれません。
「慣れっこ」というのはまずいっしょ(笑)。
神戸MPV
2009/09/05 06:56

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク集

入院雑記。虫垂炎の手術と聞いて誰しもがまず抱く疑問とは?羞恥心とは日常に消されるもの。要注意。 釣りと戯言とそして・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる