釣りと戯言とそして・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS ブログ村、新たなカテゴリーへの参加。“ヘチ釣り”。実はもうコッチが多かったりして。どうぞよろしく。

<<   作成日時 : 2009/09/13 18:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

こんにちは。

昨年7月にブログというものを始めた。
それまで、関東でも北海道でも「他人のサイト」や「他人のブログ」、特に“投げ釣り”というカテゴリーのものに書き込みをしていたのだが、どうもオレは運も躾も頭も悪いらしく、サイトそのものがなくなっちまったり、サイトから追い出されたりしてブログを始めたのであった。

単にブログを始めるってだけでは面白くないので、やはりこれまでの傾向として「投げ釣り」ってカテゴリーの書き込みが多くなるとの予想から「ブログ村」ランキングの「投げ釣り」というカテゴリーに登録をしてみた。そして、つい最近までこれだけにカテゴリーを集中していたのだが、どうもオレの書き込む内容は「投げ釣り」ではないってことで「40代サラリーマン」っていうのと「札幌情報」っていうカテゴリーに入ってみた。

これだけアホなことばかり書いていると果たしてオレのカテゴリーというのはどこにあるのか・・・ってことなんだけど、「投げ釣り」っていうのはすでにブログ村の周りの人たちとも「ネット上の交流」さらにはほんの一部「リアルな交流」というものができあがっているので・・・「さいなら」とするつもりはない。そしてその周りの人々も「投げ釣り」のことばかりを書いているわけでもないので「ま、いいか」って感じなのである。

「40代サラリーマン」という項目はややあたっているような気がする。オレのブログの3割程度は「しがないサラリーマンの愚痴」であり、まぁ、同世代の方に共感してもらえなくとも「チッとオレの愚痴聞いてくれや」というものであるとすれば、“新着”にオレのブログテーマが載ることも「許容される」のではないか、と思っている。

もう一つ今春新たにカテゴリーに入ったのは「札幌情報」ってものであった。これは最近ガキどもが大きくなって「アッチ連れてけ、コッチ連れてけ」というので特に日曜日は「釣り以外の外出」も増えたためこのカテゴリーに入ってみたわけなのである。
これは・・・「ブログテーマ」を増やすことにあった。要は「単なる遠足日記」をいかにもテーマ持って書いているかのようにしたいというブログテーマに対する単なる自らの“マスターベーション的な言い訳”に過ぎない。

そもそも札幌に来て2年半というヤツが「札幌情報」なんて書いても「月並み」な場所しか書けない。これが日々すすきのの各店舗や“宅配”の「令嬢の感想」でも書ければさぞかし皆さんの「ため」になる可能性が高いのであろうが、「公序良俗にこれ以上反するのはどうか」などという良心とは別に「財布の中身に余裕がまるでない」という理由によりなしえないことであるため、「そんじょそこらの情報」とかしか書けないのである。

唯一、観光客が「札幌ってどんなところ?」的なことで見てくれても、オレの別のページを見た瞬間に「コイツにわかに信じがたい」ということになってしまうだろう。

・・・ってことで「やめた」。札幌情報というカテゴリーはやめた。これからもガキどもとの「絵日記」は書くとは思うがそれはそれでいい。

で・・・新たなカテゴリーに入ってみた。
それは「ヘチ釣り」である。

思えばブログタイトルの写真はそもそも「落とし込み」で釣ったもの。
そして現在は確実に「投げ釣り」よりも「落とし込み」のことについて書くことが多くなってしまったのであった。
特に夏場はここ北海道でも野外活動が自由にできるためにどうしても「落とし込み」をやってしまう。

何せ、オレの釣りは「釣果第一主義」。そして「落とし込み文化」のない北海道においては掘られていないヘチばかりであり、かつ関東のように「立入禁止」区域も少ないことから、まぁ、天国のようなものなのである。おそらく子供でも釣果を得るチャンスはいつでもある。

しかも「比較のしようがない」。他にやっている人がいないわけだから・・・比較のしようがないのである。そう、「お山の大将」的なことが書けるというのは自らの自己顕示欲を満たすには十分な条件なのである。
ただ、先日オレのブログに遊びにきてくれる「つりきちさん」の落とし込みで釣られる姿を見て、やや危機感?を覚えたのは・・・「すでにオレよりサマになってるよ」ということであり、オレのコメンターであるうちは良いとしてももし「つりきちさん」がブログを始めてしまったりすると「早くも」オレの立場がなくなるってことになるような気がしたのであった。

「お山の大将」も良いのであるが、やはりオレとてチッとは上手くなりたい。何かを見て釣りが上手くなるということはたぶんあまりなく、実戦で培っていくものであろうし、もし「釣りの上手い下手」が備わっているとすればそれは「センス」の問題ということというのがオレの持論でもあるのだが、「センスなき」オレとて先輩方の一言で「釣りが変わった」と思えた瞬間があるのである。

このカテゴリーへの参加は是非、先達の「教え」を乞おうというものなのである。
「ヘチ釣りブログ村」に参加されている方は8名。この方々は勿論のこと、是非見てくださっている方々にもアドバイスを頂戴したいと思っている。
本年5月以降のものはウエブリブログのテーマ別「落とし込み釣り」に集約してあるので是非ツッコミを入れてくだされば幸甚なのである。↓「テーマ集約はコチラ」
http://94432163.at.webry.info/theme/69a467138e.html

本日からの参加、皆さんどうぞ宜しくお願いいたします。

「もう投げ釣りはしないの?」と思われた方、「ブログ村」ボタン↓クリックお願いいたします。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ ヘチ釣りへ
にほんブログ村



ASPアクセス解析

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。3日ほど更新がなかったので、「すわっ、一大事か」と思いましたが、忙しかっただけと聞いて安心しました。さて、

>ただ、先日オレのブログに遊びにきてくれる「つりきちさん」の落とし込みで釣られる姿を見て、やや危機感?を覚えたのは・・・「すでにオレよりサマになってるよ」ということであり、

腕が伴わないのに、形から入る悪いくせ(?)があります。格好は黒鯛師のそれをマネました。竿とリールは神戸さんのそれをマネました。何せ、北海道では売っていないので、それが一番だと思いました。ただ、ストリンガーだけはまだ使ったことがありません。釣った魚はストリンガーにかけて水中を引いて歩くのでしょうか。

>オレのコメンターであるうちは良いとしてももし「つりきちさん」がブログを始めてしまったりすると「早くも」オレの立場がなくなるってことになるような気がしたのであった。

これは絶対ありません、おそらく。

落し込みに懸けるため、持っていた"比較的高価"な投げ竿とへら竿とスピニングリールをヤフオクで処分し、同じくヤフオクでへち竿と落し込みリールを入手しました。落し込みは手軽でいい。北海道では競合者もいないし、ぼうずもほとんどない(大物狙いなので、実質的にはほとんどぼうずですが)。今後は、早春のクロガシラ(南防波堤)が楽しみです。ところで、今年の敗因はなんでしょう。昨年は釣れたのですから、落し込みが駄目な理由はないと思うのですが。。。

では。
つりきち
2009/09/13 21:43
神戸さん

こんばんわ。そうですよ〜。落し込みの名手なんですから、そのカテがエエですね。今年の惨敗と書かれてますが、私に比べれば爆釣ですわ〜。
浦安鱚鰈調査隊
2009/09/13 21:57
つりきちさん、いつも有難うございます。
先週は本当に忙しくて・・・今週も同じような感じでして・・・身体が持つか正直心配です。

つりきちさんのお姿は本当に「決まって」いて本当に今年「落とし込み」を始めた方なのか、と思ってしまいましたよ。
私も良い思いをしているポイントをいろいろな角度から攻めていらっしゃるお姿は「必ずいるはずだから魚引き出してやろう」という思いが遠目にも伝わりました。

ストリンガーはあまりおすすめしません。クロダイやアイナメやシーバスはまだしも、カレイはこれまで何度となく脱落しておりますので・・・。口吻が強い魚だけに限られるかもしれません。私は金属製のものを主に使っていますがむしろプラスチック製のものの方が安全かもしれませんね。

小樽2号地は大物狙いも面白いのですが(意外と大物の可能性を秘めています)、あのワンドの真ん中より先端方向や反対側の一号地との向かいはガヤも多くて「タナ」で釣る「落とし込み」の趣が楽しめると思います。

ノッコミ期のクロガシラを釣る釣り方として落とし込みはとても良い釣り方であると信じているのですが、今年はダメでした。今年は昨年に比べ群れの寄りがまばらで魚の機嫌?が悪かったこともあるのでしょうが、もう少しボトムでのポーズを長くすべきだったかと今さらながら思います。
神戸MPV
2009/09/15 06:53
浦安鱚鰈調査隊さん、こんにちは。
決して名手ではありません(笑)。
・・・ですが、もともと「のべ竿」で長く釣りをしていましたのでシンプルな釣方は私に合っているような気がいたします。
釣れているように見えるのは・・・やはり北海道のキャパシティが大きいからでしょう。
神戸MPV
2009/09/15 06:55

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク集

ブログ村、新たなカテゴリーへの参加。“ヘチ釣り”。実はもうコッチが多かったりして。どうぞよろしく。 釣りと戯言とそして・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる